a0158797_22355380.jpg

ある方の名刺を探してたが、なかなか見つからなかった。プライベートタイムで知り合った方の名刺だったのだが、実は函館に戻って来てかの7年間、ごあいさつでいただいた名刺の数がかなり多く、数えてはいないが軽く700枚は超える数の名刺をいただいていると思う。その数は仕事上でいただいた数を上回るのではないかと思えるほどだ。それを分散して保管していたため、見つけるのが困難であったためだ。

概要を簡単に言うと以上のような文章になるのですが、いくらいただいた数が多いと言っても、要はきちんと整理していない私が悪かったのでした。人様からいただく名刺は、中には自腹ではないものもあるでしょうが、ちょっと頑張って自費で質の高い名刺を作られた方もいらっしゃるでしょう。もちろんかたけお金の額が問題なのではなく、その名刺で自分の活動なり仕事なりをアピールしたいという思いが詰まっていれば、それは大切な名刺にであります。

そのような名刺をまとめて整理せずに分散させていたということは、私自身が人を雑に対していたことになるのではないか、そんなことを考えてしまいました。ここ2年間くらい、まるで30代以前のような動きであちこち駆けずり回っていたのですが、そろそろ、身近なものを一度きちんと整理してその一つ一つを大事にしていかなければならいと思わされた次第です。それは、名刺という紙切れではなく、その中に印字されている人のことを丁寧に扱うということになるからだと思いました。

実際、ここ2年間、体の状態も大きく変わり、昔ほど無理がきかなくなっているのも事実で、日常的に薬を飲まなければならないという制限を受ける生活をしていながら、逆にあちこちに旅をしたり、体に負荷をかけていました。それでも走ろうとしていたのですが、そろそろゆっくり歩き、自分の周辺にあるとても大切なものを、ひとつひとつ大切に取り扱わなければならないだろう、という気持ちになった参りました。

つまり、自分の体と同時に自分と関わっている(いた)人を大切にとでもいうのでしょうか、少し落ち着いてたとえば写真づくりひとつにしても丁寧に丁寧にやって行かねば、モデルさんもっと大切にしなければ、そんな感じです、はい。
これは誰にでもきっとあるものでしょう。今私はそんな時期に入っているのかもしれません。

さあ、足元を見よう。私と知り合っていただいた方、ありがとうございました。





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22090142.jpg

昨日、平成28年の基準地価が発表された。函館は一部地点が横ばいで大半は下落という結果が出た。私はそれでいいと思っている。いや、もっと下がるべきだと思っているのです。
これは最近考えたことではなく、ずっと前から頭の中にあったのですが、確信できるとは言い切れなかった部分があるところもあったし、このことについてお話しすることに若干躊躇しなければならない理由もあったのですが、もう話してしまおうという気になって今回述べることにしました。

有名な話ですが、函館の地価は高い、それも北海道の地方都市としては「異常に高い」という状態です。それに伴って家賃も高い。札幌に匹敵するほどの高さだ。これがどんなことを意味するのか、たぶん函館だけしか住んだことのない人にはわからないかと思いますが、街全体へ多大なる影響を与えることとなるのです。

よく地価が下がれば所有者の財産価値も下がるので好ましくはない、という話を聞くのですが、これは土地所有者だけしか見ていない論理です。これから土地を購入する立場で見ると、地価が高いと土地と同時に購入(建築)する総費用が当然の如く高額になります。たとえそれが高額になっても、住宅ローンを支払うに充分な収入が高ければ問題ないのですが、残念なことに函館市民の平均収入はそれほどではないのです。
北海道内の他都市の一部をご紹介しますと、旭川・苫小牧双方とも市民の平均収入は高いのですが、一般住宅地の地価は函館よりも数段低いのです。坪当たりの金額にして5万円は違っています。つまり、函館市民は他都市より高い住宅ローンを組み、当然月々支払いをしながら暮らしているわけなのですが、例えば購入した土地が60坪として(建築費用は変わらないという前提)で坪当たり5万円違うと、総必要資金<で300万円違ってきます。これは金利1%35年何支払の内の当初5年間だけでも月々の支払いが8,468も異なって来ます。
この差は、3年固定・5年固定等が期間が終了すると、それ以上に確実に増額するのです。つまり、函館市民は少ない報酬に対しての住宅ローンの支払い割合が高くなってしまうということです。そうすれば一般市民は支払いを済ませたお金を余裕を持って使えなくなります。だから、安くて量があるというものに飛びついてしまいます。しかし、そのようなものを販売しているところは薄利多売がモットーですので、従業員の賃金を高くすることができない。そんな悪循環に陥ってしまっているのです。

街全体の「金の回り方」を考えると決していいことではありません。いつまでも貧しい収入の中で暮らさなければならないわけです
土地という個人財産のもののために一般市民氏の生活の水準が低くなってしまうのは本末転倒のような現象です。ですからね土地はどんどん下がるべきなのです。





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_11282765.jpg

2週間ぶりに写真撮りました。
内容は、タイトルそのままです。

a0158797_11303892.jpg

a0158797_11310835.jpg

a0158797_11314714.jpg

a0158797_11321824.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村