バル街とバル外

a0158797_01948.jpg
末広町CASA FLORにて(2階)

9月12日は秋のバル街だった。その全体的な模様はハコダテ150プラスに記事を掲載したが、ここではより私的な部分のできごとと、6軒目に行ったCASA FLORの模様を伝える。
a0158797_011295.jpg
この写真は、ル・コントワール内で撮影したものだが、実はこの撮影をめぐってある来店客と口論となった。肖像権の問題だ。私は持論を展開し彼と言い争っていたのだが、それを収束しようとある人が「まぁ、こっちに来て飲んでください」と席に呼び寄せた。

その方は、何とこの写真に写っている男性の奥さんだった。そして、「熱く語って素晴しい」と、なんだか気に入られたようだった。ちょっと変な気分であったが、確かに素敵な演奏を壊してしまうような論争は不粋である。その方の言われるがまま席に座って彼女と話をし始めた。
彼女の名は鶴田 昌子さんと言って、札幌の画家であった。そして演奏を終えてやって来た夫は同じく札幌のジャズピアニストの後藤 吉信さんであった。夫婦でありながら苗字が異なるのだが、二人が夫婦と言って寄り添っているのならこちらがとやかく言う理由はない。

後藤さんはすすきので約50年間ジャズピアノを弾いてきたそうだ。今年で78歳になったという。気負いのない滑らかな演奏だった。お二人は北海道知事公邸近くで「菩提樹」というお店を経営している。壁には鶴田さんの絵が飾られ時々後藤さんがピアノを弾く。
また、ミュージシャンのミニコンサートも行われ、つまり、アーティストが集まる店であるわけだ。

主に私は鶴田さんと話をした。後藤さんは同じ会社の連れの女性と話していた。音楽の話となり、「どうして日本人はショパンを好きなのか、西洋人にはよくわからないらしい。あんな暗い曲調は好みが2分するらしい」と私に話した。私はすかさず「日本の昔からの童謡などの音階と似ているから」と答えた。彼女はにっこり笑い、「その通り」と言った。
話は札幌や函館、バル、文化の情報発信と多岐に亘って行われたが、けっこう互いに共鳴することが多かった。もしかすると、ただ単に彼女の包容力に私が吸収されただけだったのかもしれない。ともかく、楽しい時間を過ごさせてもらった。

a0158797_0482125.jpg
さて、バル街の5軒目の後、我々5名はバル外として末広町のCASA FLORへ行った。ここはツイッターでフォローしあっている某氏が設計した店舗だ。照明と空間の取り合わせが素晴しくマッチしている。我々は2階に上がり、程好い暗さの中で色々と話した。
この店のママは大阪からやって来たという。きっと彼女と話すと面白そうな話を聞けそうだったが、それは今度一人で行った時にしよう。
a0158797_0591372.jpg
帰り際、ママから名刺をいただいた。エコツアープランナーでもあるようだ。この日もまた素敵な人たちと知り合うことができた。自ら何かを求めて歩くと何かに偶然出会う。それがこの街のやめられないところだ。
by jhm-in-hakodate | 2010-09-14 01:04 | 函館で出会ったもの | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://jhm1998.exblog.jp/tb/11277270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひさこ at 2016-06-24 01:29 x
いきなりのコメントすみませんm(_ _)m
ピアノを弾いている父の姿を見て、まさかここで会えるとは思わず、ありがたい気持ちになりました。ただただ 胸があつくなりました。
ありがとうございます。
Commented by jhm-in-hakodate at 2016-06-25 00:52
いえ、こちらこそ、私の妹夫婦が今菩提樹でお世話になってるようです。
結果的にお亡くなりになる3年前の写真ということになりました。写真にはそういう力があるということを信じて撮っています。
Commented by ひさこ at 2016-06-25 15:05 x
菩提樹はそのまま残っているんですね ありがたいことです。昌子さんも父と一緒に喜んでいることでしょう。
すすきのからスタートした菩提樹の「樹」は、実は私の若くして亡くなった兄の名前からつけたもので、色んな変化をしながらも存続しているのが 何より嬉しいです☺
すべてのことに感謝です。

突然のコメント、失礼しました
また、聞いてくださりありがとうごさぃました
Commented by at 2016-08-22 19:03 x
ひさこさま はじめまして。残念ながら菩提樹さんは、昌子さんが1月に亡くなられてから、お店はずっとそのままでしたが、現在料理研究家星澤幸子さんの家庭料理のお店「ほしざわや」さんになりました。先日オープンしたばかりです
昌子さんの絵画やお店のグランドピアノなどどうなったのか私も気になるところです。