オヤジらしからぬ1日

a0158797_072837.jpg
道立函館美術館で開催されている「道南美術の21世紀 <いま>と<これから>」会場の模様。

本日は休日であったが、いつものことではあるが、ハードだった。
昨日というより今朝まである原稿執筆を行い、就寝したのは5時頃であった。この原稿、取材した時から纏めづらいなと感じていたが、いざ執筆となった時もやはり苦労した。他の人が書いたら何でもないのかもしれないが、たった1600字くらいの文章に多くの時間を費やしてしまった。この辺がブログと大きく違うところだ。ブログであれば1600字くらいあっという間に書けてしまうのだが・・・・。

さて、朝に寝たため起きたのは昼近くなった。というより、11時くらいに携帯電話が鳴り起こされたのが実際だ。その後、しばらくボーとして、コーヒーを飲みながら、世間の朝からの動向をPCで眺めていた。そのついでにディスクトップのフォルダにたんまりと保存されている写真をCDへ移す作業をした。ボーとしている時は、単純作業がいい。
その整理の際に、まだ未投稿だった写真を確かめ、一部をブログにアップした。過去に本ブログにてご紹介したお店の写真だ。このところ、暗めの写真が多かったので、少しきれいさを意識した。

そんなことをしているうちに、いよいよ外に出かけなければならない時間となり、外出準備を急ぐ。故障していた自家用車の修理が終わったため、自動車会社へ向わなければならなかった。代車のルノーとのお別れの時だ。
だが、直った自家用車を運転すると、やはりこちらの方が慣れているせいか乗りやすい。軽やかに運転することができる。まぁ、それも負け惜しみの一種か。

その足で、道立函館美術館へ向った。先月の17日から開催されている「道南美術の21世紀・・・」を観るためだ。だが、どうせ観るなら取材もという職業病的な義務感で、事前に美術館職員へ電話で写真撮影の許可を得ておいた。
美術館に着くと、腕章を渡され装着する。まぁ、こちらの方が写真を撮りやすい。他の方が撮影OKという誤認をしてもらわなくても済む。

結局美術館には2時間滞在して撮影した。作品鑑賞はほとんどがファインダー越しとなった。このファインダー越しの作品鑑賞、なかなか面白いものがある。普通に肉眼で観るのとは違った鑑賞ができるのだ。
ファインダーを覗くと、そこには私と作品しかなくなる。普通であれば、視野のどこかに隣の作品が映り、1対1の関係にはなりづらい。ところが、ファインダーの中では、その作品だけを完全にみる事ができるため、作品との「サシ」の会話をすることができるのだ。
「どこを撮ってほしいんだ?色の明るさはどうなの?本当はもう少し暗く渋い顔をしたいのだろ?」などと、勝手な妄想の世界に入り込むことができる。そして、相手との思惑が一致してシャッターを押した時、その作品がまるで自分のものになったかのような錯覚を覚える。
「そうそう、その表情が君には一番似合うんだ」そんな感覚になる。

だが、相手も気難しい。同じ作家の隣の作品でも、ちょっと表情が違っていたり、照らされている光の具合が異なっていると、新たにカメラの調整をしなければならなくなる。作品はきっとこう言いたいのだろう。「バカ、隣と自分は違うんだよ。しっかり観れよ」と。
そんな感じで撮影していたものだから、撮影する時の姿勢も、時には跪いたり、時にはしゃがんだり、時には最接近したりと、その作品の最もいい「顔」を見出すのに色々なポーズととることとなった。監視中の学芸員さんはきっと変なオヤジと思っただろう。変態と思ったかも知れない。
写真は全部で264枚撮影した。これを近日中に取捨選択と調整を加えて、ハコダテ150+と本ブログ、ハコトリのブログで公開することにする。その前の写真編集が大変だ(笑)

美術館から帰宅すると、今度は妻と買物に出掛ける。早い話が昔の言葉で言う家庭内「アッシー」である。それが終わるとやっと夕食だ。調理も手伝う。食事が終われば、もう9時を過ぎる。そこで本日予定していた、十字街・銀座通りのイタリアンピッツァ・パスタ店「ピッツェリア グラーノ エ アックア」の原稿を「函館食遊帳」に書く。書きながら妻から何度も呼び出しをくらい、中断する。当然時間がかかる。
その記事は⇒こちら
a0158797_1173742.jpg
グラーノ エ アックアのエントランスホール。

そんなこんなで、このブログを書くのもこの時間となった。だが、まだ本日の予定は残っている。今日はどこまで起きていれて、予定を消化できるだろうか?オヤジの休日はけっこう忙しい。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です  
by jhm-in-hakodate | 2012-01-20 01:20 | その他雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jhm1998.exblog.jp/tb/14467050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。