西部地区に住む理由

a0158797_4221759.jpg


私が西部地区に住んでいるのには理由があります。
もちろん、1歳の時に親が引っ越してきてからずっとここで育った函館の故郷であることも大きな理由のひとつです。ですが、それだけではありません。

高校卒業後、ずっと函館を離れていて、帰省するたびに昔と変わらず存在する街並である反面、その部分部分が崩れて来ている喪失感を幾度も味わいました。

札幌のような歴史の浅い大都市に住んでいると、目まぐるしく過去の街を壊し、新しく生まれ変わることに慣れ、全く変わらない西部地区を時代から取り残された廃れた街と思っていた時もありました。特に若い頃のことです。

ところが、歳を重ねるつれ、函館の魅力に気付き始めました。それは、やはりこの地域があることでした。それが最大の魅力でした。他の街にはなく、函館だけにあるもの。それは、開港して北海道第一の都市として栄えた歴史と、それを作った人々の息遣いを感じる街であること。日本の歴史においても重要な場面や背景を持った街であること。

その街が次第に壊されて行くことが残念でたまりませんでした。
色々な事があり、函館に戻ろうと決心した時、西部地区に住むことに全く躊躇はありませんでした。就職先がどこになるか、その通勤を考えてどこに住んだらいいか、などとは全然考えませんでした。どこが勤務場所になろうが、私は西部地区に住むことに心を決めました。どんなに遠い所に通勤しようが、ここに住むと決めました。

何度もしつこいくらい話していますが、街並は人が住んでこそ守られていくものです。どんなに人が西部地区はいいと言っても、誰かがそこに住み続けないと町は廃れて行きます。一部の西部地区の住民は、多額の私財を使って歴史ある建物を維持しています。そのおかげで、まだかろうじて街並が保たれているわけです。

私にはそんなお金はありませんが、せめて住んで街の「息遣い」の一部になればいいと思っています。「息遣い」がなければ、本当に街は死にます。

日本でも、世界でも、歴史と共存しながら変わり行く時代と融合している街や国は廃れていません。西部地区が廃れたのは、共存しようとしなかったからであるでしょう。

はっきり言って、西部地区は不便です。今でも妻はその不便さに文句を言います。でも、私は引っ越すつもりは毛頭ありません。西部地区内では引っ越すこともあるかもしれませんが、もし、私が西部地区を出る時は、函館を出る時です。

不便だから人がいなくなるのではありません。人がいなくなるから不便になるのです。もし、便利さだけを求めるなら、迷わず札幌に引っ越します。妹の近くに住み、老後を近親者とともに楽しむことも悪くはありません。病院だって札幌の方が色々選択できるでしょう。その札幌だって、最初から便利な街だったでしょうか。便利になるように作られた街だから、今の札幌があるのです。
それ以前は、ただ広いだけの街だったでしょう。

例えば、農業に携わらずに、または、農家との話をせずに農業政策を語ったり、函館市に住んでいないにも拘らず、市職員として市政にかかわったりするようなことと、同じようなことはしたくないのです。ただそれだけです。

人が本当に便利さだけを求めるのであれば、地方都市が存在する理由はなくなるでしょう。ですが、過疎と言われながらも、いまだに存在している街には、その理由と役割があります。また、その中には、住民が自分たちが持っている役割と魅力を伸ばそうとしているところもあります。

さて、函館市民にとって、函館の存在理由と役割は何なんでしょうか?


つもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です  
by jhm-in-hakodate | 2012-02-09 05:23 | 函館の歴史 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://jhm1998.exblog.jp/tb/14629864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayrton_7 at 2012-02-09 17:38
既に家や土地を買って住んでしまった人に、函館の空き家、空き地を買って住みなさいというのは難しいです。
函館の外に居る人を、そこに誘導する方が良いでしょう。
Commented by 能天気 at 2012-02-10 13:56 x
私も、かつて「函館の外に居る人」でした。私の場合は、誘導されて西部地区に住んだ訳ではなく、歴史的ロマンを求めて住まいを求めました。しかし、生活とロマンはフィットせず、二年で引っ越しました。西部地区・大門地区では、生活に必要なものが、容易に入手しづらい事が、私には、問題でした。個々夫々プライオーリティーは違うでしょう。
 「外の人を、誘導する」と言う考え方は、函館人気質的ですが、「外の人」からは、やはり違和感を感じます。「外の人」が函館人と融和しづらい要素の一つかも知れませんね・・・。
Commented by ayrton_7 at 2012-02-11 18:52
脳天気様
僕は、もともと外の人でした。
確かに地元の方は、外から来た人を、いつまでも外の人として扱っているように思います。
これまで、住んできたところではこのような感覚はありませんでした。
上で、そとから人を呼んでは?と書いたのは、もちろん現実を納得ずくで呼ぶのです。
残念ながら、今の状態では来てもらえないことは確かです。
だから、住んで心地よいなぁと思うような街にしないと駄目でしょう、と言いたかったのです。
歴史とロマンなんて言いますが、実は函館よりも歴史があるところは沢山なんですよね。
Commented by 能天気 at 2012-02-12 11:07 x
   ayrton_7様

 この事でこれ以上の議論は不毛だと思いますが、論理矛盾だと思います。私自身に、読み取る能力・洞察する能力が不足している事もあるとは思います。悪しからず・・・。
Commented by レイバン メガネ at 2013-07-28 06:46 x
こんにちは、またブログ覗かせていただきました。また、遊びに来ま~す。よろしくお願いします