函館は狭い、または縁?

a0158797_83671.jpg
銀座通り、ル・コントワール。

昨日、ちょっとした用があり、十字街銀座通りのル・コントワールに仕事帰りに立ち寄った。車だったため、酒は飲まず、ノンアルコールビールとピザをいただきながら、友人のAさんとママの3人で色々な話をしていた。店からすると儲からないとんでもない客である。

酒を飲まずにこの店で過ごすのは2回目で、その1回目に撮った写真が本日掲載の写真である。

a0158797_9274411.jpg


色々と話をしているうちに、画家のO氏がやって来た。O氏はさすが知的な雰囲気を存分に醸し出しており、穏やかだが説得力のある内容の話を色々してくれた。
そんな話の輪が広がっているうちに、今度はレストラン経営をしているF氏が来店した。O氏もそうだが、F氏とまともに話すのも初めてで、彼らの話を興味深く聞いた。

その話の中で出て来たのが、以前本ブログでもご紹介した、私の従兄弟の息子のワイン話だった。レストラン経営者であるF氏は、地元で製造される本格的ワインに関心を持ち、また、彼の夢を理解して彼に投資をしていただたそうだ。

たいへんありがたい。息子の夢に必死になって手伝いをしている親である私の従兄弟のことを思っても嬉しい話だ。

a0158797_95492.jpg


話が変わり、ハコダテトリエンナーレの話題になった時、会場のひとつである弥生町長屋の一室が、現在イタリアワインに関する著書を3冊出版している女性が生まれ育った場所だったそうだ。そして、この女性とF氏も親戚関係にあるという。

本当に函館は狭いですね。それともこれも縁なのか。
いずれにしても、こういう縁は大切にしたいものです。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です  
by jhm-in-hakodate | 2012-09-05 09:14 | 函館で出会ったもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jhm1998.exblog.jp/tb/16109217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。