散歩の終わり/想苑

a0158797_12984.jpg

高校時代、休日の散歩コースがあった。
弁天町から坂を上り、今の「港が丘通り」を通ってロープウェイ駅の前を過ぎ、護国神社の境内を渡り函館公園にあった図書館へ行くというコースだった。

a0158797_1153453.jpg

今になって思うと、見事に観光散歩コースと一致する(函館公園は除いて)
当時は元町公園もなかったし、公会堂の庭は市民のための小さな公園として使われていた。

a0158797_1182177.jpg

図書館を出ると、定番となっていた「想苑」でジャズを聴いた。
私がいつも座ったのは、音楽に集中できる「ダークスペース」だった。

a0158797_120486.jpg

店内には、髪や髭を伸ばした、私よりも年上の男がよくいた。正面のスピーカーから流れるジャズは、ちょっと難しい小説を読むのには適したBGMだった。

a0158797_1265895.jpg

今私は「ダークスペース」には座らない。窓から函館公園が見える「ブライトスペース」を利用する。
この場所で聴くジャズは、自分の「時間」のBGMとなる。

a0158797_1312630.jpg

だが、想苑も経営者が変わり店内も変わった。そして何よりも自分が変わった。もうあの頃のようには純粋にジャズに没頭できないのかもしれない。そんなことを窓の外を見ながら思う。

a0158797_1355645.jpg

色々なことは仕方ないのだ。私たちは時の流れに身を委ねなければならない。
でも、今の高校生がジャズ喫茶で見かけないのは、少し寂しいし危うくも思う。

a0158797_139910.jpg

なぜなら、ジャズは色々なことを想像させてくれるからだ。
函館公園という背景で聴くジャズ。その感覚を知らなければ、函館の「文化」を知らないと同じような気がする。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ


*コメントを承認制に切り替えました。基本的にはどのような批判的なコメントも掲載させていただきますが、以下のコメントの場合は、掲載いたしませんので、どうかご了承ください。
①筆者以外の第三者を特定した誹謗・中傷のコメント。または、過度の表現を用いたコメント。
②投稿者名はハンドルネームでけっこうですが、一人でいくつかのハンドルネームを使用した場合。(ただし、いつもコメントをいただく方で、ご本人からハンドルネームを変更した旨を告知された方はその限りではありません)

by jhm-in-hakodate | 2012-12-27 01:43 | 函館の街並・建物 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://jhm1998.exblog.jp/tb/17050744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 同級生のロック仲間 at 2012-12-31 20:24 x
昨年うん十年ぶりに 装苑 JBハウス行きました・・・ 五稜郭バップも今は・・・今夜は2012年大晦日・・・人生色々・・自分は都会で仕事中です(笑)・・・高校時代に テーラーの屋根裏部屋で・・ハープ吹いてハモッてましたね(笑)・・・良いお年を!