10/30、色々あった

a0158797_2374847.jpg

写真展2日めの10/30は仕事が休日であったため、午前中から外出し、夜遅くまで色々な出来事が。

まず、FMいるか。山形敦子さんの「暮しつづれおり」に10時過ぎに出演させていただきました。冒頭の写真はそのスタジオの写真ですが、普通の事務所のようであったため、気楽な感じで山形さんの向かいに座って本番を待っていることができました。本番が始まるまで、山形さんが私に色々と質問し、まぁ予備知識として色々訊いているのだなとそれはそれはもう気軽に話していました。

a0158797_23292682.jpg

ところが、番組が始まり、山形さんの言葉が放送モードになると、「あっ、本番だ」という、気にしてはならないことを思い出し、おまけに自分がしゃべる時が来るまで、無言を通さなければならなかったため、気楽モードからどんどん遠ざかって行きました。

そしてついに本番。

     ↓
     ↓
     ↓

ハイ終わりました。何をしゃべったかよく覚えていませんでした。

そんなわけで、FMいるかを後にした私は、癒しを求めて元町珈琲店へ。だが、その後写真展会場に向かう準備もしなければならなかったため、長居もせずに店を後にしました。

写真展が開場してから少し経つと、知人の女性がご来場いただき、おまけに差し入れもいただき、少しほっとしましたら、その後はやはり平日、ほとんどお客様も見えず、知らず知らずの間にウトウトしていると、函館新聞社の記者が取材にお見えになりました。

まぁ、その女性記者とは2度ほど顔を合わせており、まして目の前にマイクがないため、今度こそ気楽にお話をすることができました。
ということで、近々函館新聞にも掲載されると思います。

そして、今回の写真展のコラボ企画である「ハロウィーン前夜祭」が行われました。
まずはマレーシアの若者によるマジックショー。

a0158797_012916.jpg

これは、マジシャンが目隠しをして1000円札のナンバーを当てるというもの。見事に当てました。
で、圧巻は引きちぎった新聞紙を一瞬にして元通りにするという芸。テレビで見ていると、よくあるマジックだと平然と見過ごせるのですが、実際に目の前でやられるとビックリ。

何で???

そんな不思議な感覚のまま、次は紀あささんの手廻しオルガン。

a0158797_0111614.jpg

今回はハロウィーン前夜ということで、子供たちも集まったためなのか、あささんは手廻しオルガンの仕組みを簡単に説明してくれました。

そして、今回私がリクエストしたパントマイムも演じてくれました。

a0158797_0145458.jpg

最後は子供たちも一緒にオルガンを回してもらいました。きっと後になってからその素敵さを思い出してくれるんじゃないかな。そして、ひょっとしたらその中から新しいアーティストが・・・。

楽しかったイベントも終わり、オルガンの移動・搬送を協力者たちとともにして、無事彼女の滞在するホテルまで届けることができました。

アーティストやそれを理解している人は、準備・片付けなどに相当の手間がかかるのをわかっているため、みんな協力するものです。私も、ハコダテトリエンナーレでそのことがわかりましたので、搬送が終了したあと、協力者の方々に簡単な食事をしてもらいました。
色々な思惑など、アーティストには関係ないのです。いいものを表現したいという気持ちはみんな同じなのです。だから協力をしてくれるのです。その気持ちがわかるから食事をしてもらいました。

食事のあと、帰り道、CASA FlORへ。そこでは倒錯の世界が・・・・。

a0158797_0343981.jpg

ジョン・レノンがウクレレを弾いている・・・・・、んなわけがない。誰だこいつは。

最後にやっと落ち着いた写真を。

a0158797_038043.jpg

おやすみなさい。




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

by jhm-in-hakodate | 2013-11-01 00:38 | その他雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jhm1998.exblog.jp/tb/18888097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。