トイレまでアートな、はこだて工芸舎

a0158797_23363472.jpg

いきなりトイレで失礼します(笑)
でも可愛らしいでしょう。この度移転リニューアルオープンした「はこだて工芸舎」の取材に行ってまいりました。あっ、「はこぶら」の取材です。リニューアルした店内と内容は「はこぶら」で近々(たぶん)お知らせいたしますが、このブログでは、普通に店内を見て回っていたら気が付かない部分をお伝えします。

ということで、トイレですが、壁に1枚1枚タイルを貼り仕上げたもので、何か見ただけで楽しくなってしまいますね。

a0158797_2344225.jpg

手摺りなのかトイレットペーパーホルダーなのかよくわからないのも面白い。

でも、このトイレを守っている男がいます。

a0158797_2346328.jpg

一番奥のドアがトイレなのですが、しっかり見張り番がいます。

後ろ(トイレ側)から見ると、

a0158797_23474667.jpg

こんな感じです。えっ、男の顔がよくわからない?それではご披露しましょう。

a0158797_234907.jpg

彼です。でも、トイレに行く時は、彼ではなくお店の方に訊いて行ってください。彼は寡黙な男ですので。

そして、工芸舎の見所のひとつが、昭和10年築の旧梅津商店を使用しているところ。以前の事務所だった現店舗部分の床を剥したら、板張りの床が現れたそうです。

a0158797_23525165.jpg

そして、年代物の時計と金庫。時計には「セイコー」ではなく「精工舎」のマークが入っています。金庫も、よくわからないけど古そうです。

a0158797_003675.jpg

a0158797_02366.jpg

こんな作品もありましたよ。

で、場所は、市電「十字街」電停目の前です。

a0158797_04599.jpg

えっ、外観がわからない?そうですよね。外観はこんな重厚で歴史を感じさせる素敵なものです。

a0158797_062836.jpg

どうぞ、立ち寄ってみてください。




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

by jhm-in-hakodate | 2014-02-14 00:08 | 函館の街並・建物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jhm1998.exblog.jp/tb/19461943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。