哀しき街角

a0158797_1245313.jpg

いつしか、幸せというものがこの世にあるということすら忘れていた。

a0158797_12473955.jpg

それは世の中の誰が経験することなのだろうか?

a0158797_12485741.jpg

自分とは関係のない別世界での出来事なのだろうと思っていた。

a0158797_1250414.jpg

人は私とは無関係に日々を通り過ぎ、私はぽつんと小路の中で狭い隙間から世の中を見ていた。

a0158797_1254721.jpg

でも、小路から脱け出し、広い通りを歩いてみても、そこには哀しい街しか存在しなかった。

a0158797_12563646.jpg

こんな街の中にも、多くの人生があり、みんなそれぞれに今の自分を正しいと思って生きている。

a0158797_1259815.jpg

誰かが幸せになるためには誰かが不幸にならなければならない。そういうものだ。

a0158797_130916.jpg

この哀しい街のおかげで幸せになった者もいるだろう。そして人はその者を讃えるだろう。

a0158797_1331977.jpg

だが、多くの人は貧しい中、幸せな人に尽くすために生きている。

a0158797_1373368.jpg

だから、街並は哀しい。

a0158797_1385124.jpg

a0158797_1311420.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

by jhm-in-hakodate | 2014-03-25 13:11 | 函館の街並・建物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jhm1998.exblog.jp/tb/19605591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。