言葉の代わりに写真を

a0158797_23442454.jpg

先日、知人の息子さんで、ずっと家の中で車椅子生活をしている青年の写真を撮った。

a0158797_23473063.jpg

本人ひとりだけであれば、緊張していい表情が出ないかもしれないからと、同じ車椅子生活をしている友達を招き一緒に撮ることとなった。

a0158797_23505279.jpg

余談だが、その友達は、約4年近く前にこのブログでもお伝えした、ガンで亡くなった友人の甥っ子だった。そうとは知らずに偶然遭遇したのだ。これは、函館は狭いというレベルではない。もう運命と呼んでもいいだろう。あるいは友がその運命をあの世から演出してくれたのかもしれない。

a0158797_23554680.jpg

撮影中は彼らとはそう多く話さなかった。撮影者に徹した。

a0158797_2358627.jpg

撮影後、みんなでお茶を飲みながらカメラのモニターで撮影した写真を見てもらった。
彼らはとても喜んでいた。今度は元町公園で撮ろうと約束した。

a0158797_015148.jpg

普段は海を見ることがない彼らとって、この日の潮風と海の風景、海面の輝きは、ずっと記憶として残ることになるだろう。

言葉は要らない。心から楽しんでいる人をできるだけ透明な心で写真を撮れば、何かが伝わるはずだ。




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

by jhm-in-hakodate | 2014-08-20 00:08 | 函館で出会ったもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jhm1998.exblog.jp/tb/20109258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。