静かに変わる駅前大門を歩く(1)

a0158797_2253110.jpg

昨日の夕刻、駅前から大門方面を歩いてみた。

a0158797_2211396.jpg

まず目に入るのが、解体された和光デパート跡地。ここではもう商住複合ビルの建設が始まっていた。いずれ函館の駅前に住居系のビルが誕生する。コンパクトシティに向かうためには必要な過程であるはずだ。

a0158797_22334185.jpg

その建築現場の裏側、音羽通り。丸南本店の情緒にはいつも癒される。上品な対応、上品な盛付け、上品な蕎麦の量。蕎麦の文化を守っているような気がしてならない。さすがに本店だという満足感をいつも与えてくれる。

そして、私は入ったことがないが、立ち飲みの「瀧澤」。これも大門には欠かせない文化の一つだと思う。

a0158797_2245439.jpg

隣の柳小路から高砂通り方面を見る。このような向こうがはっきりと見えることができなくなる日が来るだろうか。

a0158797_2251204.jpg

柳小路といえば「杉の子」。なぜか辺り一帯が呼吸をしていない気になってしまった。

a0158797_22525247.jpg

柳小路には本当に柳がある。この角度の風景を何度深夜に見たことか(笑)

a0158797_22545971.jpg

大門仲通りの閉店した旧・王さん店舗。うん?何か改装工事をしているぞ。

a0158797_2304277.jpg

それにしてもこの窓ガラスとガラス戸は雰囲気がありますね。

a0158797_2314666.jpg

その向かいの「モーリ」。こんなお店が現役で残っているのが大門の良さのひとつなのだ。

でも、静かに大門は変わりつつある・・・・・・・・(続く)




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

by jhm-in-hakodate | 2014-09-25 23:05 | 函館の現状について | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jhm1998.exblog.jp/tb/20230235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。