私の住む街

a0158797_22184481.jpg

私が住む街は、函館と名付けられた街だ。昔は箱館と称されていたそうだ。

a0158797_22211740.jpg

函館は出島のようにポツンと突き出した函館山の山麓の一部から街が出来始めた。明治時代まではその「函館」が函館であった。

a0158797_22241397.jpg

だが、昭和時代に入ると、「函館」を捨てる人々が出始めた。戦後高度経済成長時期になると加速度的に「函館」を捨てる人々が増加した。

a0158797_22274140.jpg

そして今、街の人口・機能が「函館を捨てた人たち」が多く住んでいる函館市の一部に移動している。

a0158797_22302284.jpg

その「函館を捨てた人々」が「函館」について論じ、表面上では「函館」を守っているかのような行動をとっているのを散見する。

a0158797_22324264.jpg

今討議されている、集団的自衛権問題で、自衛隊を捨てる自衛隊員が増加しているとの話も聞く。もし、この流れの延長で懲役制度ができたら、日本を捨てる若者も出始めるだろう。

a0158797_22371853.jpg

私が住む日本はどうなるのだろうか?若者の将来を乗せて旅発つ船は、希望を若者に与えてくれるのだろうか?

a0158797_22395337.jpg

私は今、「函館」に住んでいる。私が「函館」を捨てる時は、函館市を捨てる時だろう。

a0158797_22412751.jpg

年老いた時、竿の先の微動をゆっくり待ち続けるような生活ができるだろうか?その時私が住む街、「函館」は存在しているのだろうか?

「函館」の空地は、函館市民がほとんど気付かないうちに、ガンの転移のように肥大し続けている。





いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
by jhm-in-hakodate | 2015-06-01 22:47 | 函館の現状について | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jhm1998.exblog.jp/tb/21298811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。