とてもとても嬉しい出来事

a0158797_22371350.jpg

今日とても嬉しいことがありました。
最近はほとんど開かないことが多いのですが、今日facebookを見てみたら、私が好きな経塚真代さんの個展が、まさに今日から札幌のTSURU CAFEで開催されていたことを知ったのです。
彼女の作品は、開催当日に完売することはよくあることで、それを知っていたから、限られたWebにアップされた作品の一部の写真を見て、TSURU CAFEに電話した。

「函館に住んでいるものですが、今日は行けないので、予約することはできますか?」そんな内容のことを尋ねたら、電話に出た店員さんが、「今店内に経塚さんがいらっしゃいますので、お電話を替わります」とのお返事。それはそうでしょう。いきなり函館から電話をして、店員さんもどう対応したらいいか困るのは当然だと思います。

ご本人が出て、ご挨拶のあと、私がWebで見た作品を予約できるか尋ねたらもう売れましたとのお返事。それでは違うあれは、と尋ねてみても売却済みとのことでした。その後いろいろお話しした後、結局彼女が展示されている作品を写真で送ってくれるから選んでください、とのことになった。
その送られてきた写真の一部をご紹介しましょう。

a0158797_239149.jpg

a0158797_23104625.jpg

誤解いただきたくないのは、彼女とは札幌で2度会い、作品をオーダーしたり受け取ったり、メールでもオーダーしたりと何度かやりとりをさせていただいているから、このように写真を送って下さったのだと思う。もし、私が初めて問い合わせをしたのであったら、ここまではしてくれなかっただろうと、本当に感謝している次第です。

a0158797_23165169.jpg

彼女の作品との出会いは一昨年に遡る。たまたまBAYギャラリーで開催されていた3名の札幌周辺の作品展を何気なく見に行ったら、目が釘付けにになってしまったものがあった。その時の作品の写真が、1枚目と上の写真です。
その時は見ただけで購入しなかったのですが、日が経つにつれ、是非「欲しい」と思って来た。そこで、元来のずうずうしい性格を全力で出して(笑)、札幌で彼女に会ってもらったのです。そこで2体オーダーとその後追加で1体のオーダーをしたのでした。私が3体オーダーしたわけではなく、彼女の作品を写真で見た方が、ついでに私もオーダーしたいと申し出たためです。

その時、彼女が話した言葉が印象的であった。自分の作品が、雑貨品としてではなく、美術品として評価されるようになりたい。私も同じ思いだった。雑貨として扱われるにはその表現度がスバ抜けている。

そして、とてもとても嬉しいことを知った。今年の5/25~6/23まで、札幌の近代美術館で個展ではないが、北海道の作家のひとりとして展示されることになったようです。つまり、美術品として認められたということですね。そう願っていたことを知っていた私にとって、まるで自分のことのように喜んでしまいました。

さぁ、経塚さん、次は青森県立美術館ですね(笑)陰ながら実現できるよう応援します。
最期に、お会いした頃に私に写真を送ってくれた、2年前の彼女の作品をご紹介します。

a0158797_002582.jpg

a0158797_004289.jpg



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
by jhm-in-hakodate | 2016-04-01 00:01 | 函館で出会ったもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jhm1998.exblog.jp/tb/22669365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。