運が良かった函館

a0158797_22395955.jpg

函館は運に恵まれている街だった。「だった」と過去形にしたのは、その運を活かそうという意識を函館市民から感じないからだ。

かなり大雑把に函館の歴史を確認しよう。
まず、最初の大きな幸運は、開港だった。この開港により、貿易都市函館が誕生した。それも海外との取引であった。そのため函館駐在の外国商人のために洋風住宅が建築され、街の形態を大きく変えた。
幸いなことに、北海道および北洋で漁獲される魚介類は当時函館に集積されていた。そのため商人が函館に多数存在するようになった。それに加え、北洋漁業の拠点ともなり、寄港している船舶数の増加に伴って造船業も盛んになった。
そう、その時は函館に金が集まっていたのだ。特に明治後期になると、繁盛した商人たちは、そのお金の物を言わせて次々と高品質の建物を建築した。それも洋風のテイストをふんだんに取り入れたものだから、当時の写真を見ると、まるでテーマパークのような、ありえないだろうと思われるほどの欧米化した建物が連らなっていた。まさしく横浜に次ぐ「近代化した街」と言えるほどの新しいものを取り入れることができる環境にあった。このあたりが現在の函館西部地区の原型となっているのではないかと筆者は想像しているが、ともかく、函館は全国でも特別な「希望の街」のひとつとなった。

それはしばらく続いた。おまけに青函連絡船により、函館が北海道の玄関口という役目を担っていたのだから、函館という街の存在の重要度は非常に高かったと思われる。また、函館の資産家は相当な財力を有していたと想像できるのだ。だから何度も大火に遭い大きな面積を消失したとしても、復興するために要した時間は少なかったのではないかと思う。

そしてその復興された建築物も未だに函館の街を彩るアクセントとなる古建築物として現存するほど堅固に建築され、デザインも優れたものが多かった。それは函館の財力を象徴するものであったのだろうとそうぞうできる。

しかし、戦後、次第にソ連との漁業交渉で年々漁獲高が減少を余儀なくされ、漁業関係としての函館の立ち位置は弱くなっていくことになった。それと連動するように造船業の経営も悪化する一方となり、港湾関係の職業の衰退は急激で大規模になった。
それでも、「北海道の玄関口」というアクセスの利点もあったのだが、北海道への移動が飛行機が主流となると、その地位も自然消滅することになる。

そして、ついにその時はやって来た。ドックの再建のための大量リストラ・関連会社・取引会社の倒産などで、海関係は壊滅状態と呼んでもおかしくないほどに疲弊した。
しかし、函館は幸運だった。全国にも誇れるほどの大都市だった函館の街並と夜景は、それを一目見ようとする観光客が相当数来函していたのだ。
そこで函館は海の街から観光の街という方向転換を急減に行った。観光地を整備し、今まで野放状態(と言ったら大袈裟だが)元町公園周辺を整備した。
観光は、函館の港関係で賑わい金をふんだんに使って建てた家が並んだ道路を歩くことで、訪問者に異国情緒菟ある街という印象を与えることができた。そして、もう一つの幸運は、その古建築物に維持保存に対して、著名な方で言うと、SECの故沼﨑氏や魚長食品の故柳沢氏などが積極的に古建築物を買い取り再活用してくれたことだ。これらがなければ、今の函館はそうとうみすぼらしい街になっていたかもしれない。また、個人でも自分の古くからの建物を護ろうと私財をなげうっている方々もいる。

そのような幸運が重なって、函館は造船・漁業の不況による打撃からかろうじて救われた。

そう、函館は幸運だったのだ。
しかし、今危惧されるのは、自分は運良く函館という街で生活をできているという意識を持っている人たちがかなり少ないということだ。
函館には年間約500万人弱の観光客が訪れている。この方々が落としていく金は相当なものになる。一人2万円としたら1000億円にもなるのだ。それが、街全体に流れ、私たちはとりあえず生活をしていくことができる。それを意識できている人は函館市民の中で何割いるだろうか?
それどころか、観光収入源の中心地となる西部地区をぞんざいに扱っていたり、無視したりしている人の多さは毎日仕事や生活をしているかなりの割合でいることが何となくわかる。

つまり、函館に最後に残された幸運を食いつぶして滅んでいくことを望んでいるかのように、目先の快楽を追及していということだ。西部地区を親だと仮定したら、親がせっせせっせと稼いだ金を子供たちに分配したら、親を殺すためにその金を使っているようなものだ。

さて、函館市民は最後の幸運を尽きるまでそれが気が付かないのだろうか?



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
by jhm-in-hakodate | 2016-04-28 00:14 | 函館の歴史 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jhm1998.exblog.jp/tb/22756753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。