カメラファン必見 のらいぬ cafe からの贈りもの

a0158797_2156883.jpg

前回ご紹介した「のらいぬ cafe」ですが、店内にはたくさんの「昭和」が詰まっています。先にご紹介した写真の一部からもそれがわかってもらえるかと思いますが、実際にどんなものがあるかはお店に行ってゆっくりとご覧になってください(笑)

このカフェはご存じ方はたくさんいらっしゃるでしょうが、佐渡から函館に引っ越しをして来てオープンしたお店です。その佐渡の頃から昭和のグッズを飾っていたらしく、そのおかげで昭和のカメラをお客さんからもらうことがあったようです。

しかし、ご本人たちはカメラには詳しくなく、お店には出さずに仕舞っていたようで、その話を聞いた私は、「もったいない、是非見せてください」とお願いして、奥の部屋から出していただきました。それが上の写真です。

a0158797_22121086.jpg

これは、1966年(昭和41年)に発売開始された、MINOLTA HI-MATIC 9というカメラで(もちろん後から調べました)世界初のトップアイを搭載したカメラで(トップアイという機能については、ネットで検索して調べてください)、当時で24,800円したそうです。雪印のカップアイスクリームが5円とか10円だった時代です。

a0158797_22183388.jpg

これはKONICAのカメラですが、ネットで調べてみたのですが(ヤフオクも含め)何という機種なのかはわかりませんでした。
ただ、ちょっと面白いのは、レンズサイズが45㎜ということで、KONICAのレンズの中でもあまりない口径のようです。

a0158797_2244432.jpg

このカメラは1964年(昭和39年)に発売された、TTL測光で世界中から注目されたカメラです。それまでは、カメラボディに光を測る受光部が着いていたのですが、初めてレンズに入る光で測光したのがこれだそうです。そして、当時のお金で51,000円(繰り返しますが、雪印のカップアイスクリームが5円や10円だった頃です)もしたもので・・・・高級品です。

実は、このカメラ欲しい人には差し上げてもいいよ、と「のらいぬ」のオーナーさんがおっしゃっいましたので、私、早速このPENTAXをいただきました。ありがとうございました。

そして、残るMINOLTAとKONICA、お店のどこかに展示していますので、欲しい方はお店の方にお断りして(一般の方はみなさんそうしますが、笑)いただいてください。
状態は汚れだらけです(笑)でも、そんなことで嫌になるならクラシックカメラを持つ資格はありません。自分で拭いて磨いて作動できるようにして撮った写真は、きっと心に残るものとなるでしょう。

と言っても、私もまだやっていませんが・・・・・。はい、口だけです。

のらいぬさんの7月の休日はこちらです。

a0158797_2325467.jpg

このクラシカルな電気スタンドもいいですよ(これは差し上げるものではありません。あくまでカメラだけです)

a0158797_237823.jpg

a0158797_2342924.jpg

a0158797_2345784.jpg

随所にいい雰囲気を醸し出しています。
とにかく面白い所です!



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
by jhm-in-hakodate | 2016-07-01 23:07 | 函館で出会ったもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jhm1998.exblog.jp/tb/22957025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。