東京への空の旅の始まりと終わり

a0158797_23550029.jpg

人に話すと、「えっ!」と驚かれてしまうことが多かったのですが、飛行機の旅は約20年ぶりくらいでした。おまけにもっと驚かれたのは東京の街をうろつくのは何と30年近くぶりだったのでした。ですから今回飛行機に乗って東京に行こうと決めるのにはちょっとした思い切りが必要でしたが、でもそれを考えた時迷っても時間が過ぎゆくばかりだと行くことにしました。

そして離陸して高度が高くなっ時に写真におさめたかった雲の上の青空。

a0158797_00265929.jpg

a0158797_00273076.jpg

無事到着してその後のことは、次回以降にご紹介したいと思いますが、東京での2泊3日の旅を終えて函館に帰る途中の暮れゆく空の上の風景をご覧になってください。
羽田17:30発でしたので、最初は明るく次第に日が西の空に沈んでいきます。

a0158797_00335414.jpg

a0158797_00342381.jpg

a0158797_00345580.jpg

a0158797_00352064.jpg

a0158797_00355762.jpg

地上ではもちろんこんな素晴らしい風景を見ることはできません。でも雲の上には地上の人にはわからない素敵な光と色のドラマがあります。
それでもやっばり私たちは地上で暮らすしかありません。
地上には色々な風景の違い、誰かが決めてしまった国境、街並、希望、絶望、欲望、争い、愛情が混じりあって、常にその姿を現します。

そう、何もない世界はひと時なのです。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
by jhm-in-hakodate | 2017-08-17 00:46 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jhm1998.exblog.jp/tb/237570652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。