2017年 04月 06日 ( 1 )

a0158797_00103634.jpg

NHKのドキュメント72時間のエンディング曲の松崎ナオさんが歌う「川べりの家」がとてもいい。
こんな歳になってしまった者からすると、とても透明な心でみずみずしく歌っているその歌は、年齢を重ねいつしか忘れてしまったどこにでも見えるかもしれない風景の中から自分のこれからの将来に夢を持とうという、現実と夢を退避させながら淡々と歌って行く松崎ナオさんの曲は、どこか誰でもが持っている原点のような気がする。

若い頃、渋谷の道玄坂で朝まで遊んでくたびれてガードレールにもたれかかって街を眺めて、少しさみしくなったように、「なんて奇跡の色を持っているの キラキラ揺らめいてる 水溜まりに映っている 僕の家は青く透け 指でいくらかき混ぜても もどってくる とても儚いものだから」という感性は、歳と共に持たないようにするようになったのかもしれない。

でも、そんな自分からは何も特別なものは伝えられない。
もう一度「一瞬しかない」時を大切にして、感じ、記録してみたい。

a0158797_00272579.jpg

もし私の写真がつまらないものだとしたら、きっとそれがないからだろう。






いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村