2017年 05月 16日 ( 1 )

a0158797_23181349.jpg

ずっと思っていて、でも、ずっと発言を控えていたことに函館のランチパスポートのお店のことがありました。なぜ控えていたのかと申しますと、私自身ランチパスポートを購入して食べ回ったことがないためでありまして、実体験したことがない者が何かを発言したりするのは自分でもあまりにフライング的な要素が強いのではないかと思えたからです。
そのため、昨年の第1回目の時もかなり控えめに少しだけ発言させていただきました。今年も思うことがあったのですが、それでもやはり控えていました。

でも、昨日、さすがにこれは私の「推測」だけでも充分発言してもいいと思えるようなことを体験してしまったのでランチパスポートについて述べさせていただきたいと思います。

昨年、ランチパスポートについて疑問を感じたのは、果たして飲食店は500円で美味しいものが充分提供できるのだろうかというものから始まっていました。いや、参加店の中にはその限られた金額の中で試行錯誤しながら頑張って美味しいものを提供しているところもあるかもしれない。そう考えると、私の疑問もとりあえず保留状態にしておこうと考えていました。
ところが、その昨年、たまたま知らずにランチパスポート参加店(ラーメン店)に入って昼食をとったことがあるのですが、そこは初めて入るお店であったためどんな味のラーメンを提供してくれるのか、まぁ、とりあえず味わってみましょう、という感じで入りました。ところが、それなりの料金のラーメンを食べたのですが味が・・・・
これなら自分で家で作った方がいいのではないかとも思えるようものでした。
あっ、この店失敗だっだなと思っていた頃、ランチパスポートを巣縦に入って来た女性客がありました。その時初めてそのお店がランチパスポート参加店なのだと分かったのですが、私がゆっくり(我慢しながら)食べている間にさっと食べてパスポートを見せ500円を支払って去って行きました。その際、「ここ美味しいですね、また来ます」と言って出て行かれました。
「えっ、これのどこが美味しいの?」という根本的な疑問を持ったわけなのですが、まぁ、人の味覚はそれぞれですので、それはそれでいいのではと思い直しても、ふと、まともな料金で美味しいとは言えないラーメンを食べた私は、何とも言えない不条理な感覚になりました。
そう、ここであれば500円で充分なのではないか、いゃ、500円だったらこの味でやっと我慢ができる。そう考えると、通常料金を出した私がものすごく損をした気持ちになったのです。もちろん通常メニューとランチパスポートメニューは違うでしょうが、ランチパスポートメニューの方が美味しいのだとしたら、本末転倒であるわけですから。

これは去年の1例だけ。ですが、その1例があってから今年はランチパスポートを実施しているお店は避けるようになりました。先ほども言いましたように、美味しいとは言えない料理を通常の価格で食する可能性があるお店は何となく損をした気分になってしまいます。また、仮に私がランチパスポートを購入して500円でそれなりの味を楽しめたとしても、通常料金に戻った時に「ここのお店500円で食べれたのに」という気持ちになってしまいそうになりそうなので、ともかくできるだけ参加店での食事は避けていました。

ところが、以前から気に入って時々昼食をとっていたあるお店が今年ランチパスポートに参加し、そのイベントが始まった頃に駐車場が全て埋まってことがありました。すぐにランチパスポートのお客さんだとわかりました。なぜなら、それまでは何度行っても多少混んでいても1台から2台分の空は必ずあったからです。仕方なく私は近くのお店に行って通常の安いとは言えない料金の食事をしました。(そのお店はいつもそれなりに美味しい料理のですから、もちろん料金は納得しております)そのお店はランチパスポートに参加していなくても相変わらずたくさんのお客さんが入っておりました。やはり、美味しいところは何もしなくてもお客さんが入るのだなと思ったわけです。駐車場のいっぱいで入れなかったお店も私は気に入っていたのですが、立地と店内のインテリアが芳しくなかったためにきっと好印象を持たれていないのだろうなとずっと思っていました。

それから1か月以上経って、昨日久し振りに前回入れなかったお店に行ってみました。さすがに最初の頃に比べてランチパスポート客も一段落したようで、今度はちゃんと停めることができたのです。そして、もちろん通常の料理を注文しました。しかし、周りを見ると今まで見たことのないプレートで食べているお客さんが何組もあり、あぁやっぱりランチパスポート客が大半を占めているんだな、とその影響力には改めて驚いた次第です。
それはある程度予想して入ったのですから、それはそれでいいのですが、最も重大なことは、出て来た、今まで通常料金で美味しいと思って食べていた料理の味が変わっていたことでした。結論から申しますと、味が明らかに薄くなっていたのです。すぐにこれはランチパスポートのために薄めたのだなとわかりました。それはそうでしよう、500円だからと言ってその分料理を減らすわけにもいかないでしょうから、500円対策としては、同じ量の原材料でよりたくさんのものを作らなければならないのですから。そうしなければ店側にとってはかえって損になってしまうのですから。それは理解できても、その味は私が好きだった味ではありません。最初からその味であれば、私は何度も行くことはになかったでしょう。

これで私の行くお店が1軒減りました。ランチパスポートで初めて来たお客さんはそれがそのお店の味だと思うでしょう。美味しいと感じたかどうかはその人次第でしょうが、少なくとも私はランチパスポートによって美味しくなくなったお店としか映らなくなりました。もちろんそのお店の考え方・方針、はっきり言えば、とにかく誰でもいいから来たくさんてほしいという切羽詰まった事情もあるかもしれませんが、もし、自分の作っている料理の味に自信があるのなら、それを大切にして欲しいなと思うのです。それはきっとランチパスポートの期間が過ぎて通常料金に戻った時に、どれだけ期間中に来たお客さんがリピートされたかを注視していればわかることでしょう。

こんなことを話している私はさぞかしいつも高い料金の食事をしているのではないかと思われる方もいるかもしれませんが、けっこう500円以下の昼食もとったりしています。でも選ぶ基準はその料金でこれだけのものだったら納得できるかどうかという所にあります。500円以下で高級な料理は最初から期待していません。その限られた価格帯で納得できる料理でしたら、私は喜んで食べに行きます。でも、たまには本当に美味しいものを食べたい、と思った時は1000円以上のランチを採ったりします。常に安くなければならないとは考えていません。
その使い分けで日々の昼食を出費的なバランスをとりながら楽しんでおります。

何度か書いたことがありますが、本当にその店の味が気に入ったのなら、いつもとは言いませんが月に1度か2度行ってそのお店にお金を落とすことが最も大切なのではないでしょうか。新しいものに目移りばかりしているうちに、お気に入りのお店が閉店していたということもあるのではないでしょうか。ちょっと大袈裟かもしれませんが、結果的にはそれが函館の食文化に大きく影響してくると、私は思います。





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村