2017年 11月 07日 ( 1 )

a0158797_12023177.jpg

私がよく行くイタリア料理店の店主さんから、八戸に行ったら必ず行った方がいいですよ、と言われていたお店。
スペイン料理は今ではあちこちに見かけられるけれど、ポルトガル料理はとても珍しいからとにかく行ってみたらいい。
プロにそのように言われると行かざるを得ない。基本的に私は信頼するプロが教えてくれた所には素直に行ってみることが多い。なぜなら、「プロ」が数ある中から選んで口にするお店だからだ。

私はバーに行くと、よく具体的な銘柄を指定せずに「こんな感じのシングルモルト」という注文する。それには訳がある。だいたい私は全世界のお酒を飲みつくしたわけでもないし、まだまだ飲んだことのないお酒の方が想像もできないほどあると思っている。たぶん、これから死ぬまでの間、1杯ごとに全て違う銘柄を注文したとしても、シングルモルトというジャンル全てを制覇するなんてできないだろう。だから私はいつまでも初心者なのだ。そんな「世間知らず」は、プロのバーテンダーにお任せして、出て来たものを嗜むのが最も適切な楽しみ方だと考えている。

a0158797_12200503.jpg

さて、話をポルトガル料理店に戻そう。
八戸市役所の近くにあるこのお店に入った。もちろん私は初めてのポルトガル料理体験なので、メニューにじっと目を凝らす。もちろんメニューは日本語で書かれているので、だいたい何を食材として使っているのかはわかるが、どのような味なのかはさっぱり見当がつかない。

ともかくまずはミックスサラダと、イカに(名前は忘れた)スミとゴロをまぶせた料理とエビをたっぷりのオリーブオイルとニンニクで温めた料理を頼んだ。もちろんワインも。ワインはとても美味しかった。特に2杯目以降に頼んだ(これも名前を忘れた)950円のグラスワインはさっぱりして料理の合間の口直しには最高の味を持っていた。もちろん料理が無くても間違いなく美味しいといえるものだった。

ポルトガル料理はボリュームがある。地元のある方と二人で食べたのだが、サラダは食べつくすのに最後までかかってしまった。先ほどの料理をある程度の量まで減らすのに1時間半くらいかかったように記憶している。(話をしながらゆっくり食べたせいもありますが)

そして、メインは貝とお肉のカタプラーナ(カタプラーナではなかったかもしれません。間違っていたらすみません)。もう大満足で食事を終えることができました。とともに写真を撮っていなかったことを思い出し、お店の方に許可を得て店内の写真を撮ったのですが、もちろん料理はもう既になし・・・・・。

後日、ネットで色々調べてみましたが、函館はもちろんのこと、東北以北(北海道を含め)レストランとしてポルトガル料理を出しているのはここだけしかないことがわかりました。札幌にメニューの一部で提供しているお店もあるようですが、各種のポルトガル料理を提供しているのは個々だけのようです。

大事なことを言い忘れていました。料理の味ですが、正直言って適切には言えません。フランスとは明らかに違うし、もちろんイタリアでもなく、隣国のスペインのものとも違う、とても独特の味付けであります。若干こってりしているように感じますが、食べ終わってからお腹がもたれるなどなく、ただ美味しかったという余韻を楽しみながら帰路につけるという感じです。すみません、わかりづらいでしょうが、ともかく機会があれば是非ご自分で行って確かめてください(笑)

お店のHPはこちら ⇀ Bar Saude(バール・サウーヂ)



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村