2017年 11月 18日 ( 1 )

a0158797_22473686.jpg

それは2014年の夏のある日のことだった。突然体のある部位に今まで感じたことのない激痛が走ったのでした。思わず「痛い!」という声を上げてしまったほどでした。
その痛みは、しばらく耐えていると自然におさまって行ったのですが、しかし、その余波とも言えるような現象が体にしばし現れました。
さすがに能天気な私もこれはちょっと体に異常なことが起きているのかもしれないと、土曜日でしたが、診察をしている町医を探して仕事中時間を作って診てもらいました。血液検査やいくつかの初歩的な検査をしてもらった結果、激痛が走ったものは一時的なもので、しばらく様子を見なければならないということで保留状態になりました。まぁ、今後どうなるのかはわかりませんが、少なくともその時は大事に至らなかったという結果となり、少しホッとしたわけであります。

a0158797_23214958.jpg

ところが、医師は「それはそれとして、血液検査の(ある)数値が同年代の基準値の3倍以上の異常値を示している。こういう数値が出るのは、ガンである可能性も示唆している。この医院ではこれ以上の検査はできないから総合病院への紹介状を書くので、そちらでもっと詳細な検査を受けた方がいい」という「別の診察結果」を示した。

a0158797_23302138.jpg

私は呆然としてしまった。まさか私が、という気持ちと、ついに私も、という気持ちが入り交じり、少しの間何をどう答えていいのかわかりませんでした。ついさっきまで自覚していた自分というものが、全て偽物の自意識の中で存在していたのだろうか。自分にとっても紛れもない現実は、今目の前にいる医師が告げた病を持った自分なのだろうか。

a0158797_23432193.jpg

でも、そんなことをいつまでも考えていても仕方ない。どうするかの結論を私は出さなければならなかった。医師が紹介状を出すという病院の候補は3病院だった。その中から一つを選んでください。私そんなことを瞬時に決めろと言われても困るだけなのだが、結局その中からある病院を選んだ。次の病院でどういう結果が出ようが、ともかく検査を受ける以外に自分の選択肢はないのだと、その時は思った。
そして、医師は紹介状を書き、受付でそれを受け取ってひとまず仕事に復帰した。

a0158797_23553977.jpg

しかし、私はすぐには紹介された病院には行かなかった。もしもやっぱりガンだという診断が下ったらどうしよう。そんな不安をもつのであれば、検査をしなければ結果も出ない。そうするとうやむやのままではあるが、「事実」を知らずひょっとしたらこれからも生活をして行けるのかもしれない。そう思った。
だもそれは一時的なことだ。今逃れてもいつかはその必要性が、どんなに嫌でも知らなければならなくなる時がやって来るかもしれない。

a0158797_00095066.jpg

そんなうじうじしたことを考えていた時、常に自分の頭の中にあったのは、「もし自分が本当にガンであったなら何をどうしたらいいのだろうか」という漠然としたほとんど具体性のない迷いだった。入院してその部位の摘出手術をして、抗がん剤を打ち、しばらく休職する「病人」になるべきか、それともガンを抱えたまま奇跡的な回復を期待して今まで通りに仕事して生活を続けて行くべきなのか。

a0158797_00265005.jpg

どちらの答も出なかった。その間紹介状はずっと私のカバンの中にあった。でも、次第に私の考え方が変わってきた。
「もし、本当にガンだったとしても、これからの命の時間を出来る限り自分がやりたいことや行きたい場所に行った方がよわり有意義なのではないか」
しだいに私はそのように考えるようになった。

a0158797_00375678.jpg

「自分が行きたい所?」その時にふと浮かんだのが奥入瀬だった。


後篇に続く。





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村