<   2011年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

a0158797_0262669.jpg
会場に掲示されていたメッセージ。

3月27日、函館の金森ホールは物凄い熱気に溢れていたようだ。主催者側の発表では1300人ほどの来場があったという。「東日本大震災チャリティーイベント  函館ハートプロジェクトvol.1」が開催されたのだった。
a0158797_0344395.jpg

当日仕事だった私が訪れたのは、イベントの最後の方だった。会場に着くと写真のデュオが演奏を行っていた。
a0158797_0514913.jpg
左の2人が司会者役。右が主催者大野友莉さん。

会場に訪れた目的には、イベントに参加するということと、もうひとつは大野さんへの陣中見舞いであった。イベントの3日前、彼女が経営する「小春日和」に訪れると、風邪気味で少し疲れた印象の大野さんがいた。この時点でそんな状態だったら、当日は疲労のピークに達しているかもしれないと思った。
疲労が溜まるのも無理はない。本当に短期間で企画・準備・開催と全てを仕切って実行するとなると、いくらまだ20代の若さとはいえ、相当の疲労があるはずだ。

だが、楽屋を訪れて、栄養ドリンク剤を渡し、その場にいたメンバーに撮影するよと言うと、上の写真のように3人ともおどけて見せた。やっぱり若くパワーがある。
a0158797_13594.jpg

彼女と少し話をした。「こんなにたくさん人が来てくれて、たくさんの人が協力してくれたことが嬉しい」と素直に喜んで彼女は話した。「それは、普段から人との繋がりを大切にしているからだよ」と、私は返した。
a0158797_1163889.jpg

司会の2人に訊くと、会場は開始直後から人で賑わっていたという。入れ替わり立ち代りの盛り上がりだったという。函館もまだまだ見捨てたものではない、と思った。
こんな風に実行に移す若者達がいる。私のような年齢の者は、彼らを応援してのびのびと動き回れるようにすることが役目であると改めて思った。
a0158797_130054.jpg

最後に大野さんが舞台に立ち、挨拶をした。そしてこのイベントを企画したきっかけについて話した。
「私の昔からの友人が、プログで、自分は偽善者だと書いていた。現地では満足に食べることもできずに苦しんでいる人たちがいるのに、自分は美味しいものを好きなだけ食べることができる。どんなに口ではいいことを言っても、偽善でしかない。そんな内容でした。そんな友人の苦しみを見ることも辛かった。私にできることがないか、それからずっと考えました。そしてチャリティーイベントをやろうと決意しました」
泣きながら、彼女はそう話した。

誰でもが経験する苦しみだ。何かできないか?テレビで現地の悲惨な状況を見るたびに、誰でもそう思う。彼女はそれをすぐ実行に移した。同じ思いを持った者が100人も集まった。そして共鳴する一般市民が1300人集まった。

だが、これはvol.1である。正解だ。現地の復興はまだまだ長い。それまでの期間には多額の資金が必要となる。一時的な盛り上がりで終わってはならない。
彼女は言った。「これが終わりではありません。これから始まるのです」
その通りだと思う。

*ただでさえ酷い写真撮影技術が、この時は輪をかけて酷くなっていました。御見苦しい写真であることをお詫びします。(勿論、写っている方々のことではありません)


いつもお読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_21455458.jpg
巡視船と釣人と家族。

震災後、米の買占めから始まり、パン、乾電池と続き、そしてここ一両日は煙草、天然水と買占められる商品が連続して出てきている。被災地への支援として購入している人もいるかもしれないが、実態はその商品が不足するかもしれないという憶測から、パニックに近い状態で大量買いに走っていると想像される。

身近で聞いた話では、米が心配と噂になった時、60㎏まとめて買った人がいるとのこと。その理由が、「無くなったら困るから」とのことだった。冷静に考えれば、現在販売されているのが昨年収穫されていたものであるので、日本全体が最低1年は充分食べることのできる備蓄はあるはずだ、
また、田が被害に会った地域の米の生産量と日本全体のそれとの占める割合を考えると、血眼になって買い占める必要性はないと考えられたのだが、ちょっとマスコミが騒げば、すぐパニックになって走ってしまう。まぁ、現在では放射能の心配も出てきたが、その時はまだその可能性は報道されていなかった。

ともかく、日本は今、海外から見られているほど冷静な国民ではなくなっている。それ程国民の精神状態は不安定なものとなってしまっている。これは、バブル崩壊後、なかなか経済回復がはかどらず、おまけに小泉政策によって弱った国民の精神に追い打ちをかけ、年間3万人を越す自殺者を作り、先程の米を60㎏買い占めた人のように「自分さえよければ周りの人はどうでもいい」という人が増えると、ますます国民全体の精神状態は不安定になる。

少し冷静になって欲しい。災害支援のために必要だから、購入を控えて欲しいというのならこちらも協力したいが、単にパニックのつけを一般生活に回されているのなら大変迷惑である。
また、マスコミも話題性だけを優先せずに、きちんとした判断と調査を行って報道して欲しいと思う。


いつもお読みいただきありがとうございます。クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_2381953.jpg

函館には、特に有名でもない、しかし、街を彩っているレンガ造の倉庫が点在しています。


いつもお読みいただきありがとうございます。クリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22141041.jpg

カール・ワイデル・レイモン氏のハム・ソーセージも、貴重な「函館の文化」です。

外国人として差別に逢いながらも、美味しい食べ物を提供し続けてくれたレイモン氏に、市民のひとりとして深く感謝します。

とてもシンプルな家ですが、それがまた、職人として生き続けたレイモン氏の良さが表現されています。


いつもお読みいただきありがとうございます。クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22184546.jpg
西埠頭にて。

白と黒の綺麗なツートーン模様を見せる大人カモメの中に、もうすぐで大人になりそうな、少年少女カモメが混じっていました。函館の空と海で健やかに育ってください。

本日、「元気です!」便り、「頑張って!」便りが、午前段階でほとんど配布場所であるまちセン(函館市地域まちづくりセンター)になくなっていたのを確認。早速追加プリントするも、間もなくインクジェット用ハガキとインクが無くなって、電器店にて双方を購入して、計150枚近くをプリントしてまちセンに再持込しました。

今回は、これまでの写真の中で、まだ残っていた種類のものを増刷せず、新たに別の2種類をその替わりとしてプリントしました。
それが、どんな写真なのかは、見てからのお楽しみとしてください。爽やかな写真であるはずです。

爽やかではない人間が撮った、爽やかな写真を、どうぞご自由にお持ち帰りください。


いつもお読みいただきありがとうございます。クリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22305814.jpg
昔(明治時代?)この辺りは海であったと思われる。

明治中期までの資料を見ると、函館市は海岸町までしかなかった。それは今の海岸町と似た範囲の街であった。それより亀田寄りの「町」の記録は「函館市史」にはない。
つまり、万代町は昔海であったという人伝えの話は確かなものであるということだ。渡し舟があったという話も聞いたことがある。
a0158797_2237625.jpg
ちなみに、明治5年の町別の土地の坪当り地価の最も高いところは現在の弁天町附近であった。
a0158797_22431466.jpg
それでも、万代町はじっくり見ると興味深い建物が多くある。また、いずれ写真を撮りご紹介したい。


いつもお読みいただきありがとうございます。クリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_20595323.jpg
外人墓地。

ACの広告から、最後の「エーシー」という声が全て消えた。

ACの広告が流れるシステムを知れば、頻繁にTVを賑わすのは仕方ないと思うのだが、それを不快だと思う人が多いようです。

確かに時期が時期だけに、神経質になっている人も多いでしょうが、仕方の無いことまで迷惑だと悪者にしてしまうヒステリックな状態には、ある意味怖くなってしまいます。

もっと皆、冷静にならないと、救える人も救えなくなったり、関係のない人まで傷付けてしまうのではないでしょうか。

そんなことを考えてしまう今日この頃でした。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうかクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_20422465.jpg


a0158797_20424596.jpg
けっこう渋い建物が、どつく構内にはあります。

いつもお読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_21184156.jpg

青柳町には、石川啄木が住んだ頃からある、古い建物がいたるところで健在です。


いつもお読みいただきありがとうございます。クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22534232.jpg

本日よりしばらくの間、ブログは写真のみの掲載とさせていただきます。
文章を書くのが嫌になったわけではありません(笑)。ブログに長く文章を書く時間を、他に使わなければならない都合ができたわたけです。

どうか、ご了承ください。
また、ゆっくりあれこれ書きたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
a0158797_2258522.jpg



いつもお読みいただきありがとうございます。クリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村