<   2012年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

a0158797_0432110.jpg

ここ何日かで社会・経済が大きく変わった。

まず消費税増税案可決。大飯原発再稼働の勢いのまま、電力会社の株主総会での原発廃止動議の否決、北海道新幹線新函館以遠の着工決定、そして、本日株価が9000円台に回復した。

株価上昇の要因は欧州金融危機が少し薄らいだことによる好感が影響しているらしいが、消費税増税や原発再稼動など、将来の不安を増大する決定事項があったにもかかわらず、株価が上昇するのは、やっぱり経済って、自分さえよければ人などどうでもいい世界なんですね。

北海道新幹線も青森から札幌までの行程の71%がトンネルだとか。所要時間という数字を追い求めるとこうなってしまうんですね。旅の車窓からの景色は、北海道新幹線では味わえないということです。
つまり、北海道新幹線は旅をするためではなく、移動するだけの手段として莫大な費用をかけて作られるわけです。


さて、原発ですが、やたらと原発の電気が一番安価で安定的ということを盛んにおっしゃる方がいますが、本当にそうなんでしょうか?

不動産にDCF法という計算式があります。ディスカウントキャッシュフロー法の略ですが、これは主に収益物件の適正価格を算出する時に用いられています。
一番多く使われるのが、アパート・マンション経営に関してであります。

業界では「利回り」という言葉があります。これはどういうことかと言いますと、建築費(あるいは購入費)に対して、1年間でどれだけ収入を得ることができるかという割合を示すものです。例えば、3000万円で購入(建築)したアパートに6世帯が入っていたとします。ファミリータイプの部屋で、家賃を6万円として、6万円×6戸×12=432万円の年間収入を見込むことができます。
これを初期投資の3000万円で割ると、14.4%の利回りということになるわけです。つまり、3000万円投資して、14.4%の利息が付いたという計算結果ということなのです。

しかし、この計算が成り立つためには、3000万円の元本が目減りしないという大前提が必要であるのです。ところが、建物は年を追うごとに減価償却されます。ここでその償却率と同様かそれ以上の土地の価格の上昇があれば元本は維持されたとみなすことができるのですが、まだ土地も下落傾向。つまり、土地建物の価値は年々減少していることになります。
もうここで元本割れしているわけですから、「利回り」という単純計算はできないことになります。
そこで、建物の減価償却と土地の下落率・将来的な空室による収入減・修理費・借入があればその返済金などをディスカウントして収益率を計算するわけです。
この方式で計算すると、平均利回りは先程の利回りの半分以下となるのです。

単純にアパートは儲かるとは言えないのが現状なのです。
さて、この方式と似たような考え方で原発が作る電気の値段を考えてみましょう。

原発が作る電気の値段はいくらなのか?よく議論されますが、どうもほとんどランニングコストに対する電気の値段のような気がしてなりません。原発に要する費用の中に、もし、今回の福島のような被害が出た場合の賠償額や核廃棄物の処理費用などを、発電のためにかかる費用に加えると、恐らく原発の電気の値段はダントツで一番高になると思います。
数字って、その基になるものを何にするかで大きく変わります。私たちはこのような数字にけっこう騙されて生きているのではないかと思います。

怖いね、数字って。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です  
a0158797_23494762.jpg

本日もたくさんのコメントをいただきました。
さすがにこれだけ多くのコメントをいただくと、全てにお返事を出すのは難しいものです。

a0158797_23532535.jpg
右手前方に奥尻島が見える。

函館にもやっと夏がやって来ました。
海の輝きも心なしかきらめきが強くなっている気がします。
北海道の短い夏。

a0158797_23561174.jpg


私が函館に戻る時に、自分に対してある決め事をしました。

函館で自分の身に起こる全てのことを受け止めて、死ぬまで暮らそう。

これは個人的な想いです。他の方も同じであれとは決して言いません。
それぞれにとっての函館があることでしょう。



今年も函館に夏がやってきました。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です  
a0158797_23211889.jpg

帰宅したらたくさんのコメントがあり、ビックリしました。
ありがとうございます。

a0158797_23223252.jpg

明日朝が早いため、もう寝なければならず、お返事は明日させていただきます。

a0158797_23241377.jpg

この前は1年前でのものを取り上げましたが、今回は2年前の今頃の季節の写真です。
このあたりから、切り取り方が変わってきたように思えます。
構図を考えるようになった頃だと思います。

a0158797_23264018.jpg

この写真、2011年の大震災後にまちセンで無料配布したポストカードの一部の写真で、お持ち帰り数がかなり多かったものです。

では、明日また。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です  
a0158797_23444810.jpg

ここ何日間か、疲労困憊気味で、そんな時はあまりいいことも起こらず、
気が滅入ってしまいがちだった。

だが、捨てる神あれば拾う神あり。
本日、ややこしい内容の契約が無事終了したら、今日の青空のような素敵なことが起きた。

色々あるのだが、その中のひとつに、かねてより函館に移住を希望していた方が、
8月に移住のために東京より来函することになったとの知らせがあった。
そしてもう一人、高校時代の同級生も8月に函館にやって来る。こちらはカナダからだ。

二人とも女性だ。
きっと彼女達は、ささやかではあるかもしれないが、
爽やかな風を吹かしてくれるだろう。

函館にはそのような人たちが必要だ。
おおげさなことではない。
彼女達が自分のやりたいことを函館でやれば、きっと何かが起きるだろう。

昨日までは、こんな文章など書く気になれなかった。
この変化のきっかけになったのは、疲労の色がはっきりと顔に出ていた私に
母がくれたドリンク剤を今朝飲んだことなのではないかと思った。
いくつになっても、やはり母から見ると私は子供なのか(笑)

私は素敵な女性たちに囲まれて生きている。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です  
a0158797_23322180.jpg

a0158797_23331883.jpg

a0158797_2333543.jpg
a0158797_23354578.jpg

a0158797_23361592.jpg



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です  
a0158797_23351635.jpg

昨日、過去の取材写真を掲載したが、そういえば1年前はどんな写真を撮っていたのだろうかと気になり調べてみた。撮ったものとしては、今年撮っても変わらないものばかりであった。

a0158797_23404317.jpg

a0158797_23412368.jpg

ご覧のように、きれいなものシリーズでも何か今年と違うような気がする。まぁ、たった1年といえども好みや撮り方、被写体が変わるのだと改めて思った。

a0158797_23435574.jpg

これは個展で展示したもので、終了後Pazar Bazar さんへお渡しした。店舗を撮って展示したものはそのお店に「お返し」した。外観なので問題ではないと思うが、何となく撮らせていただいたという気持ちが強く、差し上げることにした。
同じように「ル・コントワール」にも差し上げた。

a0158797_23492143.jpg

この像、「青・海・テティス」が私は好きだ。女性が持つ柔らかい暖かさを感じ、なぜかほっとする。この写真を撮った1年後、つまり今月、像の作者、小寺真知子さんが亡くなられた。まだ62歳という若さだったそうだ。故郷に素敵な作品をたくさん作っていただき、ありがとうございました。
ご冥福を祈ります。

a0158797_013555.jpg

元町を歩いていた白人女性。HIFが近くにあるせいか、昔よりも船員以外の外国人をたくさん見かけるようになった気がする。

a0158797_034283.jpg

a0158797_041687.jpg

大町。このような被写体は今後も変わらず撮っていくことだろう。撮り方などは変わっても、原点は変わらないと思う。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です  
a0158797_0124145.jpg
濱田啓塑作品。

本日は、主にハコダテ150+の記事取材で撮影して、本ブログでは初めてとなる写真をご紹介します。お店やアート作品など、取材では普段の写真とは違った意味で真剣に撮ったものが多く、それゆえに気に入っているものも多数あります。

a0158797_0174336.jpg
弥生町・おやつ工房。

a0158797_0185337.jpg
sayuriさんのキャンドル。

a0158797_0231423.jpg
3人陶器展。

a0158797_026177.jpg
さえる写真展。観ているのはご本人。要はやらせでした(笑)

a0158797_0285126.jpg
道南美術 at ギャラリーみかづき。

a0158797_0305198.jpg
喫茶モーリ。

a0158797_0322961.jpg
谷目基さんと函館港。

a0158797_0343291.jpg
グラーノ・エ・アックア。

a0158797_042057.jpg
3.11ハートプロジェクト。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です  
a0158797_0292712.jpg
弥生町と船見町の町界の道路。

よく前向きな人は好感を持たれる。それは素晴しいと単純に思う。しかし、天性の天邪鬼である私は、ちょっと違う目で見てしまう。
だいたい「前向き」とはどこの「向き」なのだろうか?その本人ないし見ている者からすると、一般的には「途中でめげたり挫折したりせず、自分の思っている方向へ向かっている」人の姿勢を指すのだろうが、そういう意味では私もいつもこんな天邪鬼なことを書き続けて、時折炎上してしまってもブログを続けているのだから前向きな人間である。

だが、自分ではそう思っていない。また、時折後ろ向き発言が多いと指摘を受けることがある。しかし、自分が最も大切にしたいのは、物事をどの方向に動かせたいと思っているかだ。その方向に向かっていれば、ポジティブであってもネガティブであっても、それは単なる個人の性格の問題で、大きな違いはないと考えている。

似たような意味のパターンの例をあげると、バブルの頃、流行した言葉に「ネアカ」と「ネクラ」があった。当時は誰もが金を潤沢に持ち、どこでも大金が飛び交っていた。人々は浮かれて素顔を絶やさなかった。金を手にすることができた人は「ネアカ」に振舞っていた。
だが、それはバブル崩壊という方向への「ネアカ」だった。バブルに浮かれず、「こんな馬鹿げたことが長く続くわけがない」と地味に構えていた者は、浮かれていた者から見ると「ネクラ」であっただろう。しかし、結果的に「ネクラ」はバブル崩壊の痛手を最小限にとどめることができた。

その一番わかりやすい例が、今や道内一の銀行となった北洋銀行であろう。(行員がネクラだと言っているわけではありませんよ。個人的には北洋銀行員は好きな方が多いです)バブル最盛期でも、北洋銀行(当時の北洋相互銀行)は地味であった。当時の北海道相互銀行(旧札幌銀行)の方が派手であったようなイメージがあった。
結局バブルの頃、明るく浮かれた人は破滅の方向に「ネアカ」に向かっていたのだった。

人は、その人の持つオーラに惑われやすい。いわゆる「前向き」であれば内容はともかく何となく良く見えてしまう。逆に、いわゆる「後ろ向き」であれば何となく鬱陶しく見えてしまう。

ただそれだけだ。

違う見方をしてみよう。いわゆる「前向き」と思われている人は、いわゆる「前向き」でいなければ自我を保つことのできない性質の人なのだ。同じように、いわゆる「後ろ向き」と思われている人は、いわゆる「後ろ向き」でいなければ自我を保つことができない性質の人なのだ。

このことに気が付かなければ、世の中全体のムードが沈滞した時に、誰か「前向き」と思われる強いカリスマ性を持った者が登場すると、第二のヒトラーを産み出してしまうかもしれない。
ヒトラーだって、当時のドイツ社会においては、自国の威厳とプライドを「前向き」に作り出そうとした人物だと思われていたのかもしれない。

さて、私はどっち向きなのかというと、「両方向き」でありたいと思っている。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です  
a0158797_9302957.jpg

また、ブログを休んでしまった。最近仕事が詰って、夜PCに向かっているうちに眠くなるというよりも起きていられなくなり、やむなく寝てしまうことが多くなった。昨日も先日行われたハコトリ(函館トリエンナーレ)の会議で討議された事項の記事をアップしているうちに「暴力的な眠さ」に耐え切れなくなり寝てしまった(笑)

a0158797_9405491.jpg
ハコトリ会議の模様。

さて、話は変わり、4月からずっと頭を悩まされていたことがあった。通信回線だ。PCで記事や写真をアップロード・ダウンロードなどをしていると、回線が切断され、通信ができない状態になってしまうことが頻繁にあった。
一旦切断されてしばらくすると回復し、やれやれとページを開いたりアップロードをやり直したりしているうちにまた切断されたり、という繰り返しがしばらく続いていた。

最初通信契約している会社の通信上のトラブルかと思い、メールで問い合わせてみたが、モデムの問題なのかPC接続の問題なのかという返答があり、その質問項目が多過ぎて返答せずにいたら、そのうち、固定電話のナンバーディスプレイが表示されていないことに気付いた。
我家はADSLを使用しているため、電話回線の異常はPC回線の異常に繋がる。電話での会話も雑音がひどく盗聴でもされているのではと思うくらいのものだった。

そこでNTTに電話し、休日の今日確認にきてもらうことになったのだが、何とアパートに接続されている外部の線を違う電線に繋ぎ直したらあっという間に回復したのだった。つまり、今まで繋がっていた線が劣化していたのでないかということだった。
困ったものだ。そのために2か月以上も、普通なら30分で終わるPC作業が2時間以上もかかっていたのがたったの10分程度で終わってしまった。

やれやれだ。

話は変わるが、昨日コンビニで買物をした時のことだ。商品を持ってレジに向かうと、若い女性が順番を待っていた。私は彼女の後ろに付いて順番を待つことになったのだが、なぜか気が付くと普段よりも前の人との距離が近づいていた。だが、それが自然に思えた。
断っておくが、その女性が美人で魅力的であったため口説きたい衝動にかられたわけではない。だいたい後姿しかわからなかったし、自分では普通に並んでいるつもりだった。

後から考えたのだが、その女性は「近づきたい人」であったのではないかと思った。色々な人と接すると、別に嫌いでも何でもなく、好ましい人だと自覚している人でも、会話する時に自然と距離を置いてしまう人がいる。それは相手の問題ではない。自分が感じる距離の問題だ。
違う言葉で言うと、「におい」なのかもしれない。

特別な理由もないが、何となく近づきたいと思う人と、同じく特別な理由もなく距離を置きたい人がいる。これは異性同性関係ないことだと思う。昨日の女性は近づきたい人であったのかもしれない。そう考えた時、どれだけ自分に「本当は近づきたい」のに近づいていない人がいるものか、と思いを巡らしてみてしまう。
それを理性と呼ぶのか、大人だからと言うのか、または、不正直と呼ぶのかはわからないが、ともかく夏が近づいているはずなのに、なかなか暖かくならない気候と同様に、自分も暖かくはなっていないこの頃であった。

ちなみにその女性は店を出ると、冒頭の写真のように若い男性と腕を組んで歩いて行った。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です  
a0158797_0484479.jpg

本日は、昨年撮影したフィルム写真の中で、未投稿のものをご紹介します。と言っても、他のサイトで使用したものもあるので、本ブログでは初投稿というだけです。

a0158797_0453136.jpg

a0158797_046467.jpg

a0158797_0495918.jpg
a0158797_050307.jpg

こうやって見ると、フィルム写真もやっぱりいいな、と思う。フィルムとデジタル、両方首からぶら下げて撮りに行くか(笑)

a0158797_0524877.jpg



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です