<   2013年 12月 ( 41 )   > この月の画像一覧

a0158797_12362272.jpg

予定としては、違うことを書こうとしていた。PCに向かってさぁ書こうとしていた時に、テレビから大瀧詠一さんが亡くなったとのニュースが流れてきた。

えっ?そんなに歳をとっていないはずなのに、と驚いた。その後の情報から、解離性動脈瘤が原因だということらしいのがわかった。

あまりに唐突で、今は何も言えない。



吉田美奈子や他の歌手が歌い、ヒットしたこの曲、大瀧さんが作った曲なのだのが、大瀧さんはもう夢でしか会えない人になってしまった。

a0158797_13232411.jpg

ある程度の年齢の人であれば、誰でも大瀧詠一さんの曲を聴いたことがあり、また、人によってそれぞれの思い出もあるだろう。ツイッターでは各々の思いがつぶやかれていた。
だが、facebookは静かだった。



私はしばらくYou Tubeの彼のメドレーを流し続けた。今もずっと流している。
彼の功績については、あまりに大き過ぎて改めて書く気にはなれない。

はかない.......。

a0158797_13513816.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_302092.jpg

a0158797_305815.jpg

a0158797_311713.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_1251159.jpg

年末年始休暇が始まりました。

この休みは、ハコダテを探しに行きたいと思います。






いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_0254739.jpg

a0158797_0261956.jpg



いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_225556100.jpg

9月もそうだったが、10月は人の写真ばかりだ。それもミュージシャンが多い。

a0158797_22592917.jpg

a0158797_22595119.jpg

そんな方々と知り合い、写真を撮らせていただくことは大変幸せなことだ。そう簡単に撮影できる機会のない方の写真も撮らせていただく、これはカメラマン冥利につきる。

だが、作品作りのために、イメージに合いそうな女性に写真を撮らせてください、と言ってもやんわりと避けられる場合が多い(笑)まぁ、スケベそうなオヤジだと思われているからなのかもしれないし、人間として嫌われているのかもしれないので、きっとそれは自業自得なのだと思うが、そのため「冬・アート」の写真の素材はまだ揃っていない。

仕方ない、もう少し頑張ってみて、だめなら作品を根本から変えるか、冬・アートを諦めるしかない。それは、全て自分のせいなのだから。

a0158797_2312294.jpg

ひょっとしたら、2年前に自販機でダイドーの缶コーヒーで当たりが出て、もう一本もらえた時に、私の一生の運を使い果たしたのではないかと思う。それ以降哀しい出来事が続いている。
今回の写真に当時用したような素敵な方々にも多く出会った反面、こちらの気が滅入ることを平気でさらりとやってのける人たちとも多く出会った。

きっと本人は気が付かずにいるだろう。また、間違ったことはしていないと思い込んでいるだろう。facebookで名指しで、あるいは個人を特定できるような内容でコメントをする人がいる。それが私の場合もある。
私は、ネット上でブログやSNSを始めた時、決して個人を特定した非難などはしないように決めた。それはもうすぐブログを初めて4年になるが、変わらず自分への約束として守っているつもりだ。(著名人やニュースになるような重大な事件を起こした人物はさすがに実名を挙げることもあるが)それが最低限のマナーだと思っている。


a0158797_23352035.jpg

だから私はそのようなことがあってもいつも沈黙している。

a0158797_233863.jpg

a0158797_23383238.jpg

facebookはくだらないことしか投稿しないように決めた。

a0158797_105013.jpg

1年を振り返ると、楽しいことと哀しいことは半々だった。
夜深くなると、自宅で酒を飲むことが多くなった。今夜も飲んだ。

a0158797_15982.jpg

街は相変わらずの上っ面の快楽で溢れている。
私は、酒を飲み、Tom Waits を聴いている。



そして、1年を振り返ると、少しだけ涙が出る。

a0158797_1114748.jpg






いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_1281515.jpg

先日のクリスマスパーティーの模様をお送りします。
副題のように女性が圧倒的に多い会でした。

a0158797_1293588.jpg

で、どのくらい多かったかと申しますと。

a0158797_053118.jpg

はい、この数です。

もちろん中には男性もいました。

a0158797_1344971.jpg

a0158797_1351156.jpg

でも、やっぱり。

大いに盛り上がるのは女性の方でした。

a0158797_1363261.jpg

でも男女のグループもありました。

a0158797_1372463.jpg

でも、やはり「ハレルヤ」をやられると、女性の歌声が圧巻です。

a0158797_139663.jpg

a0158797_1394329.jpg

女性たちは楽しそうです。

で、数少ない男性軍は。

a0158797_1411863.jpg

こんなことをさせられました。

または、

a0158797_142057.jpg

こんな感じでした。

ちゃんと補正しろよと要請されたので、ソフトフォーカスを多用しました、はい。




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_2265451.jpg

昨日は、クリスマスイヴ。みなさんもそれぞれの夜を楽しんだと思いますが、私は某所で、よくもまぁイヴだというのにこんなに集まるものだ(もちろん、私のそのひとりだから偉そうには言えないが)、というくらい色々な人が集まる場所でイヴを迎えました。

そのパーティーのなかで、プレゼント交換会があり、何と私は〇〇〇〇〇〇での〇〇〇〇〇〇が当たりました。社長、ありがとうございました!もう、天にでも昇るではなく、空を飛ぶような思いです(笑)
そのプレゼントのことはいずれこのブログでお知らせできると思います。

a0158797_22185343.jpg

さて、そんな昨日の日中、蔦屋書店に初めて行ってまいりました。開店してから約3週間後という、真性のひねくれ者である自分らしい初蔦屋であったのですが、元来、「寄ってたかる」状態が嫌いなもので、例えば男からチヤホヤされる女には関心を持てなかったり、facebookで「いいね」をたくさんもらっている人には「いいね」を送ろうとは思わなかったり、まぁそんな性格ですので、蔦屋書店へ行くのもほとぼりが覚めた頃に行こうと最初から思っていました。

余談ですが、facebookで「いいね」を送ろうと思うのは、いいことを書いているのに、あるいは地道に頑張っているのに「いいね」が少ない人に贈るようにしています。

a0158797_22324820.jpg

前置きがかなり長くなりましたが、そんなわけで蔦屋書店に行ったわけですが、感想を簡単に言うと、「イオンの書店版」のようだな、ということです。

どういうことかと申しますと、イオンのような総合スーパーマーケットのようなお店の入り方で(例えばコンビニがあったり、コーヒーショップがあったり、花屋さんがあったり)、それはそれで面白いのかもしれませんが、肝心の本は・・・・・種類が少なく、大型書店の特色のひとつは、1年かけても売れるかどうかわからないようなマニアックな専門書が在庫としてあるのが、人を惹きつける要素であるはずなのですが、その専門書がとても少なく、そのようなマニアックな本は、やっぱりアマゾンか札幌の大型書店に行かなければならないのかと思ってしまいました。

つまり、例えばイオンではとりあえず日常的に必要なものはおおかた揃うのですが、電動工具を買いたいと思えばやっぱりホームセンターに行かなければならないように、カメラの消耗品や付属品などを買うためにはカメラ屋さんか家電販売店に行かなければならないように、専門的なものを欲したらここでは揃わない、そんな印象を受けた次第です。

実際、広い店内でありながら、書物の陳列スペースはその半分まで行くかどうか程度のもので、その面積であればマニアック(より専門的)な書物を置くのは難しいかもしれません。そのためか、ジャンルを絞って専門性の高い本を陳列したのかもしれません。私が長く色々見たのは、「哲学・思想」というコーナーでしたが、例えば心理学関連の書物はほとんど皆無に近い(ないわけではありませんが、まぁ、とりあえずちょっと揃えました程度の冊数でした)にも拘らず、「性」に関する書物は、こんなに色々な本があったのか、とびっくりするようなマニアックな書物が多く並んでいました。

もちろん、性もきちんと考えなければならないジャンルのひとつで、それをスルーして人を解き明かすのは「臭い物には蓋」したただけのいい加減なものであるので、性に関しての書物がこれだけあるのは称賛すべきことなのですが、肝心の心理学はどこへ??????

蔦屋書店のコンセプトがよくわかりません。
一応、HPを見ると、「文化の発信基地」という場所にしたいとのことですが、(これは私の考えですが)文化として具象化するのは、目に見えるものよりももっと深い専門的なことを学んだ人が、その分野のことを発信した結果、一般の人々にわかりやすいようになった時だと思うのです。
ということは、文化の発信基地にするためには、できるだけマニアックなものを取り揃える必要があるはずなのですが、残念ながらそのようなものは見受けられませんでした。

正直言って、大型書店というより、エンタティメントの場所。家族が長い時間それぞれの好きな事を楽しむことができる場所、そんな風に思いました。だから、最初にイオンの書店版と言ったのです。

a0158797_23313626.jpg

それでもやはり書物の数は少なくありません。初めて行った者にとっては、慣れないせいもありますが、どこにどんな本があるのかを探すのが大変でした。まあ、これは何度か行けば解決できるかもしれませんが、それでも本を探すのはやはり大変です。
一応、タッチパネル方式の検索タブレットのようなものがあるのですが、結果として出てくるのは在庫の有無だけでした。で、その本はどこのコーナーにあるの?という問題の解決にはなりませんでした。
その点、札幌を中心として展開している「コーチャンフォー」では、同じくタッチパネル式の検索を行うと、棚番号と店内地図でその書物の位置を細かく示してくれます。それによってスムーズに自分が探している本の場所に辿り着けるのです。
また、書物の専門性も様々な分野で納得できるほどの数があり、はっきり言って、書店としてはコーチャンフォーの方が優れていると言わざるを得ません。

ところで、そのコーチャンフォーを経営している「株式会社リラィアブル」は、以前蔦屋書店のフランチャイズを釧路で展開していた会社なのですが、弟子が本家を超えているとでも言いましょうか、コーチャンフォーが自らを「名実ともに全国最大の複合店」と豪語しているのも納得できる次第です。

でも、このように比較してしまうのも、オープン前に、市民が色々騒ぎ過ぎた、ということもあるのかもしれません。facebookやメディアなどで「期待」が膨らみ、それを受け取った私も、札幌にあるような大規模な書店を連想してしまい比較してしまった。そのように考えることもできます。

そのような「騒ぎ」もなく、何か新しい書店ができたから行ってみた、という経緯であれば、そのエンタティメントをそれなりに楽しむことができたのかもしれません。
まぁ、今回は限られた時間の中で慌ただしく店内をウロウロしただけですので、また時間がある時にゆっくり行ったら違う感想を持つかもしれません。

ともかく、初めての蔦屋書店の感想はこのようなものでした。



いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_1325430.jpg

1970年代のアメリカには、若くして亡くなり伝説となったミュージシャンがたくさんいる。
ジャニス・ジョブリン、ジミ・ヘンドリックスなどが有名だが、もう一人忘れてならないミュージシャンがいる。

デュアン・オールマンだ。
彼はエリック・クラプトンの超名曲「Layla」の録音に参加し、後半のインストゥルメンタルの部分でボトルネックギターを弾き、Laylaをより哀愁のある曲に彩る役目を果たした。
彼がいなければLaylaはこれほどまでに哀しく美しい曲になっていなかったかもしれない。
そのLaylaを聴いてみよう。



彼がリーダーとして活動していたオールマン・ブラザーズ・バンドは私たちの世代の音楽好きに大きな影響を与えた。基本はブルースバンドなのだが、ジャズもカントリーやっていた。とにかくギターを弾いていた者からすると、「カッコイイ」の一言だった。そして、ギターにはメロディーがあった。

a0158797_27281.jpg


だが、彼もまた、交通事故で25歳という若さで亡くなった。
本当にどうして私たちに影響を与えたミュージシャンは早死にするのか。
メロウで素敵なギターの音色があれば歌は要らない。私たちの若い頃の音楽はそうだった。

Allman Brothers Band 「in memory of elizabeth reed 」



a0158797_2174299.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_23461440.jpg

クリスマスイヴまであと2日だというのに、どうもそんな気分にならない。
ここ何年かでは珍しく街に雪が積もっていないせいか、それとも自分自身の問題なのかわからないけれど、全然クリスマスがやって来るという気分になっていない自分を感じました。

そこで、今夜西部地区を車で走り回り、イルミネーションが輝いている所を撮影してまいりました。駆け足の手持ち撮影だったため(つまり三脚を使用しなかったため)、画像は多少雑ですが、ご覧になってください。

最初は大正湯です。この銭湯、その名の通りに大正時代に建てられたものです。

a0158797_23535516.jpg

a0158797_23542449.jpg

元町公園

a0158797_23565132.jpg

元町カトリック教会

a0158797_23572896.jpg

末広町・某宅

a0158797_23581295.jpg

ラ・コンチャ

以前のような、個人宅の派手なイルミネーションは影を潜めました。それはそれでいいと思いますが、お店や商業施設はもう少し飾ってもいいのではないかと思いました。それほど探すのが大変でした。
だからクリスマス気分にならないのかな?




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_22225169.jpg

9月はけっこう人を撮ったように思う。また、夜の風景が多かったように思う。

a0158797_22263775.jpg

a0158797_22271116.jpg

a0158797_22284088.jpg

そうそう、バルもありましたね。

a0158797_22275020.jpg

未来大に初めて行ったのもこの月でした。

a0158797_22295684.jpg

で、結局は夜の写真。

a0158797_22304377.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ