<   2014年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

a0158797_22555890.jpg

えー、昨日より「はこだてクリスマスファンタジー」が開催されています。
今年は新幹線の色をイメージして緑色だとか。

写真は、実は3年前のもので・・・・、緑だとこんなイメージかなということで掲載したのですが、昨日今日はまだ行っておりません。今はちょっと体調を整えるのが先かな、ということで、仕事の後はおとなしく家にいることにしています。

そのうち今年のものをご紹介するかもしれません。
その時はよろしくお願いします。


いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_22453929.jpg

今日は、夕方から熱が上がり、帰宅後はずっとはんてんを着てストーブの前で体を温めていました。

風邪が流行っているようなので、皆様もどうぞお気を付け下さい。

ということで、Good night,Sleep tight(笑)






いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_2311329.jpg

奥入瀬。

a0158797_2322414.jpg

私の写真について、昔の方が良かったという方がいる。今日、昔の写真を探す理由があって、過去の写真を見たのだが、自分で言うのも何だが、情感がある写真が多いように思えた。

a0158797_2351989.jpg

きっと(たぶん)今でもそのような写真は撮れるかもしれない、と思う。だが、本人としては撮りたくないのだ。

a0158797_237369.jpg

なぜなら、それは自分をコピーしているという念に襲われるからだ。「何だ、また同じような写真を撮りやがって」と、自分が自分にあきれる。

a0158797_23102287.jpg

自分の撮りたい写真が撮れない。それはけっこう苦しい。だからと言って、簡単に自分に妥協はできない。

a0158797_23125261.jpg

本当に困った性格であるが仕方ない。新しい何かが自ら発するまでは苦しむしかない、そう思っています。




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_232409.jpg

今月初め、青森に行ってきたが、私は青森のインフラ整備という言葉より適切な言葉である「街は立派になった」という表現の感想を持ってしまった。

そして、文化についても積極的にそれを収納する器を持っているのだな感心した。
いたるところで函館とレベルが違う。

でもどうしてこんなに違うのだろうか?
青森にいた時は、ただその驚きでいっぱいだったが、函館に戻ってからしばし考えてみると、やっぱり原発マネーなのか?そんな疑問が湧いた。

青森県には、原子燃料サイクル施設、使用済み燃料中間貯蔵施設、東通原子力発電所、大間原子力発電所が存在する核の貯蔵庫に近い機能を持つ。
そのためなのか、平成19年度までに交付された青森県への(該当する市町村への直接交付とは別)電源立地地域対策交付金と源立地地域対策費補助金を合わせると、340億円にも上る。

このおかげで「立派な」道路や橋やビルや美術館や観光センターができたのだろうか?
わからない。特に文化関係はそうではないと思いたい。

しかし、あまり恩恵の受けていない弘前市は素朴そのものだった。それが街として良かった。

a0158797_23301389.jpg

以前何度も走った新潟県柏崎市は、その衰退がかった街全体の雰囲気とは不釣り合いな「立派な」建物が随所にあった。

今は、ちょっと溜息が出る。




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_23304660.jpg

本日は久々に詩を書きあげてご紹介しようと思いましたが、最後のまとめまで至らず、後日披露させていただきたいと思います。

これから文章を書くリハビリを行っていきたい。そう試みています。

a0158797_23332450.jpg

a0158797_23335482.jpg

a0158797_23342051.jpg

a0158797_2334507.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_031729.jpg

Taxi Driver 

ある程度の年齢以上であれば、この映画をご覧になった方は多いだろう。私は同じ映画を映画館で何度も観ることはあまりないが、この映画は3度観た。

ご覧になった方はこのシーンを強烈に覚えているだろう。


また、この音楽も心にずしんと残った。



a0158797_032821.jpg

主人公のトラヴィス(ロバート・デ・ニーロ)はベトナム戦争から帰還した元兵士だった。多く帰還兵の精神が病んでいたように、トラヴィスも薬(麻薬ではない)漬けの毎日の中、Taxi Driverとしてニューヨークの夜の街を走っていたが、売春組織に入れられている若い女の子が属する底辺の社会と大統領選挙事務所で知り合ったハイソな女性との対比の中、大統領候補の殺害を企てるが失敗に終わり、その正反対の若い女の子を救うために組織と戦った。


私たちの中で、トラヴィスの立場にあるという方は多いのではないだろうか?
少なくとも私は、選挙はいつもトラヴィスの立場で考えている。


いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_23153598.jpg

今、自分に最も必要なのはそれであると信じて暮らしています。

a0158797_23164868.jpg

多くを望んではいけない。怒ってもいけない。極端に喜んでもいけない。

a0158797_032346.jpg

君は好きだけれど愛してはいけない。でも裏切ってもいけない。ただ、穏やかに、時には何も語らず。

a0158797_05183.jpg

でも、そう思ってしまうくらい、この世には哀しみが溢れている。

あと1か月でクリスマス。

心からHappyと言うために、静かに眠ることにしよう。



いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_22344132.jpg

a0158797_22351455.jpg

a0158797_22354365.jpg

a0158797_22361463.jpg

a0158797_22363488.jpg

a0158797_22365748.jpg

弥生町・みかづき工房にて。ここはモノクロームがよく似合う。



いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_22435691.jpg

約1週間ほど前、大町にある旧松橋商店(明治35年築)の復元工事完了後の一般公開が行われ、訪れてみた。
上の写真を見るだけでは、出来上がってしまったものなので、どのような状態から復元されたのか分からないだろう。そこでたまたま撮った昨年6月の同じ建物の写真をご紹介しよう。

a0158797_22552626.jpg

これでおわかりかと思うが、すっぽりと「昭和の壁」で覆い隠されていたのだった。その壁を剥して復元したのわけだが、この写真は昨年私がシリーズとして掲載していた「函館古建築物地図」の調査時に撮影したものだが、その時点では明治の建物であるとは知らなかった。だが、全体の造りから大正以前の建物ではないかという気がしていた。それは屋根の高さからだった。昭和初期になるとこのような天井高をとる建物は少なくなっていたからだ。その後ある方から、この建物についての話を聞き、また、その方が内覧した際の内部の写真を拝見して、やはりと思ったと同時に、函館の奥の深さを改めて思い知った。

そして、利用者がいなければ解体もやむなしと所有者が考えていた頃、市内の有志たちが復元して再活用されるものにしようと立ち上がったのだった。


a0158797_22572472.jpg

土蔵入口のスペースはご覧のようなものとなっている。
一見一棟の建物に見えるこの建物、実は三棟の建物を「昭和の壁」で外側をつなぎ、一棟のようにして使っていたのだった。

このスペースから奥に向かうとこんな扉がある。

a0158797_2312118.jpg

そして、本来の建物と「昭和の壁」の間に作られた通路に向かう。

a0158797_21131885.jpg

写真右側の壁が元々の建物部分だ。そして二棟目と三棟目の建物の間のスペースが下の写真だ。

a0158797_23162861.jpg

そう、三棟目も蔵になっていたのだ。
しかし、先ほど本来の建物と述べた部分も、明治のものかと言ったら正直よくわからない。けっこう増築・改築を繰り返しているようにも見える。

a0158797_2329328.jpg

ともかく、時代の変化とともに、最初の建物を活かしながら姿形を変えている建物があったのだということが認識できた。昨年連載した「函館古建築物地図」で推定した古建築物も、一皮剥すとこのような建物になっているのではないかと思われるものが数多くあった。

a0158797_23332859.jpg

再び道路側の土蔵部分の写真を。

a0158797_23343084.jpg

a0158797_23345146.jpg

なお、この復元工事を実行した方々は、この建物を店舗・事務所等として利用する方を募集している。



いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_2254741.jpg

さて、長らくお伝えした青森・弘前シリーズも今回が最後としたい。
最後にお伝えするのは、西茂森という町にある禅林街という寺院が密集している地区だ。歴史ある本州の街では寺町がそれなりにある。私が住んだことがある上越市でも、高田地区に寺町があり寺院がずっと並んで存在していた。
しかし、弘前の禅林街は全ての寺院が曹洞宗であるということだ。これは全国でも類を見ないものだという。

a0158797_2312953.jpg

a0158797_2315529.jpg

ゆっくりと院内を拝観したい気持ちもあったのだが、弘前滞在の残り時間と、それまでひたすら歩いた疲労で、何枚か写真を撮っただけに終わった。

a0158797_2341443.jpg

今度弘前に来たら、今回通った場所で気になった所をピンポイントでゆっくり訪れてみたい。それくらい時間をかけてみてもいい街だと思った。

a0158797_237058.jpg

禅林街の最も奥にある長勝寺の山門。

そして、最勝院五重塔。

a0158797_23112122.jpg

a0158797_23114988.jpg

後でわかったのだが、国指定の重要文化財は函館よりも弘前の方が数が多かった。




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ