<   2015年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

a0158797_22153094.jpg

先日、東京で働く知人から定年退職の知らせがメールであった。

3歳年上の方だから、冷静に考えるとそんな場面になるのは、時間の問題だったのだけれど、実際にそれを告げられると、そうか、やはり時間というものは人の思いとは関係なく経ってしまうものだと改めて思い知らされた。

その方は退職後も自分が生きてきた分野の中で、別のフィールドで活躍されるようだ。凄いことだと思う。
退職後に何をするか、できるか、それはその人の人生の軌跡が確かなものだったかどうかが形となって出てしまうものだと思った。

私はどうなのだろうか?正直言って自信を持って言えることはない。
毎日の仕事の忙しさに先を見失ってはいけない。誰にだってその時は来るのだ。

その方にはまだ返事をしていない。
「長い間お疲れ様でした」とオーソドックスにメールを送るのが妥当だと思うのだが、何か言葉も添えたくて仕方ない。でもその言葉が出てこないためにまだお返事をしていない。

ある意味人生の区切りなのだろうが、人生はまだ続く。新たなものに向かっていく方に向ける言葉とは?自分が迷わずに言える言葉が見つかったら、メールを送ろう。




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_23405315.jpg

休日であった本日、いつもの休日のように朝はのんびりするため、最初の食事はブランチとなった。その前に用があり某コンビニに行った際、気になるパンを見つけた。

「パイ包みきのこシチューパン」

これは食べてみなければ・・・。しかし、それはたったの128円であった。その中にシチューが?
いや、大きな期待を持つのはやめよう。今までレストランなどで食べたものを想像するのはやめよう。そんな風になっているはずがない。たとえ入っていてもほんの僅かだろう。

そう思いながらも、帰宅してからオーブンレンジでパンをこんがり焼きあげた時、テーブルにはちゃんとスプーンを用意していたのであった。そりぁ、シチューを食べるためにはやっぱりスプーンでしょう。

オーブントースターからはシチューっぽい香りがして来る。パンを皿に移して、上部のパイ部分にスプーンを差し込む。パイがパリパリと裂けて行く。スプーンをパンの半分くらいまでを掬って中身を取り出すが、シチューぽいものは顔を出さない。
とりあえず、スプーンで取り出した部分を口の中に入れる。うん?ちょっとシチューの風味のする普通のパンだ。えっ、まさか。私は次にスプーンをパンの底までグサッと差した。

が、何も出現しなかった・・・・・・。パンの断面には所々粒のようなちょっと黒っぽいものが混じっているだけであった。つまり・・・・・・中にはシチューなるものは存在せず、したがって、スプーンを用意する必要は全くなかったということになる。

128円だからね。そうだよな、中にシチューがちゃんと入っているなんてありえないよね。そんな風に自分を慰めるのであった。


さて、夜はカキフライカレーにした。自分としては初めて食べた種類のものだった。それも自宅でである。
カキフライとカレー、これは味的には合うはずだ。そう思ってカキフライをトッピングした。
これは予想通り美味しかった。これからの食事のメニューに入るかもしれない。

でも待てよ、これ、どこかで見たことがある。そう思ってネットで調べたら、「CoCo壱番屋」のメニューの中にしっかりあるではないか。しばらくCoCoには行っていないが、昔行った時、私はカキフライカレーを選ばなかった。その理由を、ネットの写真を見て思い出した。

「小さなカキフライがたったの4個しかトッピングされていない」

そうだ、カキフライが4個だけなんてカキ好きの私には許せないのだ。最低でも6個以上食べないとカキを満喫したとは言えない。何度か行ったCoCoで注文しなかった理由をそこで思い出した。

やっぱり自分で満足するものを食べるには、「なければ作れ」か、ちゃんとしたものを食べさせてくれる店に行けってことですよね。
そういう意味で、食というものに改めて感慨深いものを感じた1日であったのです。




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_2315323.jpg

久々に夕陽を撮ろうという気持ちになりました。こんな写真は本当に久しぶり。

a0158797_23163543.jpg

でも、1時間して周りも暗くなった頃、雪が降ってきました。

a0158797_23195215.jpg

気分としては、このまま春になるのかな、というほど暖かい日々が続いたものですから、まだ冬だったということを忘れていた自分に驚きました。

a0158797_23214451.jpg

そう、まだ冬なんですよね。
この頃、心が冷え冷えになりそうでしたからね、やっばりまだ冬なんですよね。
でも君には暖かさを与えたい。それが今自分がやるべきことなんだろうと思う。

a0158797_23255890.jpg

街はひっそりと寒さを息遣せている。




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_2340473.jpg


希望ですか?絶望ですか?

現実ですか?胸の奥に大切にしまっている夢ですか?

愛ですか?憎しみですか?

自分ですか?それとも、見知らぬ人への憧れですか?

言葉ですか?絵ですか?

争いですか?平和ですか?

人への心ですか?自分を写す鏡ですか?

何も見えませんか?

答は海の彼方にあるのでしょうか?



いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_22371631.jpg

縁があって、また小樽に行くことになりました。

a0158797_2238185.jpg

これらの写真は、先日行きぶらぶらと歩いていた時に撮った何でもない風景です。

a0158797_22422313.jpg

あっ、失礼。冒頭の写真は「雪あかりの路」のキャンドルが灯る前の風景でした。

a0158797_22442647.jpg

今度行った時、小樽はどんな日常の顔を見せてくれるのだろうか?

昨年後半から訳あって旅をすることが多くなりました。今年も小樽の他、札幌、青森、仙台への旅を予定しています。休みも多く取れないので、函館からそんなに遠くない所ばかりですが、きっとそこでまた何か感じたことをお伝えできるでしよう。




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_23241292.jpg

今日の日中は暖かい空気を感じさせてくれました。まるでとても軽いコートのように。

a0158797_23262265.jpg

a0158797_2326496.jpg

a0158797_23271356.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_0392623.jpg

僕は何かをしたつもりはないけれど、それで君が傷付いたなら、
きっとそれは僕のせいだろう。

そういうものだ。

a0158797_0402554.jpg

だから、きっと僕はダメな人間なのかもしれない。
それは仕方ない。

そういうものだ。

a0158797_041476.jpg

でも、ぎこちないくても、君に伝わらなくても
僕の気持ちが変わるわけではないんだ。

そして僕はじっと時を待つ






いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_23433736.jpg

旧英国領事館の向かいにあるカフェ。
以前取材した時に撮らせていただいた写真をリメイクしてみた。

a0158797_23453057.jpg

a0158797_23461824.jpg

a0158797_23464160.jpg

一部には、当時に記事や本ブログでご紹介しなかったものもある。

a0158797_2348091.jpg

a0158797_23482438.jpg

a0158797_23492823.jpg

この店は、TUKIさんが高校・短大時代に通い詰めたことで有名だ。函館に来た時にたまに依ることもあるという。

a0158797_23512249.jpg

a0158797_23525616.jpg

a0158797_23545822.jpg

そういえばずっと行っていないな・・・・。




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_23324756.jpg

私の写真を好意的に観てくださる方からよく聞くのが、「人が写っている写真がいい」という言葉だ。
人を撮った時の空気感がいいと言ってくれる。

私も人を撮るのが好きだ。とても好きだ。
人ほど素敵な被写体はない。

a0158797_23384368.jpg

a0158797_2339788.jpg

a0158797_23393329.jpg

顔が写っていなくて、指先などの体の一部でも何かを感じる写真を撮るのも好きだ。

a0158797_2343517.jpg

シルエットでも何かを伝えることができると思っている。

a0158797_23483727.jpg

その人が普段見せない表情を撮れたら、それもまた嬉しい。

a0158797_23504776.jpg

偶然見つけた心に響くシーンを写真におさめることができたら、とても光栄に思える。

a0158797_23533025.jpg

そして今、一番撮りたいと思っているのは、その人の体温や顔を近づけなければ感じないような息遣いや、その人の光と陰、喜びと哀しみ、匂いや空気感などが伝わるポートレートを撮りたい。

それは、その人のことを知り、私がそれを受け入れて写真に記録するという作業ではないかと思う。




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

a0158797_2355854.jpg

ホテルのバスルームにいると、孤独を感じる。

それはベッドの上よりも強く感じる。

時には、爽快な孤独感。時には、閉じ込められたような孤独感。

まるで都会の中で自分の存在すら感じずに埋もれていくような喪失感。

あの子は今頃何をしているだろうか?

もし自分がここにいなかったら何をしていたのだろうか?


誰も答えない。答など聞きたくない。

全てが遮断された世界。

ブルーに絡まってしまうのか、イエローの光を浴びるのか。


それはきっと朝、目覚めてカーテンを開けた時に見えるに違いない。

だからベッドにもぐりこんでただ眠るしかない。

街と自分は何を待っているのだろうか?




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ