<   2015年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

a0158797_23185966.jpg

世間では、昨日のスーパームーンを撮り、FBや恐らくInstragramなちどにアップされている方が多くいらっしゃると思いますが、私はそのようなものには一向に関心を持たずに、マイペースで写真を撮っています。

a0158797_23221637.jpg

基本的に、人が寄ってたかって撮るものはあまり積極的には撮らないのため、「今日スーパームーン」だよと言われても、撮影意欲が湧いてこないのです。

ただし、花火の写真だけは、目標とする写真があるので、きっと来年も。、その次の年も撮ることとなるでしょう。

a0158797_2329459.jpg

はい、これからもきっと、皆さんが大騒ぎをするような写真は撮らないと思います。
本当に自分の日常で感じたことを綴らせていただくことになると思います。

と言いますか、関心を持つ被写体が変わって来ているのだと思います(笑)



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22433544.jpg

昨日の日曜日のル・コントワールは特別営業で、大阪から来ました「チーズ魂」こと、中村慎一さんが世界各地のチーズをふるまってくれました。

中村さんはこんな方です。

a0158797_23131777.jpg

まぁこんなポーズは余興として、主役はチーズですね。

a0158797_23145225.jpg

それらが切り刻まれて皿に並びネ好きなように食べると、これがまた美味しいものです。冒頭の皿の左側上から2番目のチーズは、3000年前から作られているチーズだそうです。

お客さんはほとんどが女性でした。

a0158797_2336528.jpg

はい、私の両隣にも素敵な女性が座り、そういう意味でも楽しい時間を過ごせました。

a0158797_23381544.jpg

そして、ゆっぱり飲み物はワインですね。

a0158797_23404548.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23122028.jpg

3年前に撮影し、公開していなかった写真があった。札幌のキャバレー「札幌クラブハイツ」の写真だ。
このキャバレーは、私が40代後半に時々訪れていたところだった。この店に行くようになったのには自分なりの理由があった。

a0158797_2316269.jpg

歳も40代後半となり、誰か仕事関係で個人的に接待する時、お連れする店のひとつでも持っていなければならないと思ったからだ。
最初は居酒屋か小料理屋で雑談をしながら飲み食いした後、女気のある所にご招待するのは相手が男であれば誰でも悪い気はしない。だが、下品なお店では相手に失礼にあたる。料金が高い所であれば私がもたない(笑)かと言って安過ぎてみすぼらしいお店でも失礼にあたる。

そして、もうひとつ大切なことは、接待する相手に適した女の子を付けてくれるという気が利くお店でなくてはならない。それらの条件が揃っていたのが「札幌クラブハイツ」だった。

a0158797_2326391.jpg

そんな気が利くホステスさんとたまたま出会ったため、私はこの店に行くようになった。いわゆるプロのホステスさんだった。
この店にはプロのホステスさんがけっこういた。ある時、ぶらりと行ったら彼女は休みであったために、他の女性が付いた。それもなぜか二人も。その中の一人はベテランのホステスさんで、何度か同席になったことがあり、プロ中のプロのひとりだと知っていた。もう一人は若い女性だった。初心者マークを胸につけていたように記憶している。

ベテランさんとは何度か顔を合わせているが、私は一度も名刺を渡したことがなかった。基本的に今でもそうだが、このような場所では私は簡単に名刺を渡さないようにしている。当時勤めていた会社は誰でも知っているような企業だったため、そういう企業に勤めているからだ態度が変わったりするのが嫌だったからだ。
単なる一人の中年男性として遊びたかった。だから信用ができると判断するまでは、どのようなお店に行ってもすぐには名刺など渡さなかった。

しかし、そのベテランホステスさんは何度か面識があり、プロだとわかっていたので、改めて挨拶ということで名刺を渡した。すると、その名刺を見た若い女性は、「うわ、会社に電話かけてもいいですか?」と訊いてきた。
私が少し返答に迷っていると、ベテランは「こういう会社に勤めている方の職場に電話をかけてはいけませんよ」と若い女性に柔らかく注意した。さすがプロだと思った。そのようなプロが多数いたから安心して飲めたのだ。

a0158797_23481867.jpg

その後、私は転勤になり、滅多にこの店には行けなくなった。
かなり久しぶりに行ったのは3年前の8月15日だった。いつも指名していた女の子はとっくに退職していた。付いてくれたホステスさんがたまたま私がよく行っていた当時から勤めていた女性だったので話が合い楽しく過ごせた。アフターですすきののジンギスカン店で一緒に食べ、その後別れた。

それが私にとっての札幌クラブハイツの最後だった。
その半年後、日本で最大級のキャバレーは43年の幕を閉じた。

a0158797_00329.jpg

すすきのにはホステスがたくさんいる。すすきのの街を歩いていると、嫌でも見かける。
そんな時、中島みゆきの「アザミ嬢のララバイ」を思い出す。



a0158797_034446.jpg

彼女はどのような目で欲望と落胆と喜びと失意ときれいさと汚さが混在しているすすきのを見ているのだろうか?

そして、偶然にも今年の同じ8月15日、私はすすきのにいた。だが、私が安心して飲みに行けるお店を見つけようとしなかった。もうそうする必要はないのだ。気に入ったバーが1軒あればそれでいい。

3年経って、やっと公開できた。



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23152119.jpg

疲れて誰とも話したくない時は、黙って海を眺めるのがいい。

a0158797_23163729.jpg

カモメと話せるわけではない。ただ湿った匂いが鼻先をかすめるだけだ。

a0158797_23205266.jpg

a0158797_23294692.jpg

こんな日はもう眠ってしまおう。

a0158797_2331333.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_2318169.jpg

何とかたまに休みながらもこのブログは続けていますが、実は最近、それ以外はあまり活動的になっていないのです。

写真もそう積極的に撮っておらず、人とも限定的な人としか会っておらず、行くお店も限られたところから選択し、このブログでも書きたい長文も書いておらず、facebookもあまり閲覧せず、投稿せず、まぁ、ともかく基本的には体をいたわっているわけでございます。

見方を変えれば、「閉じ籠っている」ように見えるかもしれませんが、仕事は忙しく、疲労のために夜は家でおとなしくしていたというパターンの日がかなり占めるようになりました。

そのような日々を過ごす原因となったものには、服用している薬のせいもあるわけなのですが、ともかく、夜になると「どこかに行きたい」というアクティブさは影を潜めたのは確かです。

a0158797_23451763.jpg

これから冬に向かって、このようだと仕事以外のお出かけが皆無になってしまうのでは、そうなったら本当に何のとりえもないただのオヤジになるのかな、とそんなことも考えてしまいます。

でもね、ともかく毎日動いて行くしかないんですよね。
みなさんはどうですか?



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23411051.jpg

昨夜は小中学校で一緒だった連中と酒を飲んだ。
場所は同じ動機がやっている「Bmboo」だった。

我々は別室で集まっていたのだが、そのうち店内でライブが始まった。
演奏が気になり、さっちの部屋へ。

a0158797_2346484.jpg

いったいどこの誰かなのかよくわからないまま、とりあえず演奏を聴くと、イーグルスが好きなんだなということがわかったため、「ホテル・カリフォルニア」をリクエスト。私はこの曲を歌い上げることができるだけで素晴らしいと思っているので、やり遂げた時には思わず拍手喝采。

a0158797_0282551.jpg

ギターとベースというシンプルな編成でしたが、こちらり身勝手なリクエストにも答えてくれてありがった。

ひの二人の関係者が、
「彼ら」
a0158797_030412.jpg


酔いも佳境に入ると、SKがおおふざけ。

a0158797_034793.jpg


いくつににっても馬鹿騒ぎはいいものだ。


いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23312618.jpg

えー、本日は私の誕生日でした。
Facebookにてたくさんの方からお祝いのお言葉をいただきとても感謝しています。

ところがその中でも、まさかこの人からメッセージがという方がいらっしゃいました。
日本のハーモニカー奏者では第一人者である八木のぶおさんからでした。
八木のぶおさんと言えば、日本を代表するミュージシャンの客のバックで流れているハーモニカは、彼の演奏と言っても過言ではないほどの方です。

のぶおさんの写真は何度か撮らせていただいたのですが、被写体がカッコイイとやっぱりいい写真になります。所持品でさえ、こんな風に映写ります。

a0158797_2339075.jpg

メッセージをいただいた時は、ちょっとびっくりしました。
来月16日に杉の子でライブがあるのですが、必ず行こうと思います。

その他にも心に残る言葉がありました。本当にありがとうございました。


いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22535810.jpg

先日札幌に行った時に会った仲良し(笑、自分だけがそう思っているのかもしれないけど)の建築家と共通のお気に入りのバーがあることを知った。

それが、ドゥ・エルミタアヂュだ。もう札幌では老舗の部類に入りそうなバーだが、昨年末行って一気にお気に入りになった。

a0158797_2354890.jpg

a0158797_2361779.jpg

a0158797_2364656.jpg

すすきのは奥が深く、いくら長年住んでいたからと言って、そうそうたくさんお店を知っているわけではない。店の内容の割に高かったりするお店もたくさんある。小心者の私が、全く知らないお店に入るのはけっこう躊躇するのだが、ここはすんなり入れた。そして、うまい酒を楽しめた。

その店はすすきのというより狸小路(南3西4)のすぐ近くで、ビルの10階にある、こじんまりとしたバーだが、その格をさりげなく知ることができるお酒が置いてある。自分が飲みたい酒そのものがなくても、それに代わる、いやそれ以上の酒を紹介してくれる。

いい酒は悪酔いしない。
そうだ、今年も去年と同じ日に、ドゥ・エルミタアヂェに行こう。今度は一人ではなく何人かで(笑)

a0158797_23551076.jpg

そして札幌の夜に浸かってしまおう。今年最後の忘年会にしてみたい。

でも、そんな素敵な夜を過ごしても、朝になると、街は何事もなかったようにいつもの呼吸をする。

a0158797_23581360.jpg

結局、人生ってそんなものだ。




いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_21485219.jpg

人によって、あるいは目的によって、好むホテルは異なるでしょう。
私も以前従事していた仕事で出張を頻繁にしていた時、できるだけ安価なホテルを選びました。会社規定の宿泊費が定額であったため、それを下回るホテルに宿泊して差額を少しでも小遣いや食事などに充てるようにしていました。
ですから、ホテルと言えば、そのようなホテルに宿泊するのが当たり前という感覚でした。

a0158797_21555467.jpg

ところが、そんな「都合上仕方なく泊まる」出張という旅を続けると、次第に安価なホテルに嫌気も差してきます。まぁ、当然と言えば当然です。出張期間が長くなればなるほど、何もない部屋がつまらない日常となってしまうわけですから。

そしてもうひとつ嫌になってしまうことがありました。コンビニの弁当です。当時勤めていた会社は遅くまで仕事をしていたため、終業後にどこかで食べて行こうと思っても、大きな街でなければ大部分の店は閉まっており、開いている店を探して馴染みのない街をうろつくほどの元気も無くなってしまっているために、結局コンビニに立ち寄り弁当を買ってホテルへ帰ってしまうことがほとんどでした。

a0158797_2244231.jpg

ですから、安価なビジネスホテルとコンビニ弁当はあまり好きになれないのです。「とりあえず安く泊まれるホテル」で「仕方なく食べるコンビニ弁当」

この二つは、私にとって侘しさを与えてくれるものとなってしまったのです。しかし、いつもそう贅沢も言っていられません。ある時、プライベートで札幌にある全国チェーンの比較的低料金のビジネスホテルに泊まったことがあります。まぁ、旅費を少しでも抑えたいのは私も同じです。
ところが、そのホテルでは「安いのだから仕方ない」という我慢がついにできなくなってしまうきっかけを作ってくれたのです。

まず、私は部屋に着くと、身に付けているものを全てディスクの上に並べる習慣があるのですが(こうすることによって、それまでの旅や仕事の疲労から解放される)、そのホテルのディスク上には、食事処のパンフレットなどがずらりと並べられいたため、私がまず行ったことは、室内の整理整頓をしなければならないのか?
そして、おまけに室内のどこを探してもナイトウェアがない。あっ、そういえばフロントのすぐ横にそれがあった。それを自分で持って来なければならなかったののだ。でももう面倒くさい。
結局下着姿のまま眠ることにしたのです。

そして、朝食。フロント前のそれほど広くもないスペースに、食事を楽しむわけでもなく、とりあえず食べている安いホテルを選びそうな宿泊客がずらりと黙々と食べていた。

a0158797_22273171.jpg

その時、私はもうこんなホテルに泊まるのはやめようと決心しました。
非日常を楽しむことができるホテルを選ぼう。そう考え、それまで選択肢に入れていなかった(高級までとは言わないが)それなりのクラスのホテルを選ぶようにしました。

そうすると不思議に、居住性が向上したせいか、ホテルを出て食事などに使う時間を最低限にして、できるだけホテルの部屋で過ごしたい、という気持ちになったのです

もし、私が今札幌に1週間滞在することになったとしたら、恐らく最低2つか3つのホテルを渡り歩くでしょう。
そう、私にはホテルが持っている非日常性が必要なのです。
写真のように、シングルなのに枕が二つあったり、それがまず自宅では使わいようなものであったり、そこでしかなさそうな室内デザインであったり、そんなものを楽しむようにしています。

ただ止まればいいのだったら、究極カプセルホテルで充分なのですから、。
さて、次回は・・・・。また写真でご紹介します(笑)



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_2371513.jpg

札幌での仕事の初日、訪問先が中央区の、それも大通に比較的近いところばかりだったので、せっかく来たのだから開催中のさっぽろオータムフェストに行ってみようということになり、会場に入ってみました。

a0158797_23101030.jpg

a0158797_23104016.jpg

選んだのは5丁目会場。ここを選んだのは、たまたま停めた駐車場が5丁目会場に最も近かっただけなのですが、もぅ、はそれは混んでいました。

ゆっくりとあちこち見て回るほどの時間もなかったため、5丁目に出店しているお店から、富良野オムカレーを選びました。
意外とさっぱりした味で、私にはウインナーと卵がとても美味しく感じました。

a0158797_232450100.jpg

a0158797_23252664.jpg

簿等々の写真が、その料理です。

噴水の近くで食した後、せっかくだから6丁目会場も見てみようと行くと、

a0158797_2331476.jpg

こちらのほうがもっと混んでいました(笑)おまけにすぐ雨が降って来て、車に避難するはめに。

ふと思ったのですが、オータムフェスト会場を回るためには、出店者とメニューの事前調査とたっぷり使える時間がないと楽しむことができないな、という実感でした。
仕事の合間にちょっと、ということでは探し回る時間はありませんので、決め打ちか私のように成り行きで即決しかないでしょうね。

それでも総入場者数200万人はすごいことです。お陰でホテルがなかなか取れなく、しかも料金がちょっと高め(ホテルによっては通常期の3倍近いところもありました)気楽に札幌へ行ってゆっくり楽しもうというものではなくなっているようです。

機会があれば、今度は時間をしっかり取りまわってみたいと思いますが、ほたしてそのようになるかどうか?



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村