<   2015年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

a0158797_22454199.jpg

今、新聞やニュースで盛んに報道されているくい打ちデータ改ざん問題だが、このようなことが発覚すると、すぐその業者全てに疑惑の目が向けられる。それは、ある意味仕方のないことであるし、徹底追及も必要と思われます。

しかし、日本の「世論代表的マスコミ」は、最初三井不動産レジテンシャルについて疑惑を持ち、次に建設会社である三井住友建設へ視線が、次にくい打ち工事を担当した旭化成の子会社旭化成建材へく疑惑の目を移し、さらにその担当者が関与した物件にまで絞った報道が紙面や画面を賑わしている。

このような事件が発覚した時はいつもそうだが、最後は1個人だけに焦点を合わせるかのようにして、いつしか1個人が全ての「犯人」という思考に日本人は移り変わってしまう。そして、元々の三井不動産については疑惑の目が向けられなくなってしまう。実際、この頃の報道で、三井不動産の過去の建築物件について全物件の徹底調査を行うのかどうかということについて触れられることはない。

つまり、国民の目を、「実行犯」探しに向けさせて、大元である三井への逆風を少しでも和らげようとしてと画策しているのではないかという疑問を、国民は不思議に思わなくなってしまうということだ。
だが、ここでよく考えてみたい。今回のような大規模なマンション建設は、計画を立てる段階で、販売費をいくらに設定するか、それによって建築費発注額をいくらにするか、そのようなことは順番に決まって行くものなのだ。なぜなら、マンション販売利益とうものは大手になればなるほど死守しなければならないものだからだ。

そして、販売活動は建築確認申請の許可が下りた時から開始できるため、当然工事未着工でも販売価格を公表して募集をかけることになる。そうなると、仮に着工後に実際の打たなければならないくいの深度が予定よりも深かったとしても、工事費用の増加によって販売価格を上げることなど絶対にできない。
そうなると、どうしたらいいのか?分譲会社あるいは建設会社の利益を削るか、それができなければ、発注金額の中で工事をするしかない、ということになる。

今回の横浜のマンションの工事のそのような部分での仕組みがどうだったかはわからないし、報道さえされないかもしれない。だがら前述の仕組がそのまま当てはまるかどうかはわからないが、だからこそ、「実行犯」探しをするより、全体の体質・仕組を検証する必要があるのではないかと考える。

ちなみにこの構造は、某全国展開の中古住宅販売会社も似たようなことが行われているのだ。販売価格からリフォーム発注金額と物件取得金額を差し引いた「粗利益」を守るために、発注金額を極力抑える。それが工事業者にはきつい。どうやって利益を出したらいいか。あるクロス業者は、貼った後に残った別々のクロスを玄関の天井につぎはぎに貼ったということもあったそうだ。

建築業界だけではないだろう。色々な業界でこのような仕組のやりとりが成されているのではないかと思う。
ある食肉加工業者は、ストックしてあった冷凍ウインナー(通常に冷蔵で販売されているウインナー類の賞味期限が切れても、冷凍しておけばその後1年くらいは普通に食べることができる)を冷凍後1年をはるかに超えてただ同然になった物を注文して、職場に届けられる弁当の食材の一部として使用していた。

結局そうなのだ。安くて良質な物を提供するのは現実的には困難なことなのだ。よく住宅業界で言われることだが、値段は安くすることはいくらでもできる。その代わり品質もそれなりのものに必然的になってしまう。そんなものだと思う。

もし、本当に良質で安価なものがあったとしたら、それはその製造会社の従業員の給料が低いか、相当なコストカットの技術をもっているかのどちらかだ。もし前者の場合であれば、当然従業員の消費力は小さく、そういう企業が多くなればなるほど、見た目安い商品を生産しなければならなくなる。そうなると、その企業の従業員の給料は低くなる。結局そんなスパイラルからまだ私たちは脱却できいないのではないかと思う。

仕事に対して真面目で良質な仕事を完成させたいと思えば、当然費用はかかるものだ。真面目な人はそれをやりたいと願うだろう。しかし、現状はそんなわけにはいかない。結局、食べて行くためにもどこかで妥協しなければならなくになる。そういう構造から誕生したのがデータ偽装という可能性も充分あるのではないかと思います。

次回は、もっと恐ろしいコンビニの仕組についてお話しします。


いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_2344769.jpg

気が付いたら、本ブログへのご訪問者数が50万人を突破しておりました。約5年10か月でこのような形となりました。
続ける方も続ける方ですが、飽きずにご覧になっていただいている方には感謝しかありません。
正直言って、もっと前に50万人に到達するかな、と思っていたのですが、ここ2年くらい前からスマホからのアクセスが増え、相対的に訪問者数カウントの対象となるPCからのアクセスが減っていたため、あまり気にしなくなってきたのですが、まぁ、よくやって来たなというのが感想です。
また、最近は、記事の更新は停止していますが、個人ブログの更新情報だけは引き続き発信されていた「ハコダテ150プラス」に、何故か私のブログ更新情報がリンクされていないため、ハコダテ150プラスからのアクセスが激減しました。

それはさておき、この5年10か月、初期の記事と今は大きく異なって来ています。歳もとりました(笑)。長文を書けなくなった時期が長く続きました。体調を崩したことも多々ありました。酒もたくさん飲めなくなりました。写真も変わってきました。写真展も2度開催しました。
そんな変化の中、大きく変わって来たのは函館に対する考えです。最初の頃は愛しい函館のことについて、だからこそ批判したり、何とかなってくれという気持ちで憤慨したりした記事も書きましたが、今は「どうか、もういい加減気付いてください」という気持ちで書いています。

文章という無力さ、討論だけで実践しないもどかしさ、本質的なものを変革を意図せず、イベントやキャンペーンだけで盛り上がっている行為などに、正直辟易してしまった部分もあります。
そんな中で、地道に自分の作品を追求し、少しずつ全国に認められてきている作家さんと知り合い、その「成長」を見ていると、やはり日々の実践が大切だと思うことが多くなりました。
作家さんは常に自分との闘いです。一時的に盛り上がって済むものではありません。常に自分が創る作品と向かい合い、より作風を変えていっている姿は、静かなる苦悩と快いインパクトの繰り返しをしているのなだなと、見ている者にも伝わって来るものがあります。

そういう意味で、ここ何年かは、作家さんのような視点でこのブログを続けてまいりました。写真も一時期絵画風にしてみたりと、加工編集を重ねて作った時期もありました。もちろん今もそれをやりたいと思っているのですが、最近は、その前に、「普通の写真を普通に撮る」ことにこだわりを持って来ました。
これがとても難しいのですね。きれいに普通の写真を撮れるようになったら、それを綺麗に崩して、私が表現したい「絵」したいと思っています。

そんな感じの今の私ですが、企画している写真展が3つもある・・・・・・・・・。
そろそろもっと真面目に取り組まないといけない、そんな危機感を持ってしまっております。
はい、これから冬にかけては、籠って写真と向き合って行きたいと思います。(あれ、写真はいつ撮るのだろう?)

まぁ、今のところまだブログを続けようという自分がありますので、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_2230238.jpg

ある女性から聞いた言葉です。

最近、よくハグしている光景を目にします。ですが、それは女性同士がしているものばかりで、あまり男女のハグは見かけられません。まして男性同士は・・・・。

でも、こういう話がありました。
ある女性が(その女性は外国人の知り合いも多いため、ハグは全く普通にするのですが)ある時、お付き合い程度にある男性から「ハグしてもいい?」と頼まれたためハグしたそうです。もちろん二人は特別な関係ではなく普通の挨拶程度のハグだったようです。

それからしばらくして、またその男性と話す機会があった時、その男性は、「実はあの時死のうかどうか考えていたんです。でも、あなたにハグをしてもらって、人の温もりを感じ、あぁ生きて行くのもいいものだ、と思い直したのです」と話したそうです。

ハグとキスは人を幸せにする。

この言葉はその女性の口から出たものですが、とても素晴らしい名言だと思います。
人はいつも人と距離を持って接しています。それはある程度は常識と節度と良好な関係を築くための距離なのですが、その距離が人によっては孤独感を抱かせることになります。
そんな時、距離を縮めた人との触れ合い、ハグをするだけで氷のように冷たくなっていた心を温めてくれるのだと思います。

私も、久し振りに会いたい人に会った時、ハグをしたくなる時があります。単純に嬉しい気持ちの表現なのですが、変態と思われるのが嫌でなかなかしておりません。
でも、もし私と会うことがあった時、私が両手を拡げたら、嫌でなければハグしましょう(笑)それは、あなたに会えて嬉しいという気持ちと、あなたを受け入れたいという気持ちの表れなのですから。



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_1024811.jpg

また大袈裟なタイトルを付けてしまいました・・・・・・。
さんなにたくさん函館市内近郊のカレー店に行っていないのにも拘らず、こんなタイトルで話を進めるのはおこがましいのですが、あくまで個人的に好みということで、少し話をしたいと思います。

私たちが普段カレーと呼んでいるのは、恐らく(歴史を確認していませんが)植民地時代にインドからイギリスへ輸入したカレー文化をイギリスなりに調理した料理をベースにしているのではないかと思います。
それを基礎として日本では、私たちが子供の頃から食べているカレーライスが誕生したのだと思いますが、これって、本家のインド料理とはやっぱり全然違うんですよね。

まぁ、それはそれで美味しいものもたくさんあるのですが、個人的には、20代の頃インド料理というものを知ってから、普通のカレーとインド料理は全く違うということがわかり、(日本で一般的に言う)カレーに対する考えがころりと変わりました。

一般的に言うレストランなどでのカレーは、スーパーなどで売っているカレーの本格的なものだったんですよね。カレー研究家ではありませんので、インド料理とカレーの素材やスパイスの配合などはよくわかりませんが、一般的に言うカレーは、インド料理と比べて何かが大きく足りないのです。
辛ければいいってものではありません。私は最近蕎麦もそうですが、できるだけ香辛料を使わずに、そのままの料理を味わうようにしているのですが、それは料理本体そのももの味がいいかどうかを確かめるわけです。ところがスパイスを利かせて相当に辛くなったりすると、元々の味がどうなのか、下がマヒしてわからなくなるのです。

若い頃の一時期、何倍カレーとかというものに嵌ったことがありますが、今思えば味わいなど関係ない世界のものでした。そういう意味で、カレーに辛さを求めていないのです。正確に言いますと、辛さを重要視していないのです。どちらかと言いますと、味わいです。

そういう私が納得するカレーおよびインド料理を出してくれるお店は、函館にはなかなかないのが残念です。
昨今スープカリー店が函館にもいくつかできて、それなりの数のお客さんが行っているのではないかと思うのですが、その発祥地である札幌の北18条駅付近のスープカリー店にまだ根気が広がっていない頃、つまり北18条付近にしかなかった頃に食べたことがあるのですが、私には、今一歩ピンとくるものがありませんでした。

その後、札幌でも函館でも何度かトライしたのですが、やっぱり駄目でした。これは私の好みなので、そういうお店がまずいとか言っているわけではありません。スープカリーそのものが、たまたま私には特別に美味しいとは思わなかっただけです。

そういう意味で、私が最も今食べたいのは、美味しいインド料理です。
最近函館にもインド料理(ネパール料理)のお店がわずかですが増えています。その中で、これはまた食べに来てもいいかなと思えるお店は1店だけです。(どことは言いません、笑)
やっぱり、残念ながら美味しいのは激戦区で競い合っている札幌のインド料理店の方が美味しいのは事実です。だから、美味しいインド料理を食べたいな、と思ったら札幌に行くしかないのですが、先ほどの函館の1店もものすごく繁盛しているようには見えないし、うーん、正直に言って函館の人の味覚がよくわからないなぁ、というのが本音です。そのお店が違う場所にあったらもっと流行るのかもしれませんが、どうも交通量だけで場所を選んでしまったようですね。むしろ、えっ、この味でみんな満足しているの?というお店が流行ったりしています。

そういう不思議な現象って函館にはけっこうありますよね。まぁ、蕎麦もそうですが・・・・・。


いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_10371898.jpg

a0158797_1038361.jpg

a0158797_1039314.jpg

a0158797_1040991.jpg

a0158797_1040594.jpg

a0158797_10413461.jpg

a0158797_1042062.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_20405676.jpg

今日から31日まで、函館市大手町の函館国際ホテルロビーにて、札幌のキャンドル作家折笠恵子さんのキャンドルによる企画展「夜を見つけて」が開催されます。

a0158797_20434028.jpg

ホテルのロビーの一角に灯るキャンドルをご覧になって、深まる秋を感じてください。

a0158797_20461576.jpg

a0158797_2047957.jpg

a0158797_20481075.jpg

見る角度によって目に映る灯りも変わってきますよ。

a0158797_20493141.jpg

a0158797_20502098.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_111682.jpg

a0158797_121177.jpg

a0158797_124682.jpg

a0158797_133536.jpg

a0158797_141331.jpg

a0158797_144233.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_2375673.jpg

えー、普段はあまり考えることもないのですが、たまに、それもたまたま時間がある時についつい見てしまうテレビ番組にUFOやUMA関連の番組があります。
まぁ、私も昔、「ひょっとしてUFO?」と自分の目を疑ってしまった物体を夜間見たことがありますので、チャンネルを変更しているうちに、そのような番組があると・・・・・・見てしまうんですね(笑)

そんな番組でよくあるパターンで、UFOを信じる組と信じない組が持論で対決し、何故か信じる組に「ちょっとそれは言い過ぎでしょう」というような変な論者が登場するのですが、それを見ると、「あーあ、番組的にはこのような人が出なければ面白くないかもしれないけど、場壊しだよな」と毎度ながら嘆いてしまうのであります。

しかし、それ以上に嘆いてしまうのは、いかにも科学的に論理的に宇宙人は存在しないと主張する科学者のような(笑)方の発言であります。

a0158797_2331841.jpg

その番組に出演する科学者の話だけではなく、ニュースでも太陽系の惑星に生物が存在している(いた)可能性が観測によって明らかになったとか何とか、まぁそんな話を時々聞きますが、その度に私は????と首を傾けてしまうのです。

そのような論拠となるのは、生命の源である有機物が存在しているかどうかということらしいのですが、本当に「生物」が誕生するのはそれだけが源であるという宇宙的証拠があるのでしょうか?科学者が述べていることを私なりに正確に話すと、「他の惑星に、地球上に存在する生物と同じ起源で誕生した可能性のある」ものが見つかったということではないでしょうか?違った言い方をすると、人間という地球上の生物が、現在のところ考えることができる範囲での存在論を述べているだけではないかと思うわけであります。
生物が誕生するための要件として、地球上に存在しない原子や分子や素粒子やなんやかんやが絡み合ってできるものがあったとしても全くおかしくはないわけで(もうそれは原子とかそういう形の物質ではないかもしれませんが)、私たち人間という訳のわからないものを考えたり作ったりする生物が勝手に決め込んでいるだけかもしれないのです。

そいういうことは絶対にない、という宇宙的証拠を提示して断言できる科学者がいるでしょうか?

私たちは、あくまで人間という生物の基準でものを考えています。例えばカメラのレンズしてもそうです。私も皆さんも使っているカメラレンズは、人間が見えている映像を機械的に再現するためのものです。というか、再現するように加工されているのです。
もし私たちが複眼動物だったとしたら、目に入って脳内で認識されている映像というものは同じものでしょうか?もしも私たちがそのような生物だったとしたら、ひとつのレンズの表面にいくつもの小さなレンズを作ったかもしれません。だいたい、カメラのレンズは肉眼のレンズと構造的には似ていますからね、人間が基準だということは明白ではないでしょうか。

そんなこんなで、結論としては、今のところ、地球上でわがままし放題の人間という生物が自分たちが編み出した論理で頑張って考えることができる範囲では、生命の起源は有機体でしかないということではないのかな?と、何の役にも立たないことをそのような番組を見て恒例のように考えてしまうのでした。

あっ、こんなことを書いてしまうほどネタのない本日でありました(笑)



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_03413.jpg

近頃、夕方の5時頃になると、何とも言えない、昼と夜のハーフトーンの風景を見れますね。

a0158797_055459.jpg

a0158797_0135314.jpg

a0158797_0142229.jpg

これから夜の写真が増えそうです。


いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_1127454.jpg

先日陶芸作家である牧野潤さんの工房にお邪魔しました。
以前ご本人から聞いた話を私が勝手にイメージしていたのは、元々ある家に離れで工房を作り、そこへ毎朝早く移って作業を始めるというものでしたが、実際にお伺いしてみると、玄関入ったらすぐご飯(懐かしい!)ではなくて、すぐ工房でした。

上の写真は制作作業に欠かせない水場(流し)の壁なのですが、制作活動の初め頃に失敗したものを色を着けて貼ったものだそうですが、私を含めとても高評価の感想を話す方々が多いようです。

a0158797_11412250.jpg

a0158797_1141534.jpg

正直言って、最初に話しましたとおり、工房と言うより作業場のようなイメージを勝手に作っていたものですから、このように素敵にディスプレイされている仕事場であるとは思ってもいませんでした。
そうでよね、毎日のことですから環境も良くしたいですよね。

a0158797_11463832.jpg

a0158797_11471128.jpg

でも、こういう所をみると、あぁやっぱり陶芸家の仕事場なんだな、と思いますね。そして、とてもお洒落ですね。

a0158797_11485838.jpg

以前、コラボで展示会をした、札幌の折笠恵子さんのキャンドルも置いてありました。
あっ、折笠恵子さんは25日から31日まで函館国際ホテルで「夜を見つけて」というキャンドルイベントを開催するようです。
詳細はご本人のfacebookpageで → キャンドル作家 折笠恵子


いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村