<   2015年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

a0158797_23164436.jpg

えー、また反感を買いそうなことを書いてしまうわけですが、タイトルのようなことを感じてしまうのです。
それがどうしてかと申しますと、毎年見てしまいますと、1本のモミの木と何ヶ所かのスープバーだけですと、神社の祭りの縁日のように思ってしまうわけです。

a0158797_23212728.jpg

私の感性が乏しいのか、素直でないせいなのか、何かが物足りなく思っていしまうわけです。

a0158797_2323355.jpg

きっとこういう感じのイベントにしたら面白いのになぁ、と思うことを話しますと、まず、イルミネーションが二十間坂と八幡坂に灯っているのですが、その灯りがもっと煌びやかで、クリスマスファンタジーの会場まで道案内をしてくれるようなものであったら楽しいだろうな。
そうです、街ごと光に包まれるようなロマンチックな輝きがあり、その途中にふと立ち寄ってみたくなるようなクリスマスモードの、これまた光に包まれたお店などがあり、そんなものを楽しみながらゴールであるモミの木に辿り着いたら、気分も酔いもマックスになるのでは?(あっ、これは酒を飲む人の話ですね)

a0158797_23301474.jpg

ところが今は、まずツリーを見に行き、寒いからスープバーで飲み、記念撮影をして終わり、というパターンにしかなっていないのではないのかな?という穿った見方をしてしまう次第であります。

だから昨日のブログのタイトルを「港にぽつんと立つ1本のモミの木」にしてしまったのです。

ベイエリアの街全体が光に包まれて、どこかで路上をライブをやっていたり、バルのような特別体制にしたお店があつたり、ともかく光の街を楽しむことがてきるイベントにしないと、今年も縁日がやって来た、という感覚になっしまうのは、ひょっとしたら私だけではないりかもしれません。

バルが成功しているのは、西部地区限定とはいえ、広い範囲でたくさんの店が趣向を凝らして料理と飲み物を提供してくれるからです。次の店ではどんなピンチョスが出てくるか?そんなワクワク感を持ちながら歩けたらきっともっと面白いものになるような気がします。

a0158797_2344610.jpg

いっそのこと、クリスマスのバル、クリバルをやってしまう方が、楽しい日々が続くのではないのかなと思ってしまうわけであります。

ぁっねそういえばスープしはらく飲んでいないな・・・・・。



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_010142.jpg

a0158797_0102752.jpg

a0158797_0112028.jpg

a0158797_0124881.jpg

あっ、コメントは明日書きます(笑)



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_0182915.jpg

えー、高校時代の同窓生が函館に帰省するということで、大門の杉の子に行きました。
今回はなぜか二人とも同じウィスキーを注文し続けるという、妙な仲の良さ(笑、いい歳の男がまさかね)で飲んだわけですが、結果的にオール国産ウイスキーでした。
上の写真はマルス「3&7」

a0158797_0241671.jpg

これはIchiro's Moltのリーフシリーズなのでしょうが、見たことがありません。初めて飲みました。まろやか~。

a0158797_026291.jpg

そして再びマルスの「岩井」創業者の名前をとったものですね。

a0158797_027513.jpg

最後は竹鶴17年、で終わるはずでしたが、そこで赤帽子屋のミッキーさん登場。

a0158797_030479.jpg

ミッキーさんは高校の私たちより10年先輩の方でということがわかりました。それにしても酔っ払いモードの写真はやはりぶれる。
帽子の注文の相談をしましたが、完成は1年先とのことで・・・・・・・、考えてみます(笑)

ところがミッキーさんだけではなく、別の席で飲んでいた高校の同窓生も参入し、ミニミニ同窓会となりましたが、まぁ、そこは還暦がカウントダウンした年代。いいところで解散。
それでお勘定は・・・・安過ぎて言えない。本当にいつもありがとうございます、杉の子さん。



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_063547.jpg

そう、家族サービスももちろん素敵ですが、大人だけのためのクリスマスもいいですよね。



さてあなたは誰と大人の素敵なクリスマスを迎えるのでしょうか?

a0158797_092667.jpg

プレゼントはもう決まりましたか?



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23322031.jpg

ということで、もうおとなしく寝ます。

さて・・・・・・・・。



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_2235710.jpg

函館に初雪が降りました。
しんしんとではなく、強めの風に吹かれて、車のフロントガラスにクラッシュするような雪でした。
でも、例年のことですが、初雪は積もることなくあっという間に融けてしまいました。

ところが、雪が降ると、何故か寒さをいつも以上に感じるものです。
そんな時、室内の暖房でくもったガラス窓のカフェで温かい珈琲を飲むと、ホッとするのです。

a0158797_22174011.jpg

窓ガラスはくもっていなければならないのです。
エアコンや最新の換気システムでくもらないガラスだと、どうしてか暖まった気にならないのです。

きっと、若かった頃、まだ車もなく、雪道を白い息を吐きながら歩いてやっと着いた喫茶店の窓ガラスがくもっていたからなのでしょうか。喫茶店のストーブの近くの席に座り、温かい珈琲を飲み、ふと窓を見ると、白い半透明のフレームの中を厚いコートを着た人たちが行き交う映像を目にする。

窓が全て白くなったら、どこか部分を手でなぞる。するとガラスは水のレンズに早変わりし、歪んだ外の風景を見せてくれる。それが北海道の「暖かい冬」だ。

でも、そんなくもったガラス窓で冬の暖かさを感じる人の年代は今何歳くらいまでなのだろうか?
いつか、ただ物理的な温度だけで温かさを感じるのが当たり前という世代が圧倒的に多くなるだろう。

情緒というものは快適というものと引き換えにどんどん薄れていくのだろうか?




いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_003258.jpg

2年ぶりにドイツからトーマスがやって来た。
トーマスは私のことを覚えていてくれて、顔を合わせたら早速ハグ。ここで本来であれば彼の隣に座って、「やぁ、元気だったかい」などと気軽に話せればよかつたのだが、通訳が必要であったので、彼の恋人である彼女を通訳役で挟めて話をした。

a0158797_07157.jpg

彼は私のことを「カメラマン」として覚えてくれていたようで、早速自分が買ったオリンパスのカメラを見せて、「いいカメラか?」と尋ねて来た。少しいじってみて、設定を少し変えるとそれなりに綺麗に映ったのでいいカメラなのでは、と伝えたら、カメラをよく見て、「mADE IN CHINA」なんだと笑った。

彼は、夏の間スウェーデンで仕事をし、観光シーズンが終わるとドイツに戻り、そして函館にやって来る。彼女の故郷にだ。ドイツの友達に、日本のどこに行ったんだい?東京、大阪、京都?と訊かれ、函館と答えると、「どこだそれ」みたいなことを言われるようだ。

a0158797_0202157.jpg

そういえば、スウェーデンで中国人の観光客がお土産品を買う時、MADE IN CHINAであると、「No,No」と拒否するようだ。そんな現地ならではの話を色々してくれた。

でも、しんみり行ったのは、日本は安全な国だ、ということと、ぽつりと函館に住みたいとこぼしたこと。

外は雨が雪に変わりつつあった。



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_2391096.jpg

自慢できるものなどほとんどない私ですが、唯一少しだけ自信を持っているのは「直感」です。
例えば、論理的に話の展開を組み立てなければならないものでも,最初は直感で結論が頭の中に浮かび、それを証明するために色々と調べたりすることがけっこうあります。

もちろんその直感が百発百中というほど優秀ではないのですが(それほどの才能があったら、きっと別の人生を歩んでいたと思います、笑)、けっこう当たることが多いのです。ただ、最初は直感で浮かんだ結論だけですので、あまり強く主張できない(根拠に乏しい)ために、人には話さないことが多くあります。

さて、そんな頼りない直感のひとつとして、これからの冬のことを思った時、「Harris Tweedのジャケット」が着たいと頭に浮かんだのです。
ツイードは静かに流行しているようですが、きっとこれから着用する人が増えて来そうな気がします。だからという訳ではないのですが、何となくツイードのジャケットが欲しいと、この頃思うようになりました。
もしも買ったら、何と30年ぶりくらいにツイードを着ることとなりますが、さて本当に買うのかどうか、これから検討したいと思っている次第です。

それと、モコモコの厚いラムウールのセーターもいいですね。私のアリスファームのセーターはついに穴が空き、着用に堪えれなくなってしまいましたので、これも欲しいアイテムのひとつとなっています。
さて、買うか買わないか考えているうちに冬が終わってしまわないように、今年中に、お値段を含め、いいものがあるかどうか物色してみましょうか(笑)



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23294136.jpg

街の写真をずっと撮っていなかった。
函館を撮っていなかった。

函館を撮りたいという好奇心で色々な店にも顔を出したが、今はそれほど行かなくなった。
単なる生活者となってしまったのか。

再来年、函館をテーマにした写真展を国際ホテルで開催する予定だ。
もう一度見つめ直そう、函館を。



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23154996.jpg

たまたまですが、9月と11月に宿泊したホテルは、同じグループの施設だったのでした。
その時選んだ条件が、ノッチ、部屋の広さ、写真で見る室内の雰囲気であったのですが、たまたま2軒続けて同一グループのホテルに宿泊してしまった。

だが、自分の嗜好の傾向として、フランスがけっこう関わってしまっている。
好きな車のデザインはシトロエン。私が知った時点で過去のものとなりつつあったが、DSやSMのフォルムは芸術品と言ってもいいくらいだ。
そして私が今乗っている車は、日産にカルロス・ゴーンさんが社長として就任し、デザインを一新した時のものであるし、一目見て素敵だと思ったものだ。

好きなカメラマンも、フランス出身のサラ・ムーンであるし、どうやら私は近代のフランスのデザインが好きなようだ。
だからと言って、アール・ヌーボーなどは特別強い関心を抱かない。
ちょっと限定的なフランスファンであるようです。あっ、フランスパンも好きです(笑)



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村