<   2016年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

a0158797_2251469.jpg

ガラスの中の花火

a0158797_22524348.jpg

ガラスの向こうに降る雪

a0158797_22534559.jpg

ガラスに詰まっている美味しさ

a0158797_22545216.jpg

穏やかに話しかけてくれるガラスの言葉



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_022663.jpg

少しだが暖かそうな光を感じることができる季節になりましたね。
でも、外はまだ冬。

a0158797_0233292.jpg

a0158797_024340.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22275389.jpg

弁天町には、お洒落のみならず、歴史をしっかり持ったお店がいくつかある。
その中の代表的なお店が「TACHIKAWA CAFE」だ。建物が重要文化財ということだけではなく、建築に用いた資材が高品質であるあるため、眺めているだけで心の目があちこち彷徨わず、静かに大人の時間を楽しむことができる。

a0158797_22401113.jpg

ある程度以上の年齢の方でなければ覚えていないだろうか、当時この店舗は米穀店で、私のお湯もここからコメを買っていた。その店舗の隣の洋館の玄関先に当時の太刀川さんのお嫁さん、今のマダムが小さなアンティークショップを開いていた。
当時高校生だった私には可愛かったり渋かったりして、ピンとこなかったが、今になって思えば、いずれCAFEとなる要素はこの時から持ち合わせていたのかもしれないと思った。

a0158797_22463362.jpg

そうそう、本町のワインショップワダは閉店し、こちらだけで営業されるようですね。和田商店。そのももの名前だと思います。そしてオープンは3月1日のようです。
S氏によると、この建物の漆喰も見事なものだとか。先日の谷地頭のカフェといい、だんだん元町・末広町集中からから少しずつ「面白いお店」が張られて点在してきていますね。

西部地区は、そういう意味でまだまだ面白くなりそうです。


いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_2253735.jpg

個人的にはバル発祥の店と呼びたい「ラ・コンチャ」

このラ・コンチャもそうですが、美味しい料理・カフェが西部地区には多く存在しています。もちろん函館の美味しいお店の全てがここにあるとは言いません。でも、たくさん集まっているのは確かです。
どうしてなのでしょうか?

私の答えは、魯山人。

ご周知の通り、魯山人は美味しい料理をより引き立てるために器にこだわりました。人の舌だけではなく心まで美味しさを堪能させようとしたのです。それは、ある意味当然の流れだと思うのです。例えは少し異なるかもしれませんが、今私が持っているLeicaX-EのケースはやはりLeicaオリジナルでなければならない。
それが一番適していると思ったから、オリジナルケースを購入しました。はっきり言って、安いコンデジ1台買えるくらいのお値段でしたが、これだけのカメラを買ったのだから、それなりのケースを買わなければならないという気持ちになるのは私だけではないと思います。

そう、自分の自慢の料理をより引き立てて食べてもらうためには、食べる場所という背景もまた必要なのです。器もそうですが、内装、そして店がある場所の背景。それらが整って、美味しさを存分に感じることができるのだと思います。
そのような条件が整いやすいのが西部地区なのです。だから、味で勝負したい方々は、西部地区の街並と言う背景を必要とするのです。

a0158797_23515198.jpg

もちろん、そのような店が集まれば他より美味しい料理をとまた努力するでしょうし、美味しさのレベルが徒然と上がってきます。

「お店をやるなら西部地区しか考えられない」これは料理店・カフェを経営している人何人からか聞いたことですが、やはりそうなのか、というのが正直なかんそうです。

さて、そんな西部地区でまだ噂段階の情報ですが、弁天町のワインバーができるかもしれません。場所は・・・・・言えません。たぶんとてもお洒落なものになるでしょうね。
その話が具体化しましたらご報告します。

そんなわけで、ますます食べ飲みする時は西部地区になってしまうのです。



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_7302143.jpg
a0158797_7284636.jpg

a0158797_7291586.jpg

a0158797_7293767.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_1224513.jpg

人は確実に老いる。もちろん私も年々老いて行っている。年とともに体のどこかにガタが確実に起きている。
普通はそこで老後の心配をし、保守的になり、余生という言葉が身近に思えてくるものだ。

a0158797_1262299.jpg

しかし、不思議なことに私は、歳を重ねているうちに、何でもできるのではないかという思い(勘違い?)が強くなってきた。

いままで遠かった国内や海外がとても近く感じるようになった。インターネットのおかげもあるが、海外に行って何かをできるのではないかという気がするようになった。

それほど色々な物が近くなった。だから自分が活動できるのはこれからだという思いが強い。
日本全国や世界が近い。今のところ、本来近いはずのあの世より、世界の若者が近いような気がする。

かられに対して何ができるだろうか?




いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23153088.jpg

私は新し物好きではないつもりです。どちらかと言うと、出会いを大切にしたい。かなり昔から営んでいるお店でも、たまたま訪れたことがなく、何かのきっかけで訪れることになったら、それは自分にとって新しい出会いとなります。そういう出会いが大切だと思っています。

a0158797_23225854.jpg

だから、新しいお店ができたからといって、必ずすぐ行くわけではありません。
このお店、昨年11月にオープンしたようでしたが、正直言って知りませんでした。ですが、先日ある人から「行ってみたいお店」として教えられ時、「谷地頭にある」という点が非常に気になって、いつもの夜のお店(笑)に行った時に、常連さん方にこのお店の話題を振ってみたら、その中のひとり方の教え子が店主さんの奥さんだとわかり、これも何かの縁と思って行ってみました。

a0158797_2337441.jpg

このブログはグルメ系ではありませんので(笑)、メニュー等はネット検索して調べていただければと思いますが、私は雰囲気をお伝えします。

a0158797_23423856.jpg

第一印象は、函館にはありそうでないタイプ、札幌だったらどこかにありそうかな、というお店です。(でも、実際にはそういうお店には入ったことはありませんが)

新しくて古い、古いけど新しいが両立している、という感じでしょうか。店主ご夫婦が東京から来られたというのが少しわかるようなインテリアになっています。色使いが、特に女性向け雑誌のモデル撮影に使えそうな感じと言ったらわかっていただけるでしょうか。

でも、こんなコーナーもあります。

a0158797_23542252.jpg

お店に入って、どのコーナーを選ぶか、それはその人の好みだと思います。どうぞ自分で探してみてください(笑)
そういえば店主さん、ずっと前からtwitterで私をフォローしていただいていたようですが、私はフォローしておらず、大変失礼なことをしてしまいました。はい、早速本日フォローさせていただきました。

今日はあまり時間がなかったので、今度はゆっくりお邪魔し、もっといろいろなお店のシーンを撮ってみたいと思います。西部地区は函館山山麓を中心に素敵なお店が多いのですが、まさか谷地頭にという驚きとあえてそこを選んだというセンスが気になった次第です。
意外と谷地頭には素敵な人たちがたくさん住んでいるのですよ(笑)



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23373699.jpg

昨日、トイレとちょっとした買い物のためにコンビニに立ち寄った。けっこう広い駐車場で、車が10台以上停めるスペースがあったにも拘らず、空いているのは1台分だけだった。
当然、私はその空きスペースに停めて店舗に向かった。店内は混んでいるのだろうな、と思いながら。

しかし、店内に入ってみると、ざっと数えて私も含め客は3・4人しかいなかった。うん?では駐車している車は何なんだろう?そんな疑問を持って店を出てから停まっている車を見ると、ただ携帯で電話している人や、恐らく近くに用事があったために停めたのか、誰も乗っていなかったり、私の車の隣の車の中には、20~30代の女性が口を開けて寝ていたり・・・・・。

ここは公園の駐車場ではないんだけどな。一企業の営業用の駐車場なんだけれど、公衆用駐車場と勘違いしているのでは?もし、私が停めた1台分のスペースもなかったら、お店をお金を出して利用した(それも買い物をしたらすぐ立ち去った)人間が、睡眠している人のために存在できなかったことになる。
簡単に言うと営業妨害となっていたことになるのだが、函館の人は何とも思わないのだろうか。

よくトイレで用を足すだけのためにコンビニに入る人がいるが、私にはそれができない。なぜなら基本的に買い物をしてくれるだろうというお客さんのために、コンビニが水道代・電気代・トイレットペーパー代他を支払ってサービスを提供しているからだ。
それに見合う買い物をしていると偉そうに言えるほどのお金を使ってはいないが、どうしてもトイレに行きたくなってコンビニを利用した時は、今すぐ買わなくてもいいものでも(例えばタバコや珈琲)を買う。それが礼儀だと思っているから。

マナーが酷いと言えば、ラッキーピエロのお客さんの中にもよくそのような方々を見つけることができる。だいぶ前の話だが、家族らしき6名くらいで利用していたグループの一人が自分の赤ちゃんのオシメの取り換えを客席で平気にやっていた。
おいおい、ここはみんなが食べる空間だぞ、トイレに行ってやればいいのに・・・・。
同じくラッキーピエロで見た光景だが、若い女性が座卓に座るようにベンチシートに靴を履いたまま座って食べていた。そんなのはこの店では嫌というほど見ている。
ラッキーピエロは安くてもお腹いっぱい食べることができるので、特に給料日が近くなると利用していたのだが、最近は足が遠のくようになった。

しかし、ラッキーピエロの名誉のためにお話しするが、そのような光景を見てしまうのは、観光客が行かない地元民が客の大多数を占めている場所にある店舗でのことだ。大門から西部地区方面のラッキーピエロではあまり見かけない風景だ。

現在仕事で売却を頼まれた物件を見に行ったら、空家の門が雪で完全にふさがっていた。それも除雪車が入道路上の雪を寄せて道路側だけが高く積もっているのではなく、ずっと敷地の奥の方まで雪が積もっていた。そこはしばらくの間空家になっていたので、雪を捨てても構わないとでも近所の人が思ったのだろうか。
いつその家の持ち主が家の中を確認するために訪れてくるかもしれないという想像力と申し訳なさを持ったりすることができないのだろうか。
ちなみに隣地から捨てられたと思われる(そっちの方向だけが異常に高く積み上がっている)部分もあった。
ともかく、空家だから自然に雪が積もったとはとうてい思えないほどの雪の積み上げ方であった。私はせめて人間が入れるように雪かき(既に氷になっている層もあるので氷砕きも)をやったのだが、私の身長ほどの雪と氷はそう簡単によけることができない。

まぁ、そんなことが最近重なって体験したものですから、こんなにマナーが悪いのは函館だけなのだろうか、と不思議に思ってしまうでしたる
そんな今日この頃です。


いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_05115100.jpg

a0158797_0514161.jpg

a0158797_052318.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23255526.jpg

a0158797_23262938.jpg

このような素敵な風景が見える「F」にて、つまらない時間つぶしと自己満足のための写真を撮った。

a0158797_23285258.jpg

SONY RX100M2で撮ったLeica X-E(Type102)

a0158797_23301054.jpg

Leica X-E(Type102)で撮ったSONY RX100M2

そして「F」の入口階段下

a0158797_23325276.jpg



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村