<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

a0158797_23524783.jpg

今、函館を舞台としたマンガ、「純喫茶ねこ」というものがコミックで刊行されているらしい。
その原形となったのが、この喫茶ねこではないかと安易に想像していみる。

a0158797_2355579.jpg

この写真は2009年6月12日に撮影されたものだが、この建物は2年もしないうちに解体され、隣の病院の駐車場の一部となった。
この喫茶店を知った時は、もう既に営業している雰囲気はなかった。

まだわけもわからずカラーフィルムで撮っていた時の写真だが、記録としては貴重なものなのかもしれない。
店に入ると猫が本当にいたのか、一度は入ってみたかった。



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_221595.jpg

函館について語りたいことは山ほどある。
だが、ある時期から私は多くを語らなくなった。
そして、きれいなものを見せるようになった。

a0158797_22243742.jpg

でも、言葉ではなく、写真で語れるものがあれば、そこで函館を語りたい。

a0158797_22363771.jpg

函館を語るには、イベントを撮ることではない。
日常を撮ること。それ以外にない。

a0158797_2238849.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23545236.jpg

昨日、谷地頭のcafe Classicでランチを食べた。
パン系のランチだったが、ボリューム的にも、味的にも満足させてもらえるものだった。
そして、食後の飲み物は、前回初めて知ったハーブティーの「クラウドナイン」を飲んだ。

a0158797_23592058.jpg

天国までは行けなかったが(行ってしまったらちょっと困る)、心地良い時間を過ごすための飲み物としてはぴったり合うものであった。

a0158797_074072.jpg

この店に来ると、忘れていたものを思い出させてくれる。
ゆっくりとした時間の中に身を置くということだ。それを感じるのは、店の雰囲気もあるだろうが、この店に入ってくる光という要素も大きい。
そうだ、光の中にずっと包まれていると、日々の慌ただしさやスケジュールをこなすことで心で光景を見ることが無くなっていたのだ。

a0158797_017446.jpg

そして、それは写真にも現れてくる。カメラは以前よりも高品質なものを使っているが、視点はオーソドックスになってしまってきたように思える。
カメラは正直だ。
撮影者の心がそのまま写ってしまう。また、被写体の心も正直に写ってしまう。

a0158797_0245673.jpg

やっぱり今年は歩こう。歩くリズムでものを見て、感じて、その時に心に芽付いた何かを写真に投影するのが一番いいのだ。
静かに静かに世の中のものを見て行けたなら、きっと写真はそれを表現してくれるだろう。



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23563265.jpg

a0158797_2357288.jpg

a0158797_23572687.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23274445.jpg

父が生まれた年に、この建物は大火後の復興建築物のひとつとして建築された。

a0158797_2330213.jpg

幼い頃、この旧丸井今井のある場所は、子供としての行動範囲外だった。普段は決してこの近くまで来ることはなかった。
だが、好奇心の旺盛なその頃、小学校の友達と冒険気分で子供たちだけで何度か訪れたことがある。

a0158797_233257100.jpg

当然のことだが、紳士服売場や時計売場などには全く関心がなく、最上階のゲームコーナーにまっしぐらであった。

a0158797_23351578.jpg

10円でどれだけ遊べるかが大きな問題であった。10円で長く続けられるゲームはどれか、自問自答の上ゲーム機を選んだ。しかし、たった3分もしないうちに終わってしまうこともあった。その3分のために、また冒険をしたいと心のどこかに残るものがあった。

a0158797_23392289.jpg

手動式のエレベーターにも何度も乗った。子供心にエレベーターガールってきれいな女性がなるものだと定義していた。そして、大人の雰囲気をまき散らしながら、エレベーターは昇った行く。普段母親からはかぐことのないいい匂いに、何故かちょっと緊張して。

a0158797_23441725.jpg

そう、それはずっとずっと昔のことなんだ。
でも、今でも新しい冒険はやっぱりやめられない。

旧丸井今井函館店



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23452164.jpg

えー、北海道新幹線が開業した本日、私は仕事だったこともあり、おとなしくしていようと思っていました。
そんなわけで仕事をこなしていたのですが、ある場所で土地の写真撮りをしていたら、上空からゴーというジェット音が。あっ、そうか、ブルーインパルスの編隊飛行があるんだった、と手にしていたSONY RX100M2で何枚かとったわけであります。

a0158797_033327.jpg

そもそも今日は新幹線とは全く関係のないことを書こうとしていたのですが、夜に見たニュースで、同級生である鳴海新函館北斗駅長の「出発進行!」の掛け声が全国放送にも流れていたため、まぁ、今日は新幹線のことに触れようと。

a0158797_081320.jpg

でも、駅に行ったわけでもかりませんので、写真としてはブルーインパルスのみです。すみません。
でも、ジェット機って早いですね。撮ったつもりが、空しか映っていないものも何枚もありました。
おまけにコンデジであると液晶画面での構図の選択になってしまいますので、液晶画面が反射していると、どこを撮っているのか全く分からなくなります。

こんな時こそ、CANON 7DMarkⅡの出番のはずなのですが、ブルーインパルスを見る時間があるかどうかわからなかったため、車には搭載しておりませんでした。

a0158797_0181135.jpg

このカメラ、ズームを続けると、途中から光学ズームからデジタルズームになるのですが、咄嗟の撮影のせいもありますが、ひどいですね。

ともかく、大切なのは今日ではなく、これからたぶん多く来ていただけるだろう観光客の方々に、どんな函館を見ていただけるのか。それが最も大切だと改めて思った次第です。



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22582130.jpg

いよいよ明日、北海道新幹線が開業しますね。
新しい新幹線が開業するから函館に行くのではなく、行きたかった函館に新幹線で行けるから行く、そんな路線になってほしいものですね。

a0158797_2323159.jpg

開業9日間の予約率がたったの24%、函館市民はこの数字を真摯に受け止めましょう。騒いでもいけませんし、白けてもいけません。
観光客の方々は、お金と時間を費やして来るのですから、それに見合う街にならなければならないのです。

a0158797_23221298.jpg

さて、私たちは函館市民はそれに見合う函館の日常を作っているでしょうか?
私は、いいところも、そうではないところも含めて、函館を伝え続けて行きたいと思います。
観光客の方々が見ることになる函館は、私たちの日常です。
それが素敵な日常なのか、作為的にできたものなのか、市民が見放している日常なのか、それが問われるのが今回の新幹線開業だと思います。

a0158797_23332698.jpg

私はこれからも淡々と日常をお伝えしたいと考えております。

それにしても、ハルジオン・ヒメジオンは女性と一緒でなければ、おじさんは入りづらいところですね(笑)



いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23171618.jpg

先日、青い夜空の日、約1か月ぶりにコントワールへ行った。どうも私は1週間に1回ほど行っているように思われているようだが、実際はそうでもない。いや、飲みに行く機会が減ったというのが正確なところです。

a0158797_23203987.jpg

体調や仕事の状態もあるが、オフタイムは写真と向き合う時間を多くしたいという気持ちもある。
色々な写真を見るのは大切であるし、刺激を受けることもたくさいある。

a0158797_23264816.jpg

でも、今は人のことより、自分がイメージしている写真に近付けたい。ただその思いだけで写真と向き合っています。


いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_0204010.jpg

なかなか店を見つけづらいことで有名な(?)SUQ+ですが、このお店に行っていつも思うのは、本当によく頑張っているな、ということです。

a0158797_027433.jpg

雑貨店って、日用品とは異なり、生活に彩りを添えるものを売っているところですから、どうしても必要かどうかとの究極の答を出そうとしたら、必要ではないというものになるでしょう。

a0158797_0413564.jpg

でも、つまらない日常生活に少しでも潤いが欲しい、日常的に使うものをちょっとおしゃれにしたいと思ったら、雑貨店の存在価値はずっと高まります。それでも、(たぶん)どの雑貨店でも経営は大変だと思います。

a0158797_0462716.jpg

そんなや店が長く続いていることは、とてもいいことだと思いますし、それを応援したいから時々このお店を利用しています。ちなみに、私が今使用している小銭入れとキーケースはSUQ+製のものです。キーケースはオーダーメイドしてもらいました。

a0158797_0495344.jpg

とは言っても、私の場合は、店にいる間は、商品を見ているより店主さんの佐藤紘子さんとのおしゃべりしている時間の方が圧倒的に長いのが問題ですが・・・・。
それでもそのうち、また何かを買いに行こうと企んでいる次第です・・・。


いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23381982.jpg

ある日、仕事での移動の途中新幹線駅の周辺を通ったため、初めて駅舎を外側から見た。
率直な第一印象は、小さい、だった。
当分の間、北海道新幹線のターミナル駅となる新函館北斗駅が、まるで本州の一地方の単なる乗降者のためにつくられた駅のように見えた。

そして、もうひとつ思った。どうして最近の駅は同じようなデザインをしているのだろうか。まるで設計者が同一人物なのではないかと思えるくらい似たようなデザインをしている。

思い出したのは、以前住んでいた燕三条駅の駅舎だった。その頃住んでいたアパートの窓からは、ホームに列車が停車しているのをよく見えた。なぜなら、アパートと駅との間には田んぼしかなかったからだ。

中をご覧になった方によると、新青森駅より施設・店舗面でも数段物足りないという。新青森駅も早めに駅に到着したらかなり時間を持て余してしまう。外が寒くなければ、構内にある公園のベンチにひとりポツンと座っていたりする。
理由はいたって簡単だ。駅構内にも周辺にも何もないからだ。

田舎のバス停を思い浮かべる。バスが到着する何分か前にバス停に着き、バスを待つ。その時買うのはせいぜい自動販売機の缶コーヒーくらいのものだ。バス停に自動販売機があったらの話だが。
一時的には盛り上がるだろう。だが、平常時に戻った時、この駅だけではなく函館を含めたこの地域が何をどのように見せて、見てくれた人に魅力を感じてもらえるかどうか。

それによって、この駅の存在価値が多く変わるだろう。


いつもお読みいただきありがとうございます。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村