<   2017年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

a0158797_23312600.jpg

実は機会があれば行政関係者に話していたことがある。
それは函館市の特別税として「観光税」を導入したらどうかということだった。

このブログではしつこいほどお話ししていますが、函館のかなりの企業収入は観光そのものと観光に付随する仕事(クリーニングやお土産、ホテルの食事の食材他)に亘って得られていると思われます。また、そのような仕事をしている方々が消費する日常品などで色々な産業も市民に利用されています。例えば美原の蕎麦屋さんと観光は関係ないだろうと思うかもしれませんが、観光関連参議用に従事している人が利用しているかもしれません。

つまり、もしも観光客が全く来なくなった場合、想像では連鎖的に市内の半分の会社・店舗などが閉鎖に追い込まれるかもしれないと言っても、全くの見当外れではないと思っています。しかし、その観光で何とか市民の生活が成立っているはずの「観光地」は年々姿が変貌しています。より雰囲気のある建物や店舗が増加していればいいのですが、それどころか市民はまるで函館市のお荷物・廃れた生活の拠点には到底ならない場所としての認識がない方が相当数いると思います。

観光のおかげで生活が成立っているのに観光地には無関心で街が廃れても全く気にも留めない。それどころか、ある出版物の記事では、ボーニ森屋の経営危機に際して、大門はもうどうしようもない街というような表現を使って切り捨てていました。
ここで良く考えてみましょう。

広い地域で見てみますと、函館市の企業で働きながら近接の北斗市や七飯町に住んでいる方々は住民税をそれぞれの市町に支払っているのです。遠回りながら函館の観光の恩恵を受けている会社で収入を得ていながら、納税するのは函館市ではない。
また、同じ函館市内で働いていても居住地を、観光地として維持すべき建物・地域には住まず、観光地の老朽した建物が滅び、その姿が年々みすぼらしくなってしまうことに寄与している人々が観光地以外で何食わぬ顔で暮らしています。

そこで、「観光地に居住せずに、観光地としての街並の保全に寄与せず、その恩恵だけ受けている観光地以外の住民に対して観光税を賦課する」という条例を作ったらどうかということです。これは、下水道の受益者負担と全く同じ発想です。今まで下水道が整備されていなかった地域に汚水管が新説されますと、その道路に面する土地の所有者から、「下水道が整備されて生活が便利になるだから」という理由で下水道受益者負担金をどこの市町村も徴収します。

それと全く同じ考えです。

観光で直接的にあるいは間接的に経済的恩恵を受けている市民・あるいは市内の企業に勤務している他市町の住民で、観光地の街並の形成に寄与しない人は、その整備の費用の収入源として「観光税」を支払うべきだと私は考えます。
これは、私が密かに考えていたことですが、実は函館市でも真剣に考えたことがあるようです。内容が全く同じかどうかは別として観光以外に主幹となる産業がない函館にとって、それは必要に迫られる選択になるかもしれません。

これも以前このブログでお話ししましたが、函館の観光地は明治から昭和初期に建設され、何とか今でもその姿を維持している建物・街並でできています。つまり、私たちは「遺産」で食いつないでいるのです。その「遺産」も放っておけばいつか崩壊します。
崩壊して函館が観光地としての魅力が無くなった時、産業は大幅に縮小するでしょう。雇用も縮小され、失業者が多数出ることとなるでしょう。そんなことをこれっぼっちも考えず、今上手く行っているのだから、目先の楽・便利の方を優先したいと無意識に思っている方々には、是非「観光税」という形で半ば強制的に函館の街並の意地の協力をしていただかなければならないと思います。
もちろんこれには課題がたくさんありますどこまでの地域を「観光地」とみなすか、税率を何パーセントにするのか、得た収入で具体的に何を行うのか、特に他市町からの労働者の徴収をどうするのか。などなど検討すべきことは山積みですが、「失ったもの」を再び得るためにはそれ相応のお金が必要なのです。
このままでは、新幹線効果が薄れて来た頃から、観光してもつまらな街・街並になって行くことでしょう。

そのようになる前に、「函館を捨てた人たち」は観光という恩恵を受けているのですから、「観光地」に対しての「受益者負担金」を支払ってもおかしくはないのではないでしょうか。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23073684.jpg

家からすぐ近くなのになかなか夕陽を撮る気になれなかった入舟漁港に今日行ってみた。

a0158797_23100666.jpg

a0158797_23111208.jpg

あまりにもネットには夕陽の写真がたくさん溢れているし、比較的容易にきれいに撮れるのが夕陽だからあまり関心を持たなくなったのだが、今日はなぜか足が漁港に向かった。

a0158797_23143355.jpg

a0158797_23150881.jpg

色々な構図で撮ってみた。

a0158797_23155964.jpg

a0158797_23163064.jpg

漁港には猫もいたし、当然だけれどカモメもたくさんうろついていた。

a0158797_23180102.jpg

a0158797_23183791.jpg

この写真を撮って帰途に就いた時、向こう側から、入舟町周辺に水産加工場研修員として多く滞在している中国人女性の一人とすれ違った。少し歩いてから振り返ると、彼女は私が写真を撮った見晴らしのいい場所にいた。

そう、入舟漁港の夕陽の向こうには母国があるのだ。ずっとずっと向こうの空の下に故郷があるのかもしれない。
わかるような気がする。もしもね私がどこかの国に長期滞在したとしたら、きっと海辺に行き、ずっと続く空を眺め彼方の日本のことを思うだろう。
そんなことを思うのには、夕陽は最もふさわしい。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23524886.jpg

何から話し始めようか。話さないことはたくさんありすぎてドコカラチヲつけていいのかわからない。

明日は本来なら休日だが、仕事が入ってしまったのでもう寝ることにしよう。
話すことだって相当のパワーが必要なんだから。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00024319.jpg

それは、「私が撮りたいと思っている写真」です。決して「私が撮った写真」ではありません。
どうして、そんな大胆なことが言えるのか?その理由はとても簡単です。

もし、私が撮りたいと願っている写真を誰かが撮っていてくれたのなら、私はもう撮る必要が無くなります。その人の写真をずっと眺めていればそれで自分は満足できるはずです。そうなると、もう私にはカメラは必要ありません。今持っているカメラを売り払って海外旅行にでも行った方がずっと有意義であります。

でも、それができない。それは、どんなに世間で優れていると言われているカメラマンの写真でも、それが「自分が表現したい写真」ではないからです。私にとっての写真の価値(そんなものがあるとしたらの話ですが)は、自分の中にあるなかなかそれを作るヒントさえつかめないような写真を作れるかどうかにかかっています。

a0158797_00234113.jpg

はっきり言って自己満足の世界です。でも、「優れている」と言われている写真家の作品を見て感慨を受けたり、その世界に入ったりするのも、結局は見た人の自己満足であるはずです。

私は、技術的に優れた作品を作りたいとは全く思っていません。
ただ、「これが最も作りたかったんだよ」というものがもしできたら、それは自分にとって世界で背最も優れた写真となるでしょう。
そういうものがなだないから細々と写真を撮り続けているのでしょう。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23141876.jpg

元アナウンサーの木庭薬麻央さんが亡くなったそうだ。
テレビのニュースをはしごしていると、何度もその報道が流れる。その中で、麻央さんがBBCに寄港した文章がとても印象に残った。
要約しようとすると微妙な今が消えてしまいそうなので、一部を中略なく引用させていただきます。


例えば、私が今死んだら、

人はどう思うでしょうか。

「まだ34歳の若さで、可哀想に」

「小さな子供を残して、可哀想に」

でしょうか??

私は、そんなふうには思われたくありません。

なぜなら、病気になったことが

私の人生を代表する出来事ではないからです。

私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、

愛する人に出会い、

2人の宝物を授かり、家族に愛され、

愛した、色どり豊かな人生だからです。

だから、

与えられた時間を、病気の色だけに

支配されることは、やめました。

なりたい自分になる。人生をより色どり豊かなものにするために。

だって、人生は一度きりだから。


私が旅に出るようになったきっかけは全く同じ理由です。
生きるためにはやらなければならないことはたくさんあり、日々暮らしていくためにはそれらをこなしていかなければならないのは誰でも同じでしょう。
でも、それだけで人生の全ての時間を費やしてしまうことに疑問を持ったのでした。

ある時、ふと気づくと自分はまだ日本のことを全然知らなかったことを知りました。けっこう出張や転勤などである程度の街を訪れたことがあるのですが、それが北海道とは全く違う風景を持ち、言葉を持ち、食生活を持ち、生活感を持っていることを知ると、日本人に生まれながら、実は日本のごくごく一部しか知らない自分が偉そうに何かを考えていたことをしりました。
まして世界となると・・・・。この世に生まれて、一度しかない人生なのに、「この世」を知らずに死んで行くのは納得がいかない。狭い函館で何かを知った気になって勘違いを持ったまま死んで行くのは悔いが残る。

では、世界とまではいかなくても、せめて日本人として生まれたのだから、生きているうちに日本のことくらいはできるだけ知りたい。それが私が旅をするようになったきっかけです。何も知らないという小さな自分を少しでも彩のある人生だったと思えるものに変えたい。
まだまだ旅はこれからです。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22351341.jpg

私くらいの歳になって来ると、遊びに行くということがとても貴重になって来ます。特に夜出かけるためには、一日の仕事の疲れにも勝る元気がないと億劫になってしまいます。億劫ならまだしも、本当に体調が優れないと仕事が終わったら真直ぐ家に帰って休もう、というシグナルを自然に自分に発してしまいます。

a0158797_22392531.jpg

ですから、夜飲みに行けるということは少なくともその時は健康であるという証拠でもあるのです。何週間か前、ブログを書く気にもなれないくらい体調がひどくなった時は、仕事が終わったらただただおとなしく自宅療養したい。そればかり考えていて飲みに行こうなんてこれっぼっちも思えませんでした。

a0158797_22432731.jpg

若かった時は退屈な時間を紛らわすため、ストレスを解消するため、そのために遊んでいましたが、今では遊ぶにもパワーが必要なのです。
そう、だから遊べるということは健康である証拠にもなりえるのです。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00345133.jpg

元町のD'iciでは見のようなスイーツでお待ちしているようです。
これは宣伝用写真ではなく、別の用途に撮ったものです。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_12535068.jpg

函館も最高気温が20℃を超える日が続くようになりました。
普通でしたら、暖かい気候が好きな私にとっては「待ちに待った季節」と喜ぶべきことなのですが、日常的な生活(仕事を含め)では苦痛の季節がやって来たことになるのです。

その原因は言うまでもなく「エアコン」です。

エアコンから吹かれる空気は、まず喉に来ます。喉が風邪をひいた時のような痛みになり、ぐっと喉を内部で締め付けられたような鈍い苦しさを覚えます。それでもエアコンの送風が続く室内い続けますと、体全体が冷え込んできて微熱が生じ、まるで冬に寒い屋外にずっといるような体の芯からの冷え込の体験を「強制的に」させられるわけであります。

北海道はだいたい気温が20℃を超えるとエアコンをつけるような傾向にあります。
20℃でエアコン!全然つける必要のない爽やかな気温ではないでしょうか。ちょっとだけ薄着をして軽やかに散歩を楽しむことができる絶好の気温ではないかと思っています。
それがなぜかエアコンで「冷やそう」とするのが函館のみならず北海道の傾向です。そのエアコンの風に対して即座に私の体は反応します。ですから、夏になり行くところどこでもエアコンがつけられるようになると私は少し憂鬱になってしまいます。
これは私だけの体質なのかとずっと我慢して来ましたが、周りをよく見ると同じように咳をする者や、女性社員などはしっかり制服のベストとジャケットを着こんでいたり、もっとフルにエアコンが作動するようになりと女性はひざ掛けまで利用しなければならない人も出現します。

どうやら私だけではないようです。そんなに多くの人が我慢を強いられることを、なおかつクールビズに反することを、つまり地球温暖化を促進させることをみなさんやってしまうのでしょうか?今度それについてじっくり書いてみたいと思います。
たぶんタイトルは「頼むから脂肪を減らしてくれ」ということになりそうです。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22325255.jpg

久し振りに昔よく撮ったような写真を撮ってみた。構図はそんなに変わっていない。カメラとレンズが良くなった分ちょっとだけ画質が良くなっただけだ。

a0158797_22361176.jpg

そんなに変わらないものを撮りながらも、以前は気が付かなかったことに気付いた。
それは撮った後に写真を眺めて思ったことだが、写真撮影というものは時間を止める作業なのだと。だからじっと見ていることができるのだろう。

a0158797_22472218.jpg

一度振り返り、また先に進むことができたらいいことだ。そんな風に願いながらまたシャッターを押すのだろう。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23250244.jpg

私には珍しい杉並町のbarでのショット(お酒も写真も)です。

a0158797_23265820.jpg

雰囲気、どこかと似ていませんか?

a0158797_23291429.jpg

初めて行った杉並町のbarは、「ル・コントワール」のOB会(?)でした。

a0158797_23405198.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村