a0158797_22385767.jpg
栄町の風景。この辺の下町で多く見られる街並だ。

前回、箱館奉行と実行寺に助けられたフランス人のことを書いたが、その後にトルコ人のことを思い出した。
1985年3月のイラン在住日本人をイラン・イラク戦争の最中に危険を顧みずに救出したのが、トルコだったということをご存知の方はどれだけいるだろうか?正直言って私もテレビの特集番組を観るまでは知らなかった。その反省を込めて、物語のあらすじと実際にテレビで観たトルコ人について記す。

1985年3月17日、イラクのフセイン大統領は今から48時間以後のイラン上空を航行する飛行機は撃ち落すと宣言。当時イランにいた日本人は脱出のために空港に集まって来たが、肝心の救出機の手配が取れない。一報を聞いた日本国は緊急協議を行い、航空会社に打診するも航行上の安全が担保できないと出航を拒否した。つまり、日本は日本人を見捨てたのだ。
そんな絶望的な状況の中、日本人の商社マンが知人のトルコ人に相談。そのトルコ人はあちこちを当たり、その話が首相の耳にも入った。そして、関係者を緊急招集して協議を行い、すぐさま航空機とパイロットを手配し、イランへ向かわせた。あと何時間後に制限時間が迫っている中、何とか日本人を収めイランを脱出させることに成功したのだ。あと少しトルコの決断や航空機の手配が遅れていたら、イランの空港から飛び立てなかったか、上空で撃破されていたかもしれない、まさに危機一髪の状況での救出劇だった。

どうして、トルコ人が自国に見捨てられた日本人を命をかけて救ったのか?
それは、その時から95年前に遡った日本でのある出来事への「恩」からだった。

1890年天皇への表敬訪問に日本に来ていたオスマントルコの軍艦エルトゥールル号が所用を終え、横浜から帰国の途についた。ところが、接近した台風によって座礁し船舶は大破爆発し、船員は荒波に放り出された。流されたり自力で泳いだりして着いた所が、今の和歌山県串本町だった。殆どは遺体となっての漂着だったが、何割かはまだ息があったため、町民はそのトルコ人たちを自分たちの体温で温め、正月用に蓄えていた食糧を与えて命を繋がせた。もちろん衣服も与えた。その甲斐あって船員656名中69名の命が救われた。

この献身的な救助は帰国した船員によって全国に伝わった。そして、この話は学校の授業で子供たちに教えられ、語り継がれていたのだった。つまり、トルコ人は95年も前の恩を忘れずにいたのだ。
このことを実証した場面を私はテレビで生中継で観ることとなった。それは、2002年日韓サッカーワールドカップでの戦い方だった。下馬評ではトルコのプレイは荒く壮絶な戦いになるのではと言われた、決勝リーグの日本対トルコの試合。私もラフプレイで荒れる試合になるだろうと予測していた。ところが、試合が始まると拍子抜けするほど、トルコはフェアプレイに徹していた。劣勢だった日本のラフプレイの方が遥かに目立った試合だった。結果は1-0でトルコが勝ち、次に進んだ。トルコってこんなにおとなしかったかな?と、自分を疑った。しかし、次の試合からはいつものトルコだった。ファールを次々やり、イエローカードももらい、イメージ通りのトルコの試合だった。最後の韓国との3位決定戦も派手であった。
つまり、日本との試合だけがフェアプレイに徹したのだった。これは、トルコ人の日本に対する畏敬の念以外にない。「恩」をプレイで表したのだ。何と座礁から112年経っても日本人の救出劇が脈々と伝わっていたのだった。

それに比べ、私たちはたった25年前の大恩をどれだけの人間が覚えているだろうか?

函館にも多くの物語があるだろう。そのうちのどれだけの物語を私たちは知っているのだろうか?
今の私たちの生活に繋がっている物語がきっとあるはずである。もっと勉強しなければならないことがたくさんあると自分に言い聞かせてしまう。
a0158797_22231771.jpg
実行時にある日仏親善函館発祥記念碑。

それは江戸時代の1855年6月、フランスの軍艦シビル号が多数の乗組員の病状悪化により予定外の函館に緊急寄港した。同船は治療のため上陸許可を箱館奉行に求め、まだ和親条約を締結していなかったにも拘らず、人命を優先し、竹内下野守保徳は独断で上陸許可を与えた。そして、乗組員は実行寺に収容され医師の治療を受けることとなった。
また、同年7月にはフランス軍艦コンスタンチーヌ号も入港して同じく実行寺にて治療・保養を施し、うち6名が死亡したがその他の乗組員は完治して同年9月に無事出港できた。
この記念碑は仏教徒とキリスト教という異教徒同士の絆の証として建立されたものだ。

これが記念碑が建立されたいきさつの概要だ。
しかし、何でも物事を関連付けてしまう性格の私はこれで終わらない。フランス人のメルメ宣教師がその直後の1859年に来函しているのだ。もちろんキリスト教の布教のためではあるが、余りにもグッドタイミング。当時の航海を考えると、軍艦が帰国して、「いやー、日本の函館という所で大変世話になった。函館の人はいい人ばかりだぞ」と世間に広めて、それを聞きつけたカトリック系の司教が、「そんな素晴しい所であれば私たちの教えも理解してもらえるだろう。そうだ函館に宣教師を派遣しよう」と決めて、メルメ宣教師を派遣した、とすると時間的にぴたりと辻褄が合う。(これは私の勝手な想像で、証拠となる文献も伝聞も全くない。単に日仏和親条約が締結されたからという理由からかもしれませんので、どうぞご注意を)

それが本当の経緯かどうかはわからないが、多かれ少なかれ奉行と実行寺の行いがカトリック系の来函に影響を与えたと考えてもおかしくはないと思う。
そして、遅れること1896年カトリック系のシトー会が当別に日本初のトラピスト修道院が創立される。2年後の1898年には女子トラピスチヌ修道院天使園が創立された。
a0158797_23111054.jpg

どれも、今の函館の観光には欠かせない施設である。
つまり、私たちが誇る函館の名所の幾つかは、先人の勇気ある善行によってもたらされたものであると推測できるのである。本当に先人に感謝感謝である。

ちなみに、そんなことはつゆ知らずの若い頃、この寺に夜にギターを弾きに遊びに行った私は、静まり返った境内の雰囲気が怖く、なるべく演奏や話が途切れないようにしておりました。安眠している先人たちには多大なるご迷惑をかけたと反省しております。
a0158797_2241426.jpg
大森町の一角。昭和の面影がたっぷり残っている地区だ。

本日は、昭和時代をまだ忘れられないいい歳をしたおやじが何か話したいそうなので、話させてみます。

「おい、何だこのブログだかフクロだか訳のわかんないもんで小難しいことを気取って喋っている奴は。カッコつけるんじゃねえよ。だいだいだな、言いたいことがあるんだったら一言で言えばいいじゃねえか。まぁな、太宰治ちゅう作家も一言で話せないから小説を書くんだとか言ってたのを人から聞いたことがあるから、わかんねぇわけでもないけどよ、オレのガキの頃にこんなしち面倒せえこと喋ってたら、すぐに誰かにふざけんじゃぁねえ、って一発ぶん殴られていたもんだ。へっへっへっ、実はオレもそれでよくぶん殴られた部類の人間よ」

「だから喧嘩はよくしたぞ。だがな、自分より弱い奴には手を出さなかったぞ。当りめぇじゃねぇか。そんなの男の風上にも置けねえ。だからよ、オレが喧嘩したのは全部上級生か1対3とか4というとても勝てそうにもない奴らとばっかりだ。何か知らんが生意気だとか何とかぬかしてオレにかかってきやがるんだ。しゃぁねえ、オレも相手するわけよ。結果はいつも負けだ。当りめぇじゃぁねぇか。あっちの方が体格が良かったり、人数が多かったりするんだから、勝てるわけがねぇ。いっつも傷だらけになって家に帰ってたよ。だがな、おっかぁには誰にやられたかなんて一言も話したことがない。みっともねぇじゃないか」

「ところがな、情けねぇ奴がいたんだよな。4人でオレにかかってきた奴らがいて、頭にきて、オレ、近くにあった石を奴らに投げつけてやった。そしたら、それが一人に当って怪我してしまったんだな、これが。そしたらよ、しばらくしてからそいつがおっかぁと一緒にオレの家に来やがった。そして、そいつのおっかぁがオレにいじめられたみたいなことをオレのおっかぁに言いやがった。まぁ、早く言えば謝れってことよ。ふざけるんじゃねぇ、4人も束になってオレにかかってきたのに、いざテメェが傷付いたら謝って欲しいだなんて、だいたいだな、1人を4人で袋叩きにすること自体卑怯なのに、そいつ自分が恥ずかしくねぇのかと思ったわけよ」

「それでもオレはそいつらのことは喋らなかったぞ。じっとそいつの眼を見ていた。泣きそうな眼をしてやがった。根性がねぇなと思った。オレのおっかぁが謝ってその場は終わったがな、オレのおっかぁもできたもんで、一切オレを責めなかった。これは今でもありがてぇと思ってる。大人になってから思ったけどよ、そんな奴らがいじめをやっていたんだな。弱い奴とか少ない人数しか相手にできなねぇ情けない奴らよ。だがな、男だったらよ、喧嘩する時は自分より強い相手とするもんよ。それが男の心意気、意地ってもんよ。わかったか、てやんでぇ」

大変下品で失礼しました。尚、このおやじが何弁で喋ったのかわかりません。どうぞご容赦ください。