タグ:アート ( 45 ) タグの人気記事

a0158797_22370609.jpg

何年も前から、機会があれば必ず撮らせていただいているピアニストがいる。
函館在住にピアニスト、高実希子さんだ。

彼女は演奏はもちろんそうだが、特に昨年あたりから「演奏を見ていても感銘する」演奏家となった。

a0158797_22413184.jpg

それは女性だからというだけではなく、姿そのものが演奏の中に入り込んでいるのが見ている側に強く伝わって来るからだ。

その彼女が今年秋デビュー10シュウネン記念コンサートを行った。この時は舞台裏まで回って演奏前、休憩の彼女を撮った。その中で一番好きだった写真がこれだ。

a0158797_23344781.jpg

とても繊細な世界で。そんな仕草の一瞬を撮ったことはカメラマン冥利に尽きる。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22402169.jpg

まだまだやり残していることがある。
それをやり切らなければ、いつまでもうじうじともがきながらただ寿命を迎えるだけになるかもしれない。
今年東京に行った時、少しだけ何かを感じた。

東京は暮らしたいとは思わない所だ。住むのはやっぱり函館がいい。
だが、求めたいものは東京にあると今年感じた。

それは何かということは今は言えない。
ひとつだけ言えるのは、先日お話しした奥入瀬が持っている自然(地球)の力とその中で感じるちっぼけな自分という位置関係で得ることができる、言葉にできないパワー。それは東京にもある。だからと言って東京の真似をしようとは思はない。東京で得たものを自分の中で消化し、自分のものにしたい。

東京にしたいと思ったのは、ほんの一部の人を除いては皆街の中のほんの一部分でしかない存在だからだ。そういう人の中で「原石」を見つけたい・
きっとまた来年東京に行くだろう。
すぐに希望が実現するかどうかはわからないが。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22481312.jpg

「インスタ映え」という言葉が流行語大賞を受賞したみたいですね。

受賞したからかどうかは別として、その言葉が頻繁に使われていたのは確かに認識していましたし、でも、そういう言葉が誕生した時点でinstagramは陳腐化したのだなと思っておりました、はい。

インスタ映えという言葉ができるということは、人気が出るものの写真の種類が限定化されたということ。ということは、同時にマンネリになることであり、陳腐化されたことになるのではないかと思います。

instgramに投稿していない私は、そのようなことを意識することももちろんなく、自分の撮りたいように、あるいは撮りたいものを目指して撮っています。

服でも何でもそうですが、流行って、はやった時には既に下降が約束されているものが多いんですよね。
もちろん、それでも下降しないものは「本物」であるということなんですが。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00230726.jpg

これは1/10秒のシャッタースピードで撮った写真です。

a0158797_00174153.jpg

これは1/8000秒のシャッタースピードで撮った写真です。同じ場所、同じ時間て撮ったものです。

a0158797_00332018.jpg

これは1/8000秒。川の流れの荒々しさが出ていますね。

a0158797_00351253.jpg

これは同じ場所で撮った1/10秒の写真ですが、滑らかな水流があるように見えますね。
でも、結局「見せ方」をどう設定して最初に撮るか左右するわけです。

これは年中行事的に行っている奥入瀬で撮ったものですが、今回は、レンズを70㎜~200㎜の1本にしてその範囲(つまり制限)で撮れるものを撮ったのですが、シャッタースピードを変えると同じものでも表情が変わってしまいます。

a0158797_00425579.jpg

1/10秒で撮った写真はこれからも載せると思いますので、1/8000秒のものを2枚ばかりご紹介します。

a0158797_00454896.jpg

まぁ、今回の奥入瀬では色々な撮り方を試してみました。次回以降をちょっとだけ気にしていてください(笑)



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00144380.jpg

なりを潜めいていた、モデルさんの撮影を開始いたしと思っています。

今度の撮影は、その方が持っているいいところを自分のストーリーにまとめることができるかというのが焦点となることになってしまうのは間違いないでしょう。
モデルさんとの距離感・信頼感、それが多きく結果として出てくるのは間違いないでしょう。
そのためにも連絡や打ち合わせには多くの時間を費やさなければなりません。

a0158797_00244662.jpg

そのための第一歩のコミュニケーションを今日とってまいりました。

a0158797_00254857.jpg

撮って気持ちいい、とられて気もちいい写真に仕上げるためには長い時間が必要なんですよね。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23564994.jpg

これはあくまで撮影ですよ(笑)

a0158797_23581997.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23364096.jpg

a0158797_23372027.jpg

北海道近代美術館のゴッホ展に行って来た。

a0158797_23384233.jpg

ゴッホの多くの作品を一度に見るのはこれが初めでだった。

a0158797_23411376.jpg

そして自分が感じたことは、ゴッホは本当にこれらの作品を描きたかったのだろうか?ということだった。
自らの命を絶つまで、ひょっとしたら本当に描きたかったのは違うものなのではなかったのか、という疑問を持った。

a0158797_23475243.jpg

その中でも、「アルルの寝室」は自分の気持ちを素直に描いた傑作であったと思う

a0158797_23502622.jpg






いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23264261.jpg

a0158797_23275669.jpg

a0158797_23284579.jpg

a0158797_23293731.jpg

a0158797_23304461.jpg

a0158797_23320086.jpg

a0158797_23325190.jpg

a0158797_23332150.jpg

a0158797_23343625.jpg



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22251322.jpg

正直言って彼らのコスチュームからは大きな期待はしていなかった。日本で言うと、ムード歌手グループやそんな感じのショービジネスを生業としているグループに思えた。しかし、一度演奏が始まると中南米の熱いリズムの渦に巻き込まれて、私はそれをただ享受するだけの一観客になってしまっていた。

a0158797_22341234.jpg

a0158797_22355786.jpg

a0158797_22352068.jpg

a0158797_22384957.jpg

a0158797_22371685.jpg

とにかくショーマンシップに溢れた軽快でパワフルな演奏が繰り広げらると、観客も黙ってはいない。
あちこちで踊り始めた。

a0158797_22422765.jpg

a0158797_22454508.jpg

a0158797_22480808.jpg


a0158797_22490023.jpg

a0158797_22494501.jpg

単純に素晴らしく、リズムに乗って、一体となって踊る。
誰にでも起こりうることだが、何も考えずに音楽に身を任せることができた演奏だった。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23502792.jpg

面白いバンドの演奏を聴いた。アイルランドの音楽を基本として、聴く側を決して退屈させないリズミカルでパワフルな演奏がステージで繰り広げられた。

a0158797_23541763.jpg

a0158797_23544490.jpg

a0158797_23551794.jpg

特に目が行ってしまったのはパーカッションだった。

a0158797_23562734.jpg

a0158797_23592417.jpg

パーカッションを叩いているはずなのに、このバンドにベーシストがいるかのような察甘苦を覚えた。

a0158797_00005417.jpg

a0158797_00012574.jpg

ヴァイオリンの弓がこれほど切れてしまうほどの演奏はかなり久しぶりのような気がした。

a0158797_00033676.jpg

また機会があったら是非聴いてみたいという余韻の中にいる自分がそこにあった。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村