a0158797_23213540.jpg

私のバーでの飲み方はいつも決まっている。
注文は、いつも「何かこういう感じのシングルモルトありませんか?」という注文をすることが多い。
なぜなら、銘柄を指定して注文すると当たり前のことだが、そのお酒しか出て来ないからだ。ところが、世界にはシングルモルトだけで(たぶん)プロの方でも知らないものも数多くあると想像できる。それなのに、全くの素人である私が賞味できた数はたかが知れているはずだ。その少ない数のリベートリーから無理に銘柄を告げて注文すること自体つまらないことだ。

a0158797_23352230.jpg

どうせウィスキー関して無知な私なのだから、カッコつけて銘柄を指定するよりねも、だいたいのテイストを話してバーテンダーにチョイスを任せてみるのも楽しい飲み方の一つである。

a0158797_23392447.jpg

そういう注文の仕方をしていると思いもしれない珍しいお酒を紹介される。それは札幌の「ドゥ・エルミターヂェ」でまのことだったが、経営者に対して「最近の日本のウィスキーは美味しいですね」という会話をしたあと、「何かお奨めのものはありませんか?」と私が訊いて出て来たのが、信州モルスの28年ものであった。これは美味かった。たぶんお値段もそれなりになっていたと思うが、そのようなものが目の前にあり、注文すれば飲めるのだという誘惑が大きく勝って飲んでみることにしたものだった。
そして、そのボトル(それが無くなればこの次飲めるのはいつになるかわからない)最後に空けられたむのは、光栄にも私であった。足かけ3年で飲んだことになるが、逆に言うと、私のようなちょっと変わった注文の仕方をする客にしか紹介していないのだったからだと思う。それでなければ、3年間も持つわけがない。

a0158797_23570176.jpg

今年の夏、銀座の「スターバー銀座」に行ってみた。これもあるバーテンダーからのお奨めだったからなのだが、お盆休みで出歩いている人の数が少ないにも拘らず、お店はほぼ満席だった。

a0158797_00010110.jpg

そんな従業員も大変な中、私はあるバーテンダーに「今更聞けない素朴な疑問」をぶつけてみた。
「マティニについてくるオリーブは、本当は食べるものなのか、ただの飾りなのか、それとも酒の風味を増すための隠し味的な要素なのか」という内容のものだった
それに対してばテンダーは丁寧に、「それらのどれでも構いません。どうしなければならないありません。ただ、当店では食べていただいてもいいようにオリーブにもしっかりとした風味と素材を用意しています」との答えがあった。

そしてその後出て来たマティニの付属品のオリーブはとても美味しかった。
そんな風に、知らないのだから素直に訊く。「何かお奨めのお酒ありますか?」と「ドゥ・エルミターヂェ」で訊いた。すると出て来たのがマッカラン23年(樽)その後17年(瓶)の合計40年ものだった。

私はそんな風にバーでそれまで知らなかったお酒との出会いをしている。





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00232355.jpg

あくまで私の好みの問題ですが、最近予約する傾向にあるホテルの部屋の特徴を並べてみました。
そもそも、昔仕事の出張の関係で安いビジネスホテルに缶詰めになって、遅くまで仕事をし、外食も面倒くさくなるため(そもそも仕事がが終わった頃に開いているお店はしても少ない)コンビニの弁当を狭い部屋で寂しく食べたというのが軽いトラウマになっているため、旅行でどこかに行く時はそのようなビジネスホテルは極力選ばないようにしている。あくまで「非日常性」を求めているのです。

a0158797_00324807.jpg

よくホテルは眠るための所、ということで特別な居住性を求めない方がけっこういらっしゃいます。確かに表で飲食したりすると、実際にホテルの居室を堪能できるのは、1泊で6時間もあるかどうかわかりません(睡眠している時間を除いて)たったその時間のために多少多めの料金を支払うのは理に適わないという方もいらっしゃるでしょう。
でも、私はその6時間を楽しむために小さなビジネスホテルには泊まらないようにしています。
それは先程も言いましたが、非日常性を求めているからです。

a0158797_00415884.jpg

かと言って超豪華なホテルに宿泊するのはちょっと気が引けます。例えば私は外出から戻りホテルに入る前に必ずと言っていいほどコンビニによって寝酒用の酒を買ったりします。その他もですが。もちろん歩けるところは歩いてホテルまで行きます。
それが帝国ホテルだったらどうでしょうか…・。うーん、ちょっと絵になりませんね。帝国ホテルには車で帰るのがやはり絵になるでしょう。ということでそのようなホテルは利用していません。いわゆる豪華絢爛なホテルには泊まっていないのです(もちろん予算の関係も大いにあります)

a0158797_00481400.jpg

それで結論としての私の選ぶホテルは、
1.最高級より1つか2つ下のランクで気軽に宿泊できるところ(コンビニの袋を持って帰ってもおかしくないところ)
2.部屋が広めで高層階に近いところ(これが唯一の贅沢です)
3.内装ができるだけスタイリッシュであること(とりあえず安く泊まれるといいんでしょ、というところはトラウマが甦ってきます)

そんなものを求めて、宿泊施設をネットでけっこうこだわって探しているのです。
さて、次はどのようなホテルでしょうか(笑)




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23563813.jpg


a0158797_23584935.jpg

a0158797_00000836.jpg

a0158797_00010738.jpg

a0158797_00023519.jpg

a0158797_00043071.jpg

a0158797_00052463.jpg

a0158797_00062348.jpg

a0158797_00032480.jpg

平成28年9月 撮影



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_12030077.jpg

a0158797_12045822.jpg

a0158797_12061647.jpg

a0158797_12075648.jpg

a0158797_12090044.jpg

a0158797_12114527.jpg

a0158797_12141386.jpg

これらは全て奥入瀬渓流の写真です。
さて、私は毎年奥入瀬に行っているのですが、なぜ行くのか?そのきっかけなどを次回お話ししたいと思います。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23403441.jpg

奥入瀬に行く前、たまたま見たブラタモリで、一部奥入瀬のことを紹介していた。以前から不思議に思っていた、岩の上に立っている木々はどうして根を土まで伸ばすことができたのであろうか?種のまま岩の上に落ちても育つわけがない。根を着けることなく、そのうちに風によって飛ばされてしまうのではないか。ずっとそう思っていた、その疑問に見事に答えてくれた。

a0158797_23465443.jpg

奥入瀬にはどういう理由からなのかわからないが、何十種類もの優良な苔が貼り巡らされているよし。つまり、岩の上には既に苔が貼りつき、その上に種子が着床したため、優れた苔から栄養分を吸収し成長できたということらしい。

a0158797_23510995.jpg

当然だが、苔には粘り気があるので、そこに根を着けたらぐんぐなん根を伸ばすことが可能であった。そして現在の姿のように、まるで大きな岩を抱きかかえるかのように1本の木として生きていれるのだった。

a0158797_23542428.jpg

a0158797_23550587.jpg

a0158797_23554256.jpg

我々は木々や川や岩や滝ばかり見て、奥入瀬が何とも言えない息吹を放っている基にあるのが苔だということは知らなかった。奥入瀬で感じる何とも言えない命の重みの源も苔だったのかもしれない。

a0158797_23583415.jpg



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23125021.jpg

a0158797_22074005.jpg

a0158797_22083362.jpg

a0158797_22103654.jpg

a0158797_22113375.jpg

a0158797_22121895.jpg

a0158797_22132466.jpg

これらの写真は全て奥入瀬で撮影したものだが、実はかつて私が経験もしたことのない絶景の紅葉林がある。それは奥入瀬から青森方面に戻る、奥入瀬~八甲田のの山中に出現した、ある一帯に車が入ると、道路の左右がイチョウの木だけが植樹されいており、目に映るものは全て黄色い世界、そこを過ぎると今度はカエデが道路一体にあり、そこには混じりけのない紅葉が辺り一面に。
ちょうどその時は日が傾き始めた頃だったため、横から差し込む光に輝く紅葉が、まるで別世界のお伽の国にでも入ったような気持ちになった。

今年も帰りはそこを通ったのだが、既に葉は散っており、残念ながらその絶景を見ることができなかった。
来年こそ最も適した時期に行き、その絶景を写真におさめたい。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_12023177.jpg

私がよく行くイタリア料理店の店主さんから、八戸に行ったら必ず行った方がいいですよ、と言われていたお店。
スペイン料理は今ではあちこちに見かけられるけれど、ポルトガル料理はとても珍しいからとにかく行ってみたらいい。
プロにそのように言われると行かざるを得ない。基本的に私は信頼するプロが教えてくれた所には素直に行ってみることが多い。なぜなら、「プロ」が数ある中から選んで口にするお店だからだ。

私はバーに行くと、よく具体的な銘柄を指定せずに「こんな感じのシングルモルト」という注文する。それには訳がある。だいたい私は全世界のお酒を飲みつくしたわけでもないし、まだまだ飲んだことのないお酒の方が想像もできないほどあると思っている。たぶん、これから死ぬまでの間、1杯ごとに全て違う銘柄を注文したとしても、シングルモルトというジャンル全てを制覇するなんてできないだろう。だから私はいつまでも初心者なのだ。そんな「世間知らず」は、プロのバーテンダーにお任せして、出て来たものを嗜むのが最も適切な楽しみ方だと考えている。

a0158797_12200503.jpg

さて、話をポルトガル料理店に戻そう。
八戸市役所の近くにあるこのお店に入った。もちろん私は初めてのポルトガル料理体験なので、メニューにじっと目を凝らす。もちろんメニューは日本語で書かれているので、だいたい何を食材として使っているのかはわかるが、どのような味なのかはさっぱり見当がつかない。

ともかくまずはミックスサラダと、イカに(名前は忘れた)スミとゴロをまぶせた料理とエビをたっぷりのオリーブオイルとニンニクで温めた料理を頼んだ。もちろんワインも。ワインはとても美味しかった。特に2杯目以降に頼んだ(これも名前を忘れた)950円のグラスワインはさっぱりして料理の合間の口直しには最高の味を持っていた。もちろん料理が無くても間違いなく美味しいといえるものだった。

ポルトガル料理はボリュームがある。地元のある方と二人で食べたのだが、サラダは食べつくすのに最後までかかってしまった。先ほどの料理をある程度の量まで減らすのに1時間半くらいかかったように記憶している。(話をしながらゆっくり食べたせいもありますが)

そして、メインは貝とお肉のカタプラーナ(カタプラーナではなかったかもしれません。間違っていたらすみません)。もう大満足で食事を終えることができました。とともに写真を撮っていなかったことを思い出し、お店の方に許可を得て店内の写真を撮ったのですが、もちろん料理はもう既になし・・・・・。

後日、ネットで色々調べてみましたが、函館はもちろんのこと、東北以北(北海道を含め)レストランとしてポルトガル料理を出しているのはここだけしかないことがわかりました。札幌にメニューの一部で提供しているお店もあるようですが、各種のポルトガル料理を提供しているのは個々だけのようです。

大事なことを言い忘れていました。料理の味ですが、正直言って適切には言えません。フランスとは明らかに違うし、もちろんイタリアでもなく、隣国のスペインのものとも違う、とても独特の味付けであります。若干こってりしているように感じますが、食べ終わってからお腹がもたれるなどなく、ただ美味しかったという余韻を楽しみながら帰路につけるという感じです。すみません、わかりづらいでしょうが、ともかく機会があれば是非ご自分で行って確かめてください(笑)

お店のHPはこちら ⇀ Bar Saude(バール・サウーヂ)



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23113195.jpg

自宅で今回サボン・ド・マルセイユの2kgを購入した。
昔、一時期ずっとサボン・ド・マルセイユを使っていましたが、その頃はネット混入が一般的ではなかったため、石鹸が売っている札幌から転勤になると、当然の如く日常的には購入できなくなったのです。函館でも、片っ端から探せばどこかに売っているのでしょうが、それもできずにしばらくの間ツルハのオウンブランドであるM's oneの無添加石鹸を使用していた次第です。
でもこの無添加石鹸、安いけど肌への刺激が少なく、中途半端に香料や殺菌などの成分が入っている石鹸より肌に合っていたのでした。
ところが、約半年前から、再びネットで試しにまた使ってみようと購入し使ってみると、オリーブ石鹸はやっぱりいいですね。決して泡がたくさんたつわけでもなく、人によっては気になるようなオリーブのにおいがするのですが、シャワーで洗い流すとオリーブオイル独特の滑らかだけが残っているという、まぁ、何百年も前から廃れずに残っているだけの理由があるのだなと納得させてもらえる使用感でありました。

半年前に購入したのは600gの大きいサイズのもので、これで2~3か月は持つので2000円くらいしても決して高くはないと納得していたのですが、先日ネットを見ると何と2kgの棒状になったものが売り出されているではないですか。それも、自分が使いたいサイズに切れるようにカッターまで付いている。

a0158797_00142518.jpg

これだけあれば1年間使えます(笑)それでいて、送料込みで約4000円ちょっと。600g3倍以上の量で価格は2倍で済むなんて何とお得なのでしょう(笑)(だんだん広告っぽくなってきましたが・・・・)
ともかく、これから空気が乾燥するシーズン、体内の脂を溜めこみすぎるのは問題ですが、皮膚にはオリーブの脂で滑らかにいたいものです。女性だけではなく、家族で使うのがいいでしょうね、

Simple is best のもののひとつです。決して高級なものではありません。いや、高級なものにはどうしてもにおいが付いてきます。あのにおい、よほどいいものでなければ、石鹸を使ってかえってからだょ汚しているような感覚になってしまう私にとっては重宝できる石鹸なのです。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22425659.jpg

「ごん」を出た後、狸小路を東方面(駅前通り方面)向かって、5丁目から4丁目への横断歩道を渡ったところで南側(右側)少し歩くと「3・4ビル」というビルに入った。目的は5か月ぶりの「ドゥ・エルミタアヂュ」だった。実はその前の「ごん」でけっこう出来上がっていたのだったが、まだホテルに帰るのは早いし、ちょっとだけ寄って行こうという軽い気持ちで行ったのだった。その店がある階がありがたい。ビルの最上階10階にあるため、多少酔って判断力が麻痺していても、エレベーターの一番上の階のボタンを押せば自動的に店に入れる。とてもありがたいことだ。

a0158797_22573938.jpg

まろやかなお酒というリクエストに応じて出て来たのがこのウィスキー。うーん確かにマイルドで飲みやすいものだった。
しかし、先ほどの「ごん」で少し調子に乗って多めに飲んだのがじわじわと体を襲って来た。一気に飲んで潰れないように写真などをを撮る。

a0158797_23043491.jpg

a0158797_23053381.jpg

まだ酔い的に余裕があった頃、次のお酒のチョイスをするために、中田ママに「お勧めは何ですか」と、まだ飲む気満々会話をしました。それで彼女が持ってきたのはこの2本だった。

a0158797_23080105.jpg

中田ママから説明を訊き、どちらのしようかと考えていた時、マッカラン23年ものが瓶詰してから既に17年経っていることを知らされた。これは面白い。せっかくだから最初はストレートで飲んでください、グラスに注がれた合計40年もののマッカランを舐めるようにして飲んだ。それが一気に酔いにとどめをさすことになろうとは・・・。
チェイサーで胃の中のアルコールを薄めようとしても焼石に水。次第にワールド・ラウンド&ラウンドになってしまった。味はしっかりしていてそれでもきつ過ぎず甘すぎず、ゆっくりと舌で味わうことの出来そうなものだった(ような記憶がある)。だが、裏ラベルを見るとアルコールが50度・・・・・・。

a0158797_23221137.jpg

a0158797_23230494.jpg

結局私は半分しか飲めずに、店を出ることにした。これ以上酔うとホテルに帰る自信がなかったからだ。もったいない。確かにもったいない。だが、お店でぶっ倒れるようなみじめなことはしたくなかった。

後ろ髪を30mくらい引かれる思いで店を出てホテルに徒歩で向かうが、信号待ちの度に電柱に背をもたれて何とか経っているような状態だった。
ホテルの自分の部屋に何とか戻ると、服を脱ぎ一目散にベッドへ・・・・・。

今度はマッカラン23年+17年をきちんと堪能できるよう、その前の店ではあまり飲まず、ここでは最初にそれを頼みたい。
完全に酔っ払ってしまった自分ですが、舌のどこかに確かにマッカラン23年が主張する味覚が残っていた。





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22340468.jpg

ゴッホ展の前夜、夕方札幌に着いてしばらく休み、食事に行こうとホテルを出て歩き始めると、自然と狸小路7丁目方面に向かっている自分がいる。
この狸小路7丁目付近には美味しいお店がけっこうな密度で点在している。その中のひとつが「ごん」だ。

そして、この時もついつい札幌に滞在3回連続で「ごん」に行ってしまった。もうくせになりつつある。
その理由が上の写真だ。普通の料理店であれば刺身用の新鮮そうな魚介類をカウンターの目の前に陳列しているのだが、ここはいつもアスパラガスなのだ。それを見る度今目の前にあるアスパラガスをどう料理してくれるのだろうか、という期待がむくむくと芽生えてくる。そしてアスパラガスがらみの料理を頼んでしまう。

a0158797_00030627.jpg

誰かがさざえの壺焼きを頼んだ。それを見て私も食べたくなってしまい注文した。本当に単純であるが、美味そうなものに複雑も単純もない。ただ美味ければそれでいい。
a0158797_00063247.jpg

店員の方に今旬のものは何だろうかと尋ねてみた。彼は少し考えてから、最後に「もづくです」と答えた。「では、それを」と私が注文した。
一口二口と食べて行くと「これは酒が進みそうな味ですね」と私が言う。店員さんは、「うちも商売ですから」とニヤッと笑う。それはともかくもづくをガラス容器に盛って出すという発想が面白かった。

a0158797_00141136.jpg

締めはもちろん蕎麦。支払いを済ましてけっこうな酔いを引き摺って狸小路を歩く。
先日行った葉山にはユーミンが良く似合うと思った。でも、この狸小路には中島みゆきが良く似合う。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村