タグ:函館の出来事 ( 260 ) タグの人気記事

a0158797_22221076.jpg

森町鷲ノ木の海岸にこの碑はある。本当に目立たなく訪れる意思を持って探さなければ見つからないような場所だ。
しかし、函館地方における歴史的な大事件はここから始まったのだ。ここに旧幕府軍が上陸しなければ今の函館はなかっただろう。

a0158797_22283768.jpg

旧幕府軍はこの地から箱館に向かい、官軍や松前藩と闘い箱館・松前を手中にした。戦いが劣勢となった松前藩士たちは奥尻や青森に逃避せざるを得なかった。
しかし、青森で大編隊を組んだ官軍と松前藩士は合流し、津軽海峡を渡って旧幕府軍と最後の戦いを挑むことになる。

a0158797_22343408.jpg

ところが、官軍が北海道上陸を果たしたのは、太平洋側である鷲ノ木と反対側の、日本海にある乙部町であった。これには意味があると推測している。
それをきちんと説明しようとしたら、もはやブログではなく小説の分野でしか書くことができませんので、詳しくはお話ししませんが、この上陸から始まった箱館戦争は、江戸時代が終焉する最後の戦いであったのと同時に、相馬哲平氏などの豪商を誕生させることになった。

a0158797_23010067.jpg

a0158797_23013344.jpg

a0158797_23020615.jpg

そしてこの戦いは、私の遠い祖先である松前藩家老蠣崎家の離散という結末を迎えるものになったのである。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22404914.jpg

a0158797_22420467.jpg

a0158797_22430484.jpg

a0158797_22441336.jpg

a0158797_22445280.jpg

a0158797_22461362.jpg

a0158797_23224082.jpg

a0158797_23242132.jpg

a0158797_23254515.jpg

a0158797_23263494.jpg

牧野潤さんの花器
金森倉庫群 BAYギャラリーにて日曜日までです。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22131702.jpg

ずっと閉館状態が続き、建物のそのももの老朽化が加速するのではないかと懸念であった、旧安田銀行(元ホテルニューハコダテ)が京王グループのアイディアによってホテルとして利用されることになった。
京王ホテルグループは、首都圏を中心に利便性が高い(例えば東京駅のすぐ近く)などにビジネスマンも泊まりやすい価格帯のホテル「プレッソイン」を展開しているに中、リノベーションホテルも手掛けていた。その流れ上にあるのがちょうど1週間後にオープンするHakoBAだ。
この施設は外国人だけではなく、外国人と接してみたいと思っている日本人旅行客にとっても面白いものになるかもしれない。

内覧をしていないのでどのような空間であるかなどはわからないが、ともかく築85年の旧銀行の良さを充分宿泊客への魅力にしてくれたらいいと思う。
まだまだ函館には手つかずの逸品がたくさんある。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23313306.jpg

知人でプロカメラマンのyさんの無料撮影会に自分の写真を撮ってもらうため行ってまいりました。
事前に本人とは、今日のことについて話をしていたため、撮影ボースも話してあり、それに沿って撮ってもらったのですが、さすがにあちらもプロ。せっかく撮るなら別のポーズもということで、想想外の時間がかかってしまいました。

a0158797_23370696.jpg

撮影の順番待ちをしてい間、会場である公民館の地下を何枚か撮影したのですが、本当にいつまでも残っていてほしい建物であるのは間違いないですね。

a0158797_23395783.jpg

この建物の保存活動していた知人の努力には頭が下がる思いであります。

a0158797_23420616.jpg

a0158797_23423583.jpg

会場の外から見た写真と、中に入って順番待ちの時間に撮った写真です。

さて、どんな私のポートレートになったことやら。
私の描くイメージの通りにとっていただいていたならFacebookのプロフィール写真にしたいと思っています。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_21591578.jpg

西埠頭にはよく豪華客船が停泊する。普段はそれを知っていてもわざわざ見に行ったり、写真を撮ったりしないのですが、本日はたまたま近くで仕事をしていたこともあり、天気もよかっので(風は強かったですが)歩いて近寄ってみました。

a0158797_22515959.jpg

近付いたのは船尾から。そして船尾近くから船首方向に撮影。

a0158797_23031457.jpg

中央付近。各室にベランダが付いている豪華仕様の船のようです。

a0158797_23054925.jpg

それから船首に向かいましたら、この船が「SILVER SHADOW」だということがわかりました。
この時も風が強く海面は細かく波立っていたのですが、さすがにこのクラスの船になるとピクリともしません。


a0158797_23105496.jpg

それから全体像を撮影しようと後退をずっと続けてやっと撮ったのですが、選手の一部が写っていなかった・・・・。

a0158797_23143590.jpg

乗客は貸切バスで市内観光したり、個人的に歩いて出かけたりしていたようでした。しかし、どこから来たのかわかりません(調べるとすぐわかるのでしょうが、まぁ、知らなくてもいいかと特に調べておりません)。
どこかに停まって、その街の観光をするって、今話題になっている四季島は客船の陸上版なんでしょうね。

a0158797_23191937.jpg

普通、このような優雅で豪華な旅ができたらいいなと思うでしょう。私もそのような憧れが一瞬頭によぎったのですが、そんな時間があるなら、その時間を使って世界各国の色々な(有名無名問わず)街を訪れてみたいと考えてしまいました。やはり基本的に貧乏だからなんでしょうね(笑)

でもともかく頭の中はまた世界という妄想の憧れを登場させてしまいました。例えばルーマニアの観光地でも何でもない街を歩いてみるとか、ハンブルクの裏通りを怯えながら歩いてみるとか、妄想はどんどん拡がってしまいます。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_21320520.jpg

札幌から帰って来てすぐにバル街。そして仕事も見事に忙しくなったことが重なってブログの更新せずに睡眠の毎日でありました。ちなみに休日であった本日、この歳で10時間も寝ていました。
さて、そのバル街、ひとりで歩いたわけでありますが、連れがいなかったせいもあるかもしれませんが、どこか盛り上がらなった私でありました。

a0158797_21401468.jpg

以前、バル街の男性の姿が少ないとお話ししたことがありますが、何となくそれがわかったような今回のバル一人歩きでした。どういうことかと申しますと、このようなイベント、やはり男同士で回るのはちょっとどこか虚しいわけでありまして、きっと男性はそれをわかっているから、誰かに一緒に行こうなんて言わず、行くのはやめておこうと決めてしまうのではないか。
ところが女性同士というのは、男性同士にはない楽しみを持って複数で歩き回っていらっしゃるようで、バル街の女性比率が高くなるのもわかるような気がするのであります。

a0158797_21541235.jpg

ということで、秋のバル、私と一緒に回ってくれる女性大募集いたします(笑)

というのはさておき(本当はさておくわけにもいかないのでありますが)、今回のバルを回って思ったことは、前回にもお話ししましたが、本当に転換期なのだなということでありました。もう、私が初めて回った頃のようなお祭りのような、函館の人々のエネルギーが集まっているイベントではなく、ひとつのシステム化された行事というものになってしまったのではないかと思った次第であります。

a0158797_22020103.jpg

それは、バル街そのもののシステムというよりも、歩き回っている方々がタイプが変わったからではないかと思います。以前は、ひとりでお店に入っても、たまたま近くにいた人と何気なく話してひと時を楽しむことができたのですが、今のバルにはそんな空気があまりないのです。
たとえ何度か行ったことのあるお店に行っても、どこか他の街で初めて入ったお店のような感覚になってしまうのであります。
おまけに混んでいるので何となくさっと飲んで食べて出よう、という気持ちになってしまいます。

a0158797_22083595.jpg

これは私に限ったことかもしれませんが、バルを男一人で歩き回るのはちょっとつらい。そんなイベントになったんだな、という感想を持ったのでありました。

a0158797_22105313.jpg

その結果、知人がライブを行う店に行きました(最初からそのつもりでありましたが、笑)でもその店には別の知人がいたり、ルールディのお店の方がいて、ついでに予約をしたり(ちょうど行こうと思っていたからラッキーでした)、やっと一息つけたのでありました。

a0158797_22161741.jpg

a0158797_22164908.jpg

a0158797_22173493.jpg

a0158797_22182580.jpg

結局、ライブが終わってから出演した彼らと一緒に別のお店(バル参加店ではない)で飲んだのがその日最も楽しかった時間でありました。
そうそう、今までずっと出店していたところが今回は取り止めていたのも残念でした。また、そんなに遅くに行ったわけでもないのに「完売」になっているお店もけっこうあったりするのも残念でした。また、弁天町方面からの参加店が少なくなったことも、バルが何か変わって行っているのだなという思いを強くさせたひとつでありました。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23124756.jpg


約2週間前、運転中に発見して、信号待ちの時に撮った写真です。
普通の飛行機雲はまさに今飛び去ったばかりの飛行機のものです。しかし、それより以前に作られたと思われる飛行跡(雲とは言えない)が空の一部をまるで(私には)空の一部を真空状態にして飛び去ったように見えました。





それで、これはいったい何なのでしょうか?




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_09294283.jpg

11月20日、既に12月15日で閉店することをお知らせした「ル・コントワール」の栄子ママの誕生日と新たな旅立ちを祝う会を催した。これは、私と加納さん(バル街実行委員の一人)が企画したもので、その会場は大町にある「港の庵」にした。
コントワールに馴染みのあるお客さんを全て呼ぼうとすると、ホテルなどの宴会場で行わなければならない。しかし、それは企画側の我々もママも本意ではなかった。なぜなら、まずコントワールに関するイベントを企画する際、その場所がホテルというものはどうしてもイメージがつながらなかったということと、そこで出される料理は知り合いのシェフにお願いしたかったということがある。そして、会場はやはり西部地区でなければならない。できれば建物そのものにも趣があるもの。それ以外は考えられなかった。

a0158797_09543782.jpg

そうなると「港の庵」以外に適したものはなかった。ここは、厨房施設がある。そして運のいいことにピアノもあった。そして我々が企画したものは、来た方にコントワールのイベントでなければできないようなちょっとした贅沢な環境を作ることだった。

a0158797_10072086.jpg

お酒とグラスは和田商店さんが用意してくれた。

a0158797_10092686.jpg

花はBOTANさんに頼んだ。

a0158797_10113135.jpg

料理はコムシェヴ―さんにお願いした。

a0158797_10155462.jpg

a0158797_10162538.jpg

そして、会を彩ってくれるBGMとして、まず高実希子さんにピアノ演奏をしていただいた。彼女は騒がしい中、しっかり自分の世界を表現してくれた。ちゃんと聴いていた方にはその素晴らしさが伝わっただろう。

a0158797_10253355.jpg

a0158797_10261575.jpg

そして吉村兄弟。当初は吉村4でなければできないと言っていた兄であったが、ちゃんと楽譜を用意していた(笑)この二人だけでやったのはかなり久しぶりではなかっただろうか。

でも、これがコントワールでの日常だった。普段はお金を払って聴くようなミュージシャンが、酒の勢いに任せて突然演奏を始める。私はそういう贅沢な時間をたくさん経験させてもらった。それをこの日も再現したかった。

その他、プロ並みのギターと歌を佐賀さんが、ママへのプレゼント贈呈式とママから皆様への感謝の言葉のBGMを畑中さんと吉村弟が奏でてくれた。私がやらなければならない作業の関係上、これらの写真は撮れなかったが、こちらの依頼に快く引き受けていただいたミュージシャンにとても感謝したい。ここで流れた音楽は全て生演奏というひとつの贅沢。そういう場面を提供したかった。
私は運営側だったので、ゆっくり酒や食事や演奏を楽しむことができなかったが、会場に来られた方々はご満足いただけただろうか?そして主役である栄子ママは喜んでもらえただろうか。

a0158797_10492220.jpg

そして、一緒に企画し、料理や酒、花、マイクなどの手配をしていただいた加納さんには大感謝。彼がいなければこんなにまとまっていなかっただろうと思う。私一人では絶対不可能だった。また、受付等をしていただいたN・KさんやN・Yさん、K・Yさん、設営を手伝ってくれたI・Hさんたちの協力にも感謝したい。

a0158797_10581574.jpg

収容人数の関係で、ご招待できない方がかなり多くなってしまいました。お詫びいたします。

最後は、スペイン料理店「バスク」の経営者で、バル街の主宰者でもあり、この「港の庵」で定例的に行われている美食倶楽部「ソシエダ」の主要メンバーである深谷さんが締めていただいた。ちなみに、ル・コントワールはバル街の第一回目から前回の9月の秋バルまでずっと続けて参加していた。
だが、来年の春バルにはもうどこを探しても店はないのだ。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23524343.jpg

函館市銀座通りで20年超に亘って営業しております、ル・コントワールが12月15日で閉店することになりました。
閉店の理由は、栄子ママの次のステップへ進むためのものです。ママらしいと言えば全くその通りで、寂しくなるのはもちろんのことですが、そういう気持ちの反面、ママには次のステージで頑張ってほしいという願いも自然に生まれてくるのですから不思議なものです。

a0158797_00004622.jpg

約20年のうち、私がお店に行き始めたのは6年くらいですが、その間に数えきれない方々とお知り合いになり、数えきれないくらいの素晴らしい音楽の演奏があり、数えきれないくらいの写真を撮り、数えきれないほどの寝不足をしました。
特に、このお店では「函館に居ながら全国の方と知り合いになれる」という不思議な出会いができる場所でした。また、色々なジャンルで活躍している方と知り合いになることができる場所でもありました。画家などの作家さん、ミュージシャン、映画関係者、報道関係者、お医者さん、不動屋さん(笑)、設計士、理美容師さん、その他思い出すのも大変なくらいたくさんのお客さんと話をしました。

a0158797_00162667.jpg

そんなこんなしていつも行くようになると、そのうちバルのお手伝いで「カウンターの中の人」としてお手伝いしたり、常連さん中心に焼き肉パーティの幹事をやったり、来月開催される「お別れパーティ」(完全招待制)の企画係となったりと、時には客なのか関係者なのかわからなくなることもあったのですが、それでも皆さんと素敵な時間を過ごせたのはある意味私が函館に住んでいられる理由の一つにまでなってしまったほどでした(笑)

a0158797_00223776.jpg

ここではどんな社会的地位や立場・職業の人であっても、一度店の中で一緒に飲んだら、みんな仲間のような人間関係になっていました。自分の地位などを見せびからしたい方には不満をもつでしょうが、そのような「昼間の自分」から解放されたい方々にとってはとても居心地のいい場所となっていました。お店で知り合ってしばらくしてからその方の職業を知ったということも日常茶飯事でした。そうです、このお店の中ではみんなただの一人の人間になれたのです。

a0158797_00333175.jpg

それもひとえに栄子ママのお人柄でそういう店になったのだと思います。
実は、この閉店のことは何か月も前から知っていたのですが、本日ママご本人がFacebookで正式にコメントしたため、本日のご紹介となりました。
これから私は、「お別れパーティ」出席者にご覧になってもらうために、コントワールの写真をピックアップして、坂者のためにご覧になっていただこうと思っています。どれほどの数の中から絞らなければならないのか、今から気が遠くなりそうですが、それで皆さんの想い出のひとつとなればと思い、約1か月頑張るつもりであります。
ともかく、まだ閉店まで2か月ありますので、思いのある方は、その間に訪れてみればいかがでしょうか。
また函館の名店のひとつが消えてしまう前に・・・・・。

a0158797_00463202.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00154835.jpg

a0158797_00162744.jpg

a0158797_00171710.jpg

バルは終わった。
「カウンターの中野の人間」としては、新たな来店者が入らない時間が続くと、リラックスモードに突入する

a0158797_00200508.jpg

このくらい落ち着くと、そろそろリラックスタイムとなり、ワインなどをチョビチョビ飲み始める。

a0158797_00223525.jpg

a0158797_00234736.jpg

ママもカウンターを出て来て、談笑する。この時皆は解放された安ど感で、飲む酒も美味しくなる。

a0158797_00264095.jpg

ともかくバルは終わった。次は自分がオーバーフェンスを狙って行かなければならない。
とりあえず明日から宮城県に行ってまいります。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村