タグ:函館の出来事 ( 271 ) タグの人気記事

a0158797_22262828.jpg

先日の続きです。
私がクリスマスファンタジーに行ったのは木曜日の夜7時頃。大火に平日なので人の入りが少ないのは予想できましたが、写真の通り、本当に僅かの観客しかおりませんでした。
a0158797_22353901.jpg

ひょっとしたら日中よりも歩いている人の数が少ないかもしれません。また、クリスマスファンタジーという行事があってもなくても歩いている数は変わらない。そんな印象を得ました。そして、楽しんでいるのは東洋系外国人が目立ち、日本人観光客や地元民と思われる人々はとても少なかったような印象でした。

a0158797_22585681.jpg

さて、かくいう私も昨年は一度も訪れませんでした。理由は、毎年変わり映えしないからです。約7年前からしばらく続けて行っていたのですが、2・3度見たら、次はまた同じようなパターンで、という印象を持ってしまい、わざわざ寒い中行かなくてもいいかという気持ちになってしまいます。

a0158797_23145344.jpg

今日本各地で冬のイルミネーションイベントが行われています。それぞれのコンセプトや予算があるのでひとくくりで話すことはできませんが、もう少しイルミネーションを飾る範囲を拡げてはいいのではと思っています。
例えば、会場から続く七財橋の欄干にも付け連続性と広がりを持たせ、その延長として巴大橋のにも付けると「ツリーに続く道」になるでしょうし、二十間坂下通りは中央分離帯だけではなく、両側の歩道の樹木にも取り付け、「お祭り感」をもっと演出してほしいものです。そして、私たち観客はそれらの光に導かれるようにツリーに足を向ける。そして、その途中でちょっとしたお店に寄ってお茶やお酒を飲んで、たっぶり「光」を楽しむことができたら、きっと私たち地元民ももっと楽しむことができるような気がします。

a0158797_22492215.jpg

ともかく、せっかく一部の方々が頑張って維持しているのですから、周囲の施設も協力してベイエリア付近の12月は光に溢れているという風景が当たり前になるようにしてほしいものです。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23133905.jpg

a0158797_00593469.jpg

a0158797_23214560.jpg

a0158797_23234162.jpg


感想などは次回の記事でお伝えいたします。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23150205.jpg

函館に足りないもの。それは函館にまつわる物語だ。
全国色々な街で、その街を舞台として繰り広げられた物語が存在している。もちろん函館にもさまざまな知られざる物語があるが、残念ながら全国的な知名度がある物は少ない。私は、ライフワークとして、その物語を書きたいと思っている。ある程度の構想はあるが史実をある程度取り入れなければならないため、まだ素材としては不十分なものが多数ある。そもそも主人公すら決めていない。

年表の物語版のような書籍は地元にも意外とあるが、日本の中での重要な歴史の分岐点と人の思いを交えた「創作物」は残念ながらない。
その「物語」を死ぬまでの間に完成させなければと思っている。もし傑作ができたなら、大河ドラマの候補にでもなればいいと自分でも思っているくらいの「函館のドラマ」を書いてみたい。

今、函館に最も不足しているのは、市内各所にある案内板(決して不用と言っているわけではない)ではなく、それらがつながって壮大なドラマとなる小説であると思っている。どのような内容を頭にストックしているかは今のところ言えないが、時代に翻弄された一族の悲哀を中心に描いて函館が過去に繁栄した様を物語にしたい。

そんな告白をワインを飲みながら話してみました。

物語のキーワードとなるのは津軽海峡でしょう。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23583688.jpg

今朝、姿見坂と大黒通りの角に面する市営住宅前のの様子を撮影しました。
市内ではもっと大きな被害もあったかと思いますが、仕事の関係上、時間的に撮れたのはこれだけでした。あぁ、近くのバス通りの空家の屋根のトタンもめくり上がっていましたが、それは撮らないでおきました。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23273345.jpg

29日夜、弁天町の「HAKODATE BAND WAGON」でタトゥーファミリーライブがあった。
このバンド、全員私より年上のメンバーにも拘らず、溢れ出てくるパワーは私の何十倍もあった

a0158797_22112587.jpg

a0158797_22120864.jpg

a0158797_22130960.jpg

それは、昔(約40年以上前)函館で自然発生的に発生していたパワーだった。それを最初に(と私が想像している)人前で演じたのがタトゥーファミリーの白倉さん兄弟だった。当時誰もが競って演じていた泥臭いブルース系のロック。

a0158797_22193367.jpg

a0158797_22203265.jpg

その函館のアマチュアミュージシャンが培ったパワーは、後にジューシーフルーツや村下孝蔵や辻仁成やジュディマリなどへと影響した。そして、少し時代が離れてGLAYにまで至った。

a0158797_22265910.jpg

その最初の大きな流れが弁天町から産まれたのだった。

今、函館に日本全国ほとその流れを作れるパワーがあるだろうか?
私は昔を偲びつつ何杯かのワインを飲んだ。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22251322.jpg

正直言って彼らのコスチュームからは大きな期待はしていなかった。日本で言うと、ムード歌手グループやそんな感じのショービジネスを生業としているグループに思えた。しかし、一度演奏が始まると中南米の熱いリズムの渦に巻き込まれて、私はそれをただ享受するだけの一観客になってしまっていた。

a0158797_22341234.jpg

a0158797_22355786.jpg

a0158797_22352068.jpg

a0158797_22384957.jpg

a0158797_22371685.jpg

とにかくショーマンシップに溢れた軽快でパワフルな演奏が繰り広げらると、観客も黙ってはいない。
あちこちで踊り始めた。

a0158797_22422765.jpg

a0158797_22454508.jpg

a0158797_22480808.jpg


a0158797_22490023.jpg

a0158797_22494501.jpg

単純に素晴らしく、リズムに乗って、一体となって踊る。
誰にでも起こりうることだが、何も考えずに音楽に身を任せることができた演奏だった。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23502792.jpg

面白いバンドの演奏を聴いた。アイルランドの音楽を基本として、聴く側を決して退屈させないリズミカルでパワフルな演奏がステージで繰り広げられた。

a0158797_23541763.jpg

a0158797_23544490.jpg

a0158797_23551794.jpg

特に目が行ってしまったのはパーカッションだった。

a0158797_23562734.jpg

a0158797_23592417.jpg

パーカッションを叩いているはずなのに、このバンドにベーシストがいるかのような察甘苦を覚えた。

a0158797_00005417.jpg

a0158797_00012574.jpg

ヴァイオリンの弓がこれほど切れてしまうほどの演奏はかなり久しぶりのような気がした。

a0158797_00033676.jpg

また機会があったら是非聴いてみたいという余韻の中にいる自分がそこにあった。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00543232.jpg

a0158797_00553326.jpg

a0158797_00562171.jpg

a0158797_00570665.jpg

a0158797_00580536.jpg

a0158797_00585095.jpg

a0158797_00593950.jpg

a0158797_01010910.jpg

a0158797_01002430.jpg

a0158797_01014845.jpg

a0158797_01022280.jpg

a0158797_01031156.jpg



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00182594.jpg

a0158797_00200980.jpg

a0158797_00213747.jpg

a0158797_00224630.jpg

a0158797_00234349.jpg

a0158797_00234349.jpg

a0158797_00253678.jpg

a0158797_00314118.jpg

a0158797_00322315.jpg



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00305364.jpg

最も存在感を示したのはこの女性でしょう。この方の近くにいる人たちは自然にその存在が薄れて見えてきます。そのためか、この方の周りには人が集まって来ませんでした。翌日の五稜郭コースに同じコスチュームの3人組が別のチームで出たのですが、3人合わせても、この方の持っている存在感には到底及びませんでした。
来年はこの方の追いかけをしてみたい、という気持ちになってしまいました。

a0158797_00365134.jpg

a0158797_00375574.jpg

a0158797_00385896.jpg

a0158797_00430438.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村