タグ:函館の暮し ( 428 ) タグの人気記事

a0158797_10320487.jpg

昨日の花火大会はほぼ音だけを聴いていました。
どうしてかと申しますと、上の写真でおわかりの通り、お酒を飲んでいたからなのです。
場所は大門の「杉の子」で、画家のS氏と一緒でありました。

上の写真の酒は我々の隣に座った方が注文したカクテルの元になったお酒なのですが、そのカクテルをちょっとだけ「回し飲み」しただけでお星さまがキラキラして来ました(笑)カクテルにしてもアルコール度数が80%だそうで、カクテル名が「デス何とか(忘れた)」。はい、これを飲んで冬道を歩いて帰ったら、途中で寝てしまい凍死するのは間違いありません・・・・。

最初に飲んだのはこのお酒です。

a0158797_10460690.jpg

a0158797_10464462.jpg

このお酒、世界で最も飲まれているお酒なんだそうです。それもそのはず、何とインドのシングルモルトウィスキーでインド国民がたくさん飲んでいて「世界一」になっているとか。でも、そんな理由を抜きにしても美味しいものでした。やっぱり飲まれているだけのことはあります。

a0158797_11040057.jpg

これはブラックニッカ発売60周年記念特別ボトル。
これを飲んでいた時にちょっとだけ店外に出て、花火を撮影。

a0158797_11081385.jpg

花火撮影用の準備を全くしていなかったのでこんなしょぼい写真となってしまいました・・・・・。
いい画像が撮れそうにもないので席に戻ると先ほどの死の酒を舐めて一時天国に行きそうになりかけ、かろうじて現世に戻ったところで最後の締めでイチローズモルトを。
a0158797_11224123.jpg

最近ウィスキーを飲むようになったという画家のS氏も独特の味をしていると気に入っていただいたようです。イチローズモルトは一度飲んだらその味が忘れられないですね、やっぱり。

a0158797_11295906.jpg

杉の子の方々もみなさん浴衣姿で夏祭りムードは満々だったのですが、我々はほとんど花火を見ずに終わったどころか、結局11時くらいまで飲んでしまいました。
あーあ飲兵衛には風情はないのか、というよりお互い花火大会だとわかっていてこの日飲むことにしたので、きっと我々は別次元で生きているのでしょう(これは決して帆言葉ではありません、笑)

今度は杉の子に置いてあった信州モルスの3&7を飲みましょ(笑)





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00534128.jpg


a0158797_00542776.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00185471.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00344877.jpg

昨夜は友人と青柳町の「桜路」に行ってまいりました。
一緒に行った人の話では、土曜日は世行くでいっぱいで入れなかったそうですが、さすがに平日は落ち着いていました。
でもそのおかげで、ゆっくりと美味しい料理を堪能することができました。
ここではちょっと変わった興味を惹く料理が多く、焼き枝豆、牡蠣の燻製などなど、どれも「うーん」と唸ってしまうものばかり。
本当は寿司も握ってくれるのですが、そこに辿り着くまでにお腹がいっぱいになり、今回で3回目だと思うのですが、まだ食べていません。
金度は最初から寿司を食べよう。
あっ、ここでは食べて飲んで話しているうちに写真を撮らずに終わってしまいました(笑)

a0158797_01080189.jpg

「桜路」を出たら、当然のようにすぐ近くにある「Bar SharEs HISHII」に立ち寄ってしまいます。

今回も珍しいお酒を飲みましたよ。

a0158797_01120045.jpg

a0158797_01135543.jpg

毛利・・・・・っている人は知っていますよね。私も特に詳しく知っていたわけではないのですが、毛利さんの名前くらいは・・・・

ともかく、上質な夜でしたね(笑)




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22430196.jpg

先週の土曜日、また素敵な音楽と共に時間を過ごすことができた。

a0158797_22451967.jpg

a0158797_22455726.jpg

a0158797_22470855.jpg

a0158797_22481353.jpg

a0158797_22484724.jpg

良い演奏は何時間でも聴いていることができます。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22204244.jpg
<br>
まさかこんなことになるはずではなかった。夜のバーでは、私がカウンターの片隅でひとりで飲み、なぜか5つ離れた席に30代くらいの女性が一人で座り、少しもの寂しげにお酒を注文する。その1杯を女性が飲んだところで、私はバーテンダーに、「彼女に1杯ご馳走を」と言ってちょっと苦いけど甘さも少しあるカクテルを注文する。
私も同じものを頼み、少し離れた場所から乾杯をする。それを飲み干すと私は彼女の分も一緒にとお金を置いて黙って店を出る。

a0158797_22353610.jpg

50代にもなるとそんなことをさりげなくやっている男になるはずだった。そうなるものだと信じて疑わなかった。
どこから狂って来たのだろうか。

a0158797_22380754.jpg

この碑は私と年代が近い女性二人の3人で飲んだ。普通に酒を注文して普通に話をして。

a0158797_22422422.jpg

a0158797_22430462.jpg

こんなはずではなかった。もっとハードボイルドな男になっているはずだった。
だが、この時は3人で割り勘で会計をした。

a0158797_22462061.jpg

ビアバー山下 にて



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_12250539.jpg

驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、先日初めて大門のBAR JEY'Sに行った。
友人が行こうと提案してもらったおかげで行ったのだが、前からずっと気にしていたお店だった。

a0158797_12274052.jpg

何かきっかけがないとなかなか新しいお店に入ることが少なくなった自分でありますが、内心レパートリー以外のお店も知りたいという気持ちには変わりなく、こういう機会はとても大切なものです。

a0158797_18544369.jpg

そして、お店によって置いている酒も違い、このイチローズモルトも初めて飲みました。

a0158797_18561414.jpg

また行こう(笑)



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23073684.jpg

家からすぐ近くなのになかなか夕陽を撮る気になれなかった入舟漁港に今日行ってみた。

a0158797_23100666.jpg

a0158797_23111208.jpg

あまりにもネットには夕陽の写真がたくさん溢れているし、比較的容易にきれいに撮れるのが夕陽だからあまり関心を持たなくなったのだが、今日はなぜか足が漁港に向かった。

a0158797_23143355.jpg

a0158797_23150881.jpg

色々な構図で撮ってみた。

a0158797_23155964.jpg

a0158797_23163064.jpg

漁港には猫もいたし、当然だけれどカモメもたくさんうろついていた。

a0158797_23180102.jpg

a0158797_23183791.jpg

この写真を撮って帰途に就いた時、向こう側から、入舟町周辺に水産加工場研修員として多く滞在している中国人女性の一人とすれ違った。少し歩いてから振り返ると、彼女は私が写真を撮った見晴らしのいい場所にいた。

そう、入舟漁港の夕陽の向こうには母国があるのだ。ずっとずっと向こうの空の下に故郷があるのかもしれない。
わかるような気がする。もしもね私がどこかの国に長期滞在したとしたら、きっと海辺に行き、ずっと続く空を眺め彼方の日本のことを思うだろう。
そんなことを思うのには、夕陽は最もふさわしい。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00345133.jpg

元町のD'iciでは見のようなスイーツでお待ちしているようです。
これは宣伝用写真ではなく、別の用途に撮ったものです。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_12535068.jpg

函館も最高気温が20℃を超える日が続くようになりました。
普通でしたら、暖かい気候が好きな私にとっては「待ちに待った季節」と喜ぶべきことなのですが、日常的な生活(仕事を含め)では苦痛の季節がやって来たことになるのです。

その原因は言うまでもなく「エアコン」です。

エアコンから吹かれる空気は、まず喉に来ます。喉が風邪をひいた時のような痛みになり、ぐっと喉を内部で締め付けられたような鈍い苦しさを覚えます。それでもエアコンの送風が続く室内い続けますと、体全体が冷え込んできて微熱が生じ、まるで冬に寒い屋外にずっといるような体の芯からの冷え込の体験を「強制的に」させられるわけであります。

北海道はだいたい気温が20℃を超えるとエアコンをつけるような傾向にあります。
20℃でエアコン!全然つける必要のない爽やかな気温ではないでしょうか。ちょっとだけ薄着をして軽やかに散歩を楽しむことができる絶好の気温ではないかと思っています。
それがなぜかエアコンで「冷やそう」とするのが函館のみならず北海道の傾向です。そのエアコンの風に対して即座に私の体は反応します。ですから、夏になり行くところどこでもエアコンがつけられるようになると私は少し憂鬱になってしまいます。
これは私だけの体質なのかとずっと我慢して来ましたが、周りをよく見ると同じように咳をする者や、女性社員などはしっかり制服のベストとジャケットを着こんでいたり、もっとフルにエアコンが作動するようになりと女性はひざ掛けまで利用しなければならない人も出現します。

どうやら私だけではないようです。そんなに多くの人が我慢を強いられることを、なおかつクールビズに反することを、つまり地球温暖化を促進させることをみなさんやってしまうのでしょうか?今度それについてじっくり書いてみたいと思います。
たぶんタイトルは「頼むから脂肪を減らしてくれ」ということになりそうです。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村