タグ:叙情 ( 271 ) タグの人気記事

a0158797_22112280.jpg

今ほとんどアメリカ映画を観なくなった。
今というよりここ20年以上前からと正しく言った方がよさそうだ。なぜ観なくなったかという明確な理由は思い浮かばないが、たぶん作品そのものより製作費に比重を重くした頃からだろうか。とにかく派手に金を使って製作し、それを謳い文句にした頃からだったと思う。

それまでのアメリカ映画は面白かった。アメリカは今以上に病んでいた。それが映画にも表れていた。
その中で、印象に強く残っている映画にはロバート・デ・ニーロが出演しているものが多かった。「タクシードライバー」はもちろんのこと、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」「アンタッチャブル」等々。いわゆるアメリカの裏の世界を描き出した映画でのデ・ニーロの渋さは抜きん出ていた。とにかくカッコ良かった。いつか自分も年齢を重ねたらああいう風になりたいと心のどこかで思っていた。危ない男。
そして探偵はバーにいた、ではなくて危ない男はバーにいた。

a0158797_22335036.jpg

とりあえずバーに行くようにはなった。しかし、話すことと言えば笑い話。とてもではないが渋い話には発展しない。
20代の頃の予定では、50歳を過ぎたら、バーカウンターに少し寂しげにしてひとりで飲んでいる見知らぬ女性に、「彼女に1杯を」とご馳走しているはずだった。
だが、そんな場面は何十回行っても訪れることがなかった。そして、もしそんなことをしたら、その女性から「お気持ちはありがたいのですが、けっこうです」と拒否される可能性が高いことを知らず知らずのうちに自覚していった。
でも、もしロバート・デ・ニーロの映画を観ていなければ、そんな妄想さえも抱くこともなかっただろう。人にそんな妄想を持たせてくれるくらいロバート・デ・ニーロはカッコ良かった。

a0158797_22463631.jpg

元町の「シェアーズ・ヒシイ」で、実際にそんな風に見知らぬ女性にご馳走した男がいたかどうか訊いてみた。
ほとんどそんなことはないけれど、一度だけカウンターで飲んでいた年配の男性が、ボッスにいた2人の女性にそれをやったそうだ。しかし、受け取った女性もどうしらいいのか戸惑うだけで、店内には妙にアンバランスな空気が流れたそうだ。
うーん、やっぱりこれからもやらないのが正解だろう。

でも、やっぱりロバート・デ・ニーロはカッコ良い。そして、ふと思うと、アメリカ映画界で好きになるのは男優ばかりで女優は特別に好きな人が思い浮かばない。
カッコ良さはアメリカの男性を求め、女性はやはり日本人がいいのか。
そんな妄想も、酔ってしまえば、眠気に勝てなく、さあそろそろ帰ろうと店を出る男にはもう無関係なのだろう。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22183530.jpg

普通の方であればどこかの外国などを選んでいただろう。ひょっとしたら死んでしまうかもしれない。もし手術や何かで生き延びたとしても、通常の生活をするのが精一杯で旅に出るなどできないかもしれない。もしかしたら、ガンだったのが嘘であったかのように元気に生きているかもしれない。拾った命なのだから時間を惜しまず精力的に何かをするようになるかもしれない。実際そのような人が身近にいた。
いずれにしてもそうなってみなければわからない立場に自分がいることには間違いなかった。

a0158797_22585560.jpg

最初の医院から少し経って、やっと私は紹介された総合病院に行くことにした。そこで検査してもらったら、やはり血液中のある数値は基準値の3倍近くになっていた。その他CTスキャンなどの精密検査も受けたが、「ガンではない」という確証を得るまでにはならなかった。
医師はまだ別の検査をしてみたいので、その間ある薬を処方するから少し時間を空けてから来てほしいという主旨の話をし、とりあえずある薬を飲み続けることにした。

a0158797_23063051.jpg

その「しばらく間」に私は奥入瀬に行くことにした。奥入瀬に決めたのは、複数の人から「あそこはいいところですよ」という話を聞いていたからだ。その時、私は自分勝手にとても良いイメージを自分に埋め込んでいたのかもしれない。

そうだ奥入瀬に行こう。だが、そもそも奥入瀬というのはどこにあるのかすら知らなかった。そこでネット検索でやっと隣の青森県であることが分かった。「何だ、とても身近に奥入瀬があるのか」と分かった時、私はもう宿やレンタカーの手配を始めていた。そして、2014年9月2日の午後、私は奥入瀬にいた。

a0158797_23175398.jpg

奥入瀬は確かにきれいだった。まだ緑が陽の光に反射したり葉を透き通ったり、穏やかな眩さがと木陰のコントラストと川面に波立つ白い水流が、まるで小説でも読んでいるような絶妙な絵として描かれていた。思い切り吸い込んだ空気は清々しく肺に染み込んだ。函館からそんなに遠くない所にこんな素晴らしい世界があったのか。
来てよかった、と歩きながら思ったが、しばらく歩いていると、奥入瀬が持つある奇妙な光景をいくつも目にすることとなった。

a0158797_20460892.jpg

a0158797_20472668.jpg

a0158797_20492099.jpg

a0158797_20503589.jpg

それは岩を抱えるようにしてそそり立つ木々であったり、無残にも命尽きた倒木であったり、倒れる寸前でかろうじて地面に這いつくばりそこから光を求めて上に伸びる樹木であったり、時にはそれらの木々を襲い、時にはそれらの木々に潤いを与えた川の水。川の水は倒木をものともせずに自然の法則に従って流れて行く。

それは美ではなかった。人間の否定も肯定も受け付ける余地もなかった。そこにあったのは私たちの想像を絶する長い時間によってもたされた「自然の掟よってできた姿」だった。容赦も何もない。倒れる運命にあった木々はその命を落とし、かろうじて生を保てた木々は逞しく空を目指して伸び、生と死の境にある木々は寡黙な自然の掟と闘っていた。

そう、奥入瀬にはあったのは、私たちの手の出しようがない「命の掟」だった。

何度息を止めてその光景を凝視しただろうか。そして思った。私の命は、今目の前に広がる無数の命の中のほんのひとつでしかない。小さな、とても小さな自然の中のほんの偶然で生まれてきた命にしか過ぎない。それは無情とも思える。だが、その光景は私に勇気を与えた。何も恐れることはない。自分という自然の中の一つの命を、その運命に任せて生きていればいいのだ。無残にも命朽ちた倒木と同じようにどこかで行き倒れてしまうかもしれない。運が良ければ何かに救われ、そこから自らの力で生き延びればいい。

どのようなことがあっても受け止めよう。それが与えられた運命なのだ。


函館に戻り、再検査を受けた結果、ガンではないことがわかった。普通であれば、とても喜ばしいことであり、ほっと胸を撫で下ろすことでもあり、希望に満ちることであるだろうが、私はそれをまるで普通の健康診断の結果を聞くかのような気持ちで聞いた。そう、私は運良く生かされたのだ。ただそれだけだ。それ以外のなにものでもない。

結果的にガンではなかったとはいえ、血液中のある数値が高かった原因となった病気はいつまでも私の中にある。そのため毎日薬を飲んでいる。その薬の副作用はけっこう私の日常生活を蝕んでいる。仕事中外出時、耐えられず車を止めて安静にしなければならない時もある。瞼を開いているのがとてつもなく苦痛になる時もある。

以前に比べて仕事を終えてからの外出(簡単に言うと飲みに行くこと)も次第に少なくなった。しかし、それはそれで仕方のないことだ。
「まだ私は生きることを許されている」のだから。

それから私は毎年奥入瀬に行くことにしている。今年は夏に東京にも行き、その後の仕事の問題解決に時間と心を費やされて、当初は奥入瀬に行く気にもなれなかったが、少しだけ心にゆとりができた時、やはり行きたいと思い始めた。そして10月の末奥入瀬と再会した。そこには季節柄青々しい葉を蓄えた木々の姿も、きれいに揃った紅葉が乱舞する姿もなかった。しかし、奥入瀬は奥入瀬そのものの変えずに私をを迎えてくれた。今回の滞在時間はそれほど多くはなかったが、今年も私は奥入瀬から来年また来るまでの命をもらったような気になった。そう、私はいつも奥入瀬に命をもらいに行っているのだ。

奥入瀬から帰って来て少しすると、それまでずっと重く私にのしかかっていた仕事上の問題が次々と解決され始めた。ずっと憂鬱な日々を過ごしたことが嘘だったかのように、物事が好転し始めた。毎年、奥入瀬に行ったら何か別のことでいいことが起きる。別に宗教的に意味合いを持って行っているわけではない。ただ行きたいから行っているだけだ。きっと、奥入瀬という壮大な命に、自分のちっぽけな気がかりなことが吸収されるのだろう。

また、来年も、再来年までの命をもらいに、私は奥入瀬にきっと行くだろう。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22473686.jpg

それは2014年の夏のある日のことだった。突然体のある部位に今まで感じたことのない激痛が走ったのでした。思わず「痛い!」という声を上げてしまったほどでした。
その痛みは、しばらく耐えていると自然におさまって行ったのですが、しかし、その余波とも言えるような現象が体にしばし現れました。
さすがに能天気な私もこれはちょっと体に異常なことが起きているのかもしれないと、土曜日でしたが、診察をしている町医を探して仕事中時間を作って診てもらいました。血液検査やいくつかの初歩的な検査をしてもらった結果、激痛が走ったものは一時的なもので、しばらく様子を見なければならないということで保留状態になりました。まぁ、今後どうなるのかはわかりませんが、少なくともその時は大事に至らなかったという結果となり、少しホッとしたわけであります。

a0158797_23214958.jpg

ところが、医師は「それはそれとして、血液検査の(ある)数値が同年代の基準値の3倍以上の異常値を示している。こういう数値が出るのは、ガンである可能性も示唆している。この医院ではこれ以上の検査はできないから総合病院への紹介状を書くので、そちらでもっと詳細な検査を受けた方がいい」という「別の診察結果」を示した。

a0158797_23302138.jpg

私は呆然としてしまった。まさか私が、という気持ちと、ついに私も、という気持ちが入り交じり、少しの間何をどう答えていいのかわかりませんでした。ついさっきまで自覚していた自分というものが、全て偽物の自意識の中で存在していたのだろうか。自分にとっても紛れもない現実は、今目の前にいる医師が告げた病を持った自分なのだろうか。

a0158797_23432193.jpg

でも、そんなことをいつまでも考えていても仕方ない。どうするかの結論を私は出さなければならなかった。医師が紹介状を出すという病院の候補は3病院だった。その中から一つを選んでください。私そんなことを瞬時に決めろと言われても困るだけなのだが、結局その中からある病院を選んだ。次の病院でどういう結果が出ようが、ともかく検査を受ける以外に自分の選択肢はないのだと、その時は思った。
そして、医師は紹介状を書き、受付でそれを受け取ってひとまず仕事に復帰した。

a0158797_23553977.jpg

しかし、私はすぐには紹介された病院には行かなかった。もしもやっぱりガンだという診断が下ったらどうしよう。そんな不安をもつのであれば、検査をしなければ結果も出ない。そうするとうやむやのままではあるが、「事実」を知らずひょっとしたらこれからも生活をして行けるのかもしれない。そう思った。
だもそれは一時的なことだ。今逃れてもいつかはその必要性が、どんなに嫌でも知らなければならなくなる時がやって来るかもしれない。

a0158797_00095066.jpg

そんなうじうじしたことを考えていた時、常に自分の頭の中にあったのは、「もし自分が本当にガンであったなら何をどうしたらいいのだろうか」という漠然としたほとんど具体性のない迷いだった。入院してその部位の摘出手術をして、抗がん剤を打ち、しばらく休職する「病人」になるべきか、それともガンを抱えたまま奇跡的な回復を期待して今まで通りに仕事して生活を続けて行くべきなのか。

a0158797_00265005.jpg

どちらの答も出なかった。その間紹介状はずっと私のカバンの中にあった。でも、次第に私の考え方が変わってきた。
「もし、本当にガンだったとしても、これからの命の時間を出来る限り自分がやりたいことや行きたい場所に行った方がよわり有意義なのではないか」
しだいに私はそのように考えるようになった。

a0158797_00375678.jpg

「自分が行きたい所?」その時にふと浮かんだのが奥入瀬だった。


後篇に続く。





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23395094.jpg

奥入瀬渓流の川沿いの自生している樹木は川に向かって成長を続けてきた。写真でもおわかりの通り、河川の上空は樹木の枝が複雑に重なり合っている。これも自然のなせる業ということもできる。

a0158797_23493779.jpg

見ていてその生命力に圧倒される。その生命力を体に吸収するために毎年奥入瀬に行くわけだが、今回は少し悲しい現実を見てしまうことになった。

a0158797_23503284.jpg

そんな散策の中、この場所に着いた時、熟年夫婦が河川の方をじっと見ていた。夫が「鳥が何かに引っかかって動けなくなってしまってているようだ」と妻に話していた。その会話を聴いた私は、望遠レンズを最大ズームにしてレンズ越しに確認しようとした。

a0158797_23545094.jpg

a0158797_23551536.jpg

「鳥」は時々動いていたためピントをオートではなくマニュアルに変えて探って、やっとピントを定め撮ってみた(と言っても拡大すると微妙にピントが合っていない)
それで分かったのは、誰かが釣をしようとして糸を川の中央付近まで投下しようとしたところ、途中の枝に引っかかって巻き戻すこともできず、竿側のテングスを切断し、枝側だけを残してそのままにしていたのだろう、枝の先から糸と浮きと重りと針がだらんと下がっていた。
そんな状態の中、コウモリはその場所にたまたま飛行して、見事に針に引っかかれり、身動きが取れずにその場でもがいているだけだった。私は近くにあった地上に落ちている枝を投げて、上手い具合に糸の引っかかっている枝にぶつけて震動を与え、期待は低いが糸が外れてくれるのではないかと何本かトライしてみたが、まったくその場所までは届かなかった。

何とも言えない場面を見てしまい、写真を撮ってしまった。

人間ってね・・・・・。やっぱり自然とは溶け合えないのだろうか?




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23214224.jpg

a0158797_23221797.jpg

a0158797_23225105.jpg

a0158797_23233605.jpg

a0158797_23260823.jpg

a0158797_23263852.jpg



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23141876.jpg

元アナウンサーの木庭薬麻央さんが亡くなったそうだ。
テレビのニュースをはしごしていると、何度もその報道が流れる。その中で、麻央さんがBBCに寄港した文章がとても印象に残った。
要約しようとすると微妙な今が消えてしまいそうなので、一部を中略なく引用させていただきます。


例えば、私が今死んだら、

人はどう思うでしょうか。

「まだ34歳の若さで、可哀想に」

「小さな子供を残して、可哀想に」

でしょうか??

私は、そんなふうには思われたくありません。

なぜなら、病気になったことが

私の人生を代表する出来事ではないからです。

私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、

愛する人に出会い、

2人の宝物を授かり、家族に愛され、

愛した、色どり豊かな人生だからです。

だから、

与えられた時間を、病気の色だけに

支配されることは、やめました。

なりたい自分になる。人生をより色どり豊かなものにするために。

だって、人生は一度きりだから。


私が旅に出るようになったきっかけは全く同じ理由です。
生きるためにはやらなければならないことはたくさんあり、日々暮らしていくためにはそれらをこなしていかなければならないのは誰でも同じでしょう。
でも、それだけで人生の全ての時間を費やしてしまうことに疑問を持ったのでした。

ある時、ふと気づくと自分はまだ日本のことを全然知らなかったことを知りました。けっこう出張や転勤などである程度の街を訪れたことがあるのですが、それが北海道とは全く違う風景を持ち、言葉を持ち、食生活を持ち、生活感を持っていることを知ると、日本人に生まれながら、実は日本のごくごく一部しか知らない自分が偉そうに何かを考えていたことをしりました。
まして世界となると・・・・。この世に生まれて、一度しかない人生なのに、「この世」を知らずに死んで行くのは納得がいかない。狭い函館で何かを知った気になって勘違いを持ったまま死んで行くのは悔いが残る。

では、世界とまではいかなくても、せめて日本人として生まれたのだから、生きているうちに日本のことくらいはできるだけ知りたい。それが私が旅をするようになったきっかけです。何も知らないという小さな自分を少しでも彩のある人生だったと思えるものに変えたい。
まだまだ旅はこれからです。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00084230.jpg


こんなちょっとミステリーだけどファンタジーな世界の写真の一部になってみませんか?
例えばこの写真の中にあなたが花に変わって主人公になるとしたら。
それで写真の完成です。

そのような素敵な感性を持ったモデルさんを探しています。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22082076.jpg

a0158797_22092392.jpg

a0158797_22101377.jpg

a0158797_22105213.jpg

a0158797_22122895.jpg

a0158797_22141422.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00103634.jpg

NHKのドキュメント72時間のエンディング曲の松崎ナオさんが歌う「川べりの家」がとてもいい。
こんな歳になってしまった者からすると、とても透明な心でみずみずしく歌っているその歌は、年齢を重ねいつしか忘れてしまったどこにでも見えるかもしれない風景の中から自分のこれからの将来に夢を持とうという、現実と夢を退避させながら淡々と歌って行く松崎ナオさんの曲は、どこか誰でもが持っている原点のような気がする。

若い頃、渋谷の道玄坂で朝まで遊んでくたびれてガードレールにもたれかかって街を眺めて、少しさみしくなったように、「なんて奇跡の色を持っているの キラキラ揺らめいてる 水溜まりに映っている 僕の家は青く透け 指でいくらかき混ぜても もどってくる とても儚いものだから」という感性は、歳と共に持たないようにするようになったのかもしれない。

でも、そんな自分からは何も特別なものは伝えられない。
もう一度「一瞬しかない」時を大切にして、感じ、記録してみたい。

a0158797_00272579.jpg

もし私の写真がつまらないものだとしたら、きっとそれがないからだろう。






いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23550451.jpg

この写真の方が昨日亡くなった。死因はガンだった。

その知らせを聞いて、過去に彼を撮った写真を探してみた。だがごく僅かしかなかった。元々被写体として撮影意欲が湧き出てくる風貌ではなかったし、撮ったものは彼の事務所のPCにすぐ保存することが多かったため、私の写真ライブラリーの中に残っているのはほんの僅かであった。

彼は決まって、自分が困った時に私に電話をよこした。舘野泉氏の演奏会を夫婦で観に行くために、運転に不安のある彼は私に鑑賞料をおごるからということでドライバーの役目を果たさなければならないことがあった。いつも彼の不安定な運転に神経質になっていた奥様は安心して帰り道はうとうとと眠り始めた。別に自分は特別に慎重に運転したわけではないのだが、よほど彼の運転が不安だったのだろう。

住宅の建て替えをするときも、工事費が適切かどうか確認したみたくて、私に建築図面を見せてくれたとがある。内容を確認すると、妥当なものであり、色々と注文がエスカレートするからこの金額になるんですよ、と専門的立場から意見を述べ、納得してくれた。

そして、彼と二人きりで最後に飲んだのは昨年の秋の頃だった。その時も突然電話がかかって来て、ちょっと江差から人が来るのだが、それまでの時間潰しに来てくれないか(もちろそのような言い方ではなかったが、結局はそういう意味だった)
やれやれ、今日は私はの誕生日でもあるのに、こんなムサイおっさんと呑まなければならないのかと、ちょっと躊躇したが他の人に電話をしても都合の悪い人たちばっかりだったので、わたしを誘ったわけだったのだが、もう少し言い方を考えて話したらこっちの気分も違っていたかもしれないのだが、彼にはそんな気の利いたことは話せない。いや、私にだったから正直に話したのかもしれない。そう思うことにした。
それにしてもその日は私の誕生日であった。何で自分の誕生日にこのおっさんの付き合いをしなければならないのか、ちょっとした不条理を感じながらも、「まぁ、いいか」と少し間付き合うことにした。だが既にその時、彼の咳の出方は異常なほどの回数になっていた。さすがの私も心配になったが彼は咳を除いてはいつもの彼だった。

それから約1か月後、彼は入院した。

a0158797_00483263.jpg

病名はがんだった。私は元来のひねくれ者と行動として、皆が寄ってたかって見舞いに来る時期がおさまるのを見計らってから病院に行った。見舞品は青森県立美術館で買ったシャガールの2017年カレンダーだった。それは月ごとにめくるとシャガールの絵を1か月楽しめるようになっていた。彼は「新しい古地図カレンダー」を作ったからと言ったが、私は内心「いいからシャガールを楽しんでくれ」と思い、彼に、「このカレンダーの全ての絵を、来年見てくださいよ」と言って無理矢理渡した。
その後病室から1階のカフェへ場所を移ししばらく話すことになったのだが、私の分のコーヒー代を彼が出そうとしたので、「病人におごってもらうくらい今は金に困っているわけではないから」と言って断った。私と彼は苦笑いをして顔を見合わせた。
何やかんやと話している中で、「私は星野さんが死んでしまうなんて考えられないんだけれど」と話したところ、彼も「自分でもそう思う」と返してきた。でもやっぱり死んだ。死というものはそういうものなのだろうか。あまりにも私たちは日常というものの不変性を信じすぎているのだろうか。

彼のおかげで私はブログを書こうと思ったし、彼の業務的命令でfacebookにも登録し、彼から依頼された色々な取材で、普通に生きていれば知らないことまで知ることができた。何よりも函館で起こったムーヴメントの裏にはかなりの割合で彼が存在していた。そのようなところから勉強させてもらったことは数多くある。私が今でもこのように世間に向けて何かを発信しているのは彼のお陰であると思う。

ある飲み会の時、皆がいる前で私は「もうそろそろ隠居した方がいいのでは」と彼に話したことがある。その発言の理由は、「あまりにも彼の存在が大き過ぎて、次世代で育つ人がいないのではないかと思った」からだ。彼は「いや、まだまだ」と反論した。
本当は、早めに引退して彼にしか書けない本を書いてほしかったのだ。

ある時、彼は私にこう言った。「函館の歴史を勉強している者の年齢層が高くなっきた、次にやれるのはあなたかその他一部の人間しかいない」という趣旨のものだった。私もそう思った。でも私はあなたとは違う形で歴史を伝えたい。恐らくあなたも、あなたを取り巻く人々も全面否定するかもしれない私流の歴史の伝え方をして、あなたの意思を継いでいきたい。決してあなたの真似はしない。いや、真似などできない。

あなたは、時には反面教師として、時には適切なアドバイスを話す人間として、私の中に存在した。
昨年珍しく私の写真展に来てくれた。まさか来るわけがないだろうと思っていたからびっくりした。そして、あなたのFacebookでの最後の投稿はなせかTom Waitsの曲であった。Tom Waiitsを聴くようなタイプの人間ではなかったのだが、私が深夜に聴きたくなるというTom Waitsを度々facebookに投稿したのを覚えていたのだったのだろうか、それとも実は元々のファンだったのだろうか。

ともかく、少しくらいは彼は私のことを好いてくれていたのかもしれない。だから困った時に私に電話をかけたのかもしれない。

「下駄を鳴らして奴が来る、腰に手ぬぐいぶら下げて」
彼の登場の仕方は私にとってはまさにそれだった。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村