タグ:思いつき ( 534 ) タグの人気記事

a0158797_23542294.jpg


そういう風にこれを見たら、切ないけど、それも真実であるかもしれないと思えてくるから不思議ですね。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23022637.jpg


本日は休日であり、なおかつ「相棒season15」の最終回スペシャルということで最初から最後までゆっくりと拝見しました。
「相棒」の楽しみのひとつとしては、杉下右京が他に捜査員では推理できない展開で事件を解決していくことにありますが(もちろん魅力はそれだけではないのですが。登場する人物のキャラクター・ロケ設定その他多岐にわたります)、今回もいったい真相はどうなんだろうか、という点において、単純に社美彌子(仲間由紀恵)がロシアのスパイ・ヤロボロクと恋愛関係にあったという展開にはしないだろうな、ということはわかりながら見ていたわけです。

ここで、そもそも今回のストーリーがわからない方のために簡単に説明を。警視庁広報課課長・社美彌子に子供がいたことを週刊誌が子供の写真入りで公表。誰がリークしたのか、とか、この子供(白人系の顔をしている)の親は誰なのか(彼女は独身)、ひょっとしたら以前の内閣情報調査室時代に付き合っていたとされるヤロボロクなのではないか。それではロシアのスパイに情報漏えいがあったのではないか等々、警視庁上層部は色めき立ち、もしそれがスパイに恋愛感情を持っていたとしたら相当国家的にも重要な問題となりうる。それでいったい真相はどうなのか。

まぁ、こういう展開で話が進むのですが、結局週刊誌に情報を流したのは社美彌子本人であり、その理由は、(杉下右京の推理によると)彼女には秘密にしておかなければならないものがたくさんあり、中には自分にとって、その情報の出方によっては不都合が生じるものがある。子供がいるということもその中の一つなのだが、少しでも肩の荷をおろし、また、誰かに探られる前に自分から(第三者の報道帆通じて)露見させた方がいいのではとのことだった。

スパイと恋愛して子供をもうけたとなると、社美彌子のキャリアに大きな傷が付く。当然警視庁幹部からの事情聴取を受けることになったのだが、最終的に彼女は「ヤロボロク」に犯されてできた子供だ、と告白した。すると警視庁幹部は色めき立つ。スパイに恋愛関係になったのなら本人の大きな失態のような責任が生じるが、犯された、つまり被害者であったということになれば、もしそれを公にすると、日本政府はロシアのスパイにハニートラップをかけていたことを世間に知られてしまうからである。だから、社美彌子の件に関してはね今後追及はもとより記憶からも外せという結論にせざるを得なかったことになった。
逆に言うと、社美彌子はこうなることを予想して、本来明かすべきではない彼女の過去を表面化させ自分を少し身軽にさせたのだった。

そこまで推理した杉下右京はさすがと言わざるを得ないのだが、この大きなストーリーの流れの中で見過ごされている疑問がある。「本当に社美彌子はヤロボロクの子供を身ごもったのか」という疑念である。もしそれが本当だったとしたら、一般的には彼女周辺に妊娠に気づいた者もいるだろうし、また、出産のための不自然な休暇を取っているはずだろう。ヤロボロクの子ではないかという疑念が生じた時に、どうして捜査員は社美彌子の部下から「彼女が外観上も妊娠を思わせるような体型になっていなかったを確認しなかったのだろうか。また、出産当時に「理由のわからない休暇を社美彌子がとっていたのかどうか」を調査する必要があったのではないかと思われる。
ところが、それらの調査は一切せず、子供はハニー・トラップを続行している社美彌子が「丘された」できたことだった、ということでひとまずの決着で最終回を終わらせている。

ここから善意に推測すると、元々ヤロボロクには子供がいて、事件の際にその子供を社美彌子に押し付けてアメリカに亡命した。ということになりそうだ。そういう説明をするのも面倒だから社美彌子は自分が産んだという筋が番組を用意したのか。もしそれならいいのだが、そうではなく、「犯されてできたこども」が真実だとしたら、妊娠期間についての説明が全くなかったのが稚拙であった。

さて、私はこの番組の揚げ足取りをしようとしているのでない。
一見、解明できたかのような気持ちにさせておきながら、その後じっと細部を見ると綻びだられという物語はたくさんある。

ものをつくる行為は、どれだけ緻密な合理世を持ってその作品に投影させるかが大切となる。
それをストーリーはばかりを優先して、その他のことにほころびが発見されると、

作品作りも同じだ。一見あでやかに見える絵でも色のバランスや構成に対し疑問を抱いてしまったら、失敗作らだったと言わざるえないであろう」

そんなわけで作品を作るということは非常に難しい。これは他人ごとではないのである。





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22495725.jpg

前回からの続きです。

園内バスを降りた後は、徒歩で各動物のコーナーを見歩き。

a0158797_22515427.jpg

a0158797_22523605.jpg

a0158797_22531106.jpg

a0158797_22534381.jpg

別にここという訳ではなく、どこで見ても檻の中にいる動物を見るのは、何となく辛くなる。せわしなく歩いていたり、いかにもストレスを感じているようだったり、あるいは野性を失ったかのような仕草などなど、いつも動物を見るという楽しさよりも人間の身勝手さを感じてしまい、素直に動物そのものを見ることができないのです。

そんなちょっとつらい時間を過ごしていると、檻ではなく柵の中にいたラクダと対面した。それが彼だ。

a0158797_23044967.jpg

何となく私は「彼」だと思った。「彼女」ではなく、「彼」と思ったのは、別に私が男色家であるとかそんな意味ではなく、男同士の「友」と感じたからだ。
「彼」にレンズを向けていると、ゆっくりゆっくりと「彼」は私に近付いてきた。
そして、「彼」はここのまで私に接近した。

a0158797_23084188.jpg

すると私は自分でも思いもかけない行動に出た。自然と「彼」頭を撫でたくなったのだ。ラクダの習性を知らない私が、どのような反応を見せるか -- ひょっとしたら逆上し私の指を噛むかもしれない --わからないのに、私は「彼」の頭を撫でた。
すると「彼」は柵の間から「友好の証」として私のコートをペロッと舐めたのだった。

a0158797_23141602.jpg

それが「彼」の答だった。おー、よしよし。私は「彼」の頭を何度も撫でた。すると、今度はカメラのストラップやコートのボタンなどの特定のものを舐め始めた。
「おいやめろ!」と課「彼」の手ではなく口を離し、少し距離を置いたが、あの人懐っこい顔を見るとまた撫でてやりたくなり、しばらくは撫でたり舐められたりの繰り返しだった。

a0158797_23520443.jpg

もしも、こいつとシルクロードかどこかで出会ったら、きっと「彼」の背中に乗って旅をしただろうな。「おい、まだ大丈夫か?少し休もうか」というような会話をしながら砂漠を一緒に旅していたかもしれない。そんな良き相棒と巡り会った気がした。

しかし、いつまでもこの関係をこの園内で続けるわけにもいかない。私は「彼」に別れを告げて、別の場所に行った。

a0158797_23564344.jpg

この写真には耳の一部しか写っていないが、山羊と羊が同じ柵の中にいた。山羊はせわしなく動き声を上げ時々こちらに迫って来た。それに比べ、羊はほとんど動かず、少し伏し目がちに己の一日を過ごしていた。私はやっぱり羊が好きだと思った。

a0158797_00004674.jpg

a0158797_00012239.jpg

最期に移したのがホワイトライオンの赤ちゃんだったが、ごめんなさい、私はひねくれ者ですので、どうしてもこういうのを「可愛い」とは思えないのです。

やはり私は動物を見ることではなく、コミュニケーションがとれるのが楽しい、そんなタイプの人間なのであります。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22490911.jpg

a0158797_22501728.jpg

サファリパークに着きバスに乗ると、まずライオンの見学が始まる。
この時は決して窓を開けてはいけないことになっている。開けていいと言われても書ける気など起きない。

a0158797_22524901.jpg

a0158797_22533041.jpg

檻に入っているライオンたちもバスの中から見ることとなる。下の写真は生まれてそれほど立っていないライオンの赤ちゃん。

a0158797_22552534.jpg

ライオンコーナーを過ぎると、ご覧のように様々な動物たちが餌をもらうためにバスに近付いてくる。

a0158797_22564675.jpg

a0158797_22580875.jpg

うん、キリン発見。

a0158797_22593157.jpg

a0158797_22595712.jpg

で、こんな間近で霧の顔を見ることになる。

a0158797_23010748.jpg

シマウマはあまり積極的に窓をの中に首を出そうとはしない。

a0158797_23020947.jpg

極めつけは像。この写真はズームしたわけではありません。こんなに近くに顔・鼻を寄せてくるのです。それを横から見ると

a0158797_23050362.jpg


そして、なぜかこのような動物たちも最後までバスを追いかけてくるのです。

a0158797_23070242.jpg

a0158797_23081941.jpg

a0158797_23075135.jpg


間近まで来た時はその迫力やら可愛いやらで大変でしたが、後から冷静に考えてみると餌を充分にやっていないからこんなにえさを求めてバスに寄って来るのでしょうか。もしそれが本当だったら楽しさも半減に思えますね。
次回は、ウマの合ったラクダについて(笑)



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_23484438.jpg

a0158797_23492232.jpg

a0158797_23502250.jpg





いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_10153207.jpg

たまたま何か月か前にテレビで見た、日光の金谷ホテルでの昼食がツアースケジュールに組み込まれていました。
本館の一番新しい部分で昭和10年という建物(創業は明治6年)、函館にある同年代の建物とは異なる建築美を持つホテルに入る。
アインシュタインやリンドバーグ、そしてフランク・ロイド・ライトなどが宿泊したというこのホテルは重厚で華美な装飾がいたる所に散りばめながら、シンプルにすべきところはそのようにしている建物だった。

a0158797_10432332.jpg

a0158797_10435469.jpg

a0158797_10442210.jpg

そしてレストランに入る。

a0158797_10504269.jpg

a0158797_10520264.jpg

メニューは、「Lunch No.1」クリーム スープ、ビーフシチュー野菜添え、季節のサラダ、金谷特製アイスクリーム、コーヒー、パンというものだった。10名以上の団体でなければ食べることのできないランチだそうだ。もちろん美味しい。あっさりとしているがしっかりと舌を楽しませてくれる味を持つデミグラスソースと柔らかい牛肉。パンも美味しい。スープもそうだが、全体にしつこくない上品な味でありました。

a0158797_10553244.jpg

a0158797_10560263.jpg

食事が終わり、そうそう来ることもできないだろうと思い、撮影が許される範囲であちこち撮りました。

a0158797_11103778.jpg

この写真ではよく表されていないが、ガラスは当時の手造りのもので角度を変えてみると、ガラスの向こう側のものが歪んで見えます。

a0158797_11125539.jpg

今度は宿泊客として訪れたい、そんな気持ちにさせてくれます。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_21342681.jpg


2月の中旬から何十時間も見ることとなった風景の一部。国際ホテルのギャラリー付近の光景だ。
私は椅子に座り、ずっと本を読んでいた。
でも、もちろんことだが、最初から帰る時まで書物に目をやっていたわけではない。時々周りを見渡したり、立ち上がって少し歩いてみたりした。

a0158797_21422485.jpg

a0158797_21430289.jpg


そして、ふと思った。

「今の自分には何が見えているのだろうか?」

a0158797_21450449.jpg


そして、その見えたものから何を生み出すことができるのだろうか?

a0158797_21462656.jpg


よりストイックにならなければ見たいと思っている世界も見れないのではないか?

a0158797_21485539.jpg


今の自分に必要なのは、きっとそれなのだろう。
さぁ、谷に下りよう。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_22075474.jpg

私は熱心なfacebookウォッチャーではないため、友達となっている方々の動向には疎いところがある。だいたいサッと見て気付いた投稿だけ少し読んで閉じてしまうことが多い。頻繁に投稿する人がよく目に付くが、私もそうだがあまり登校しない人のことはつい忘れてしまうことがある。決してその方に無関心だというわけではないのだが、日々の自分の仕事やその他のことに追われると、「ウォッチャー」にはなかなかなれないのだ。

しかし、そんな風にしていると、ふとある時友達の数が減っていることに気付く。もちろん毎回自分の友達の数を調べたりしているわけではないのだが、何かの理由で友達一覧を見た時、ようやく気付く、その人のアカウントが停止されていることに。つまり、その人はfacebookから消えて行ったということだ。
もちろん、今までのアカウントを消して別の名前でまだ登録しているのかもしれない。実際にそうしている人もいる。そして「好ましくない友達」をブロックするということもできる。もちろん本当にやめてしまった方もいるだろう。また、(現実的に)亡くなった友達もいる。

とにかく、私が見ているページの中では、何人かの友達が消えて行った。その方の連絡先(電話番号)は知っている。でも、なにもせずにそっとしておこうと思う。どんな理由なのかはわからないが、その人は去ることを決めたのだから。きっと何かのきっかけでまた出会うかもしれない。その時にその人とどんな話をするのか、あるいはそんな機会はもうこれからずっと訪れないのか。それは時間だけがしっていることだ。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00223634.jpg

いつものことですが、写真と本文は関係ありません。


もし、あなたが何かの機会があって私の実物と会うことがありましたら、私は「変人」という前提でお話ししてください。そうしなければ、たぶん理解できない言動をすると思います。
とても真面目風な言動するように見せかけて、突然失礼なことを話したりするかもしれません。
本人には悪意はないのですが、どうも時には相手を傷付けたり、不信感を抱いてしまう言葉を発していることがあります。

孤独に悶々としているのが一番いいのかのもしれません。




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
a0158797_00003942.jpg

昨日からけっこうな雪が降り、また寒く、今冬は暖かいなと思っていたら、やっぱり来るものは来るのだなと思い知らされた2日間になりましたね。雪が降った地域の皆さんは雪かきか大変であったでしょう。私も何度も雪かきをして腕や腰が痛いです、はい。車もツララをくっつけたまま走っているような状態で、トランクを開ける時に氷が割れる「バキッ」という音がする寒さです。

こんなに寒くて雪がたくさん降れば、当然車道もしっかりとした雪道となります。函館はしばらく路面が乾いた状態が続いていましたから、ドライバーの中には、よく言えば慎重に、別の見方をするとノロノロ運転して方が見受けられます。正直なところ、何もそこまで遅く走らなくてもいいのではと感じてしまう車もけっこう見かけられます。こんなことを言うと、また「安全運転して何が悪い」とお叱りを受けるかもしれませんが、私はそれが逆に不安なのです。

以前雪道になると極端にゆっくり入る人たちにその理由を訊いてみたことがあります。大方の答は、「滑るのが怖いから」というものでした。ごもっともです。確かに滑って予想もしていない方向に車が向って行ったり、制御できない状態になるのはとても怖いものです。私も長年運転をしていると、そのような場面は何度も経験しています。
確かに怖いものです。しかし、だからと言って、あまりにも遅く走られるのも困ったものです。どう考えても、40㎞/hで充分走れる道(路面状態・視野・道路幅の点で)を20㎞/hくらいでしか走れないのは、そのドライバーの運転大丈夫かな?と、逆にこちらに不安を与えてしまいます。

何度も言いますが、雪道は怖いです。怖いからこそ、どの程度になったら滑って制御不能になるのか知っておく必要があると思います。最近はやらなくなりましたが、昔はよく雪が積もり始めた時に、雪道の運転の感覚を呼び起こすために、車が全く走っていないような場所であえて急ブレーキをかけたり急ハンドルを切ったりして、「滑り具合」を確かめたものです。なぜそのようにしたのか?それは、怖いからです。だから早く雪道と仲良くなろうとしてそんなことをしたわけです。

雪道は滑るのが当たり前なのです。

私は前輪駆動(FF)の車に乗っています。今のところ4WDにしようなんて全く思っていません。なぜなら、FFは(FRもそうですが)停止・発進の際、WDよりもより滑りますが、それによって路面状態がよくわかるからです。それによって「あぁ、今日はちょっとスピードを出しても大丈夫だな」とか「今日はゆっくり走った方が無難だな」という判断をすることができます。つまり、安全速度の確認ができるのです。

ところが、停止・発進に強い4WD車は、(実際に私も運転してみたことが何度もありますが)その違いが分かりづらいのです。また、一部のドライバーはとにかくちょっとでも滑ったら「怖い」と思うため、滑りづらい4WD車を運転して、そしてなおかつ必要以上の遅い速度で走って「滑らないように」しようとしているようです。
もしそういうドライバーが何かの理由で本当に滑ってしまったら、滑り慣れていないために頭が真っ白になってハンドル操作もできなくなり、どこかにぶつけてしまうのではないか。実際そういう事故を何度か目にしていますので、ノロノロ走っている車の後ろを走っていると不安になってしまうのです。

何度も言いますが、雪道は滑るのが当たり前なのです。だいたい、雪や氷の上を車が走ること自体どんでもないことなのです。本来、ちゃんと止まるためにはスケートのエッヂのような金属がなければならないところをゴムのタイヤで走っているのですから、それは、本当にとんでもないことなのです。滑って当たり前なのです。だからこそその時の路面の状態と車・タイヤの能力の限界を知ることが大切なのではないかと思います。

滑るのが怖いという方は、一度でも二度でも三度でもいいですから、夜の誰もいない広い駐車場かどこで思いっ切り滑って勉強してみてはどうでしょうか。それをやってみると、きっとそのうち雪と友達になれますよ。雪道の安全運転は何よりも雪と友達になることが一番だと私は考えています。



いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村