気になった建物はちょっとした縁のある人の家だった

a0158797_0263281.jpg
弁天町にある煉瓦造の家。色褪せても何故か惹きつけられる魅力を持っている。

この建物、旧野口梅吉商店の角を曲がってすぐの左手にあるのだが、昨年夏の散歩中に「はて」と気付きよく見るとでしゃばらないお洒落感を持った家だと、撮影してハコダテ150に投稿した家だ。
その後、特に気にしていなかったが、先日床屋で店主と近所のことを話していると、この家、亡くなった出雲さんという画家の家だったとのこと。何でも五稜郭病院にその人の作品が何作か壁に掲げられているとのことだ。ふ~ん、そうか、という程度でその話は終わったのだが、実家で母親に訊くと、その画家は実家の前所有者の妹のご主人さんだった。

この実家の前所有者との縁はこれだけではない。前所有者の娘の夫が、私の前職の会社の上司であったのだ。それを知ったのは入社してからのことで、入社以前は会ったこともない知らない人だった。この前所有者の祖父は函館で海運業を営み一財産を築き上げた人物で、葬式には当時の函館経済界の錚々たる面々が参列したそうだ。(注:だからと言って実家は立派な建物ではない。築74年と古いが、芸者の置屋だったとのこと)

そもそも私には縁ある出会いがとてつもなく多い。
一例を挙げると、昔仕事で出会った岩見沢の老人女性と話をしていると、何と叔母の小学校の担任教師だった人であったことや、前職で同じ支店配属となった人物の従兄弟と私の従姉が結婚していたとか、小さな町の中での出会いだったら、まぁねそんなこともあるかと思えることが、道内の函館から遠く離れた都市で起きたのだ。

とてつもなく多い縁ある出会いのその詳細を別の機会にこのブログで記してみたいと思う。
by jhm-in-hakodate | 2010-03-03 01:09 | 函館で出会ったもの | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/10095489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayrton_7 at 2010-03-03 22:54
普段、通っている場所から中に入ったとき、この建物を発見しました。
とてもお洒落な外観だったので、どんな方がお住まいなのか興味を持っていました。
今日のお話を読んでなるほどなぁと思った次第です。
jhm-in-hakodateさんには、教わりたいことがいっぱいです。
Commented by jhm-in-hakodate at 2010-03-03 23:59
ayrton様、コメントありがとうございます。
私もたまたま偶然知っただけなので、たいしたことではありません。生活に役立たないくだらないことばかり毎日考えているつまらない人間ですので、あまり期待しないで暇つぶしに読んでください。(笑)
話は変わって、この建物は昔お洒落な店舗だったのかと想像してしまいますよね。画家がお住まいだったということで私も納得しました。
Commented by midy at 2010-03-04 12:17 x
とうとうjhmさんの気になる建物に登場しましたね。それも少なからず、いや様々な縁のある家だったんですね。
倉庫街にしか見えない場所にひっそりと建っているこの家は、建て方が瀟洒なだけに町家好きには気になりますよね。
そうですか、画家さんの家でしたか。納得です。さりげなく置いてある自転車が良いアクセントになってますよね。
2003年当時帰省した際に2日ほどかけて町家だけを撮りまくった時のアルバムをHPに載せてありますので、アドレス置いときます。
Index下の方にある「おまけ 1〜2」を覗いてみてください。
(他の項目は管理不行き届きでほとんど削除されてます)
Commented by midy at 2010-03-04 12:19 x
ごめんなさい!HPアドレスです。
アドレス掲載は×なんですね。
Office Midy たしでれ    で検索してみてください。
Commented by jhm-in-hakodate at 2010-03-04 23:40
midy様、HP拝見しました。
相当マニアックな建物もありますね。(笑)また、今ではもうない建物もありましたね。いずれ150+が非スタッフの方も写真投稿できるようになったら、是非投稿してみてください。貴重な写真もけっこうありましたので。よろしくお願いします。