弁天町の普通の情景

私が撮った写真のうち、多くの割合を占めるのが弁天町の写真だ。建物の豪奢さや、保存状態は末広町・元町のようでは決してないが、それが逆に身近に感じる理由でもある。
昔、親方衆の町と呼ばれた片鱗は垣間見ることができるが、庶民と懸離れた金持ちというより、名の通り小さな会社の親分といった親近感を感じる建物が多いのがこの街の愛すべき点であります。
a0158797_2273485.jpg
幸坂下。手前の蔵の2階のステンドガラス窓は、灯りの燈った夜に見るときれいです。
a0158797_2212894.jpg
壁穴通りにある落ち着いた佇まいの建物。そして、裏路地沿いに長屋が続くという西部地区の特徴がよく出ている建物です。
a0158797_22195429.jpg
姿見坂通りの浜通り寄りの建物。西部地区ではどこにでもありそうで、よく見るとなかなかない建物です。
a0158797_22251356.jpg
西浜岸壁附近。私が小学生になるかならない頃、この道路上でアイ・ジョージという俳優が乞食役で映画のロケを行っているのを見たことを覚えています。野次馬が10数名いたことも覚えています。
by jhm-in-hakodate | 2010-03-26 22:31 | 函館の街並・建物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/10280885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by midy at 2010-03-26 23:36 x
「壁穴」のこの家、よく撮れていますね。この家の前っていつも車が置いてあって、なかなか全景撮れなくって「完璧」な姿の写真見れてうれしいです!
大谷石の倉庫、うっすらと「小熊倉庫」って残ってませんでしたか?まだ現役らしいのがすごいです。
>アイ・ジョージ          「硝子のジョニー」のロケですね。歌が大ヒットし、映画化されたんです。野次馬の中に私もいたかもしれません。その頃は日活映画のロケが頻繁にあり、良く見に行きました。
Commented by jhm-in-hakodate at 2010-03-27 23:37
弁天町にはまだまだ発掘すれば面白い建物があると思います。普段は何気なく見えていても、ある時違う角度で見ると、えっ!この建物こんなに良かったのか、と感じることがあるのでうろうろ歩くことを止めれません。
小熊倉庫の文字、今度確認しておきます。
Commented by ayrton_7 at 2010-03-28 21:15
下から2番目の場所、僕も好きです。
Commented by jhm-in-hakodate at 2010-03-28 22:50
そうですね。この辺りから佐藤商会、太刀川米穀店までの建物の残り方がいいですね。