センス

a0158797_23313569.jpg
函館公園の碑。何の碑なのかと漢文を読んだがさっぱりわからなかった、高校時代、漢文は大の苦手だった。

昨日の北村水産について、少し補足を。

自由の女神像のセンスが悪いという声は数多く聞こえていた。もちろんその通りである。全く否定する気はない。だが、そのセンスの悪さが想像を遥かに超えていた。
今回の騒動でテレビなどでは全国にある女神像を紹介したりしていたが、それらは今時絶滅寸前のパチンコ店の女神像やラブホテルの女神像である。函館市内を見渡してもパチンコ店やラブホテルにはない(はずだ。自信はない。断言できるような利用をしていないから)。
つまり今回よく使われた、「パチンコ店やラブホテルにあるような女神像」という表現はもうこの世にないものを表現したことになる。また、そんな死滅して誰もが見向きもしなかったものを北村水産は採用したわけだ。

流行は繰り返される、とはファッション業界で使われている言葉らしい。だが、この女神像は再び流行するとは到底思えない。
もし、どうしてもこの女神像を活かした建物とのコラボを考えるとすれば、店舗を西部劇のガンマンが集うバーのようなものか、アメリカングラフィティに登場するネオンぎらぎらのパブ風の建物以外思いつかない。だが残念ながらこの店舗は全てにおいて中途半端なデザインであるため、どのようなものと組み合わせても「絵」になるとは想像できない。

本当に真剣に経営というものを考えているのなら、例えば料理人が皿や鉢などの器にこだわるように、商品を展示する建物という器にもこだわるはずである。恐らく発想としては、金儲けしたい→目立つ店舗にして集客したい→目立つ色・目立つ物という単純なものであると想像できる。

私には「良いものは良い形をしている」という信念がある。商品の性能にこだわって作ったのなら、その性能の良さをデザインという形でも表現したくなるのが自然だ。それをしないのは結局眼の中に写っているのが金だけだからだ。

センスというのは、その意味の「感覚」だけではない。ものの質から必然的に生まれてくるものだ。
by jhm-in-hakodate | 2010-07-31 00:21 | その他雑感 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/11058162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by uribon at 2010-07-31 09:37 x
jhmさん、こんにちは。
この話、先週の朝日新聞(東京版)にも載っていました。函館市側については市民の声というより市の見解で、北村水産は社長が取材に応じているのです。2階がフリースペースだからその象徴として「自由」の女神を設置した、市民とも話し合いたい、と初耳の話が。その記事だけ読むと、融通の利かない函館市対おおらかな商人みたいな図式になっていて不快でした。
こういう像はバブル時代には沢山作られたみたいですね。パチンコ屋にラブホに似合っていたものが、西部地区には似合うはずありません。
というか、「二十間坂からカソリック教会を臨む」は私の定番撮影スポットなので、はやくどけてほしいです。
Commented by midy at 2010-07-31 15:47 x
自由の女神像を見かけたのは、街道沿いの「パチンコ屋」、畑の真ん中にぽつんと建っている「ラブホ」、さすがに町中では見かけないし、バブリーな時代とは言え、観光地のど真ん中にあるというのは前代未聞。
uribonさんが書いてる記事は私も読みましたが、フリースペース→自由→自由の女神という連想自体が不自然で、○○にも三分の理とは言え、ひどい論法ですよね。
その辺がjhmさんのいうところの「センス」ということになるんでしょう。
しかし、北村水産社長、反省してないようだから、またどこかで彼独自のセンスを活かしてなんかやりそうですね。
Commented by jhm-in-hakodate at 2010-08-01 00:20
uribon 様、お久し振りです。
マスコミは本当に無責任に報道していますね。見世物としては社長を中心に報道した方が面白いのでしょうが、その先鞭を切ったのがやはり北海道新聞なのでしょうね。
私も「景観」という意味での二十間坂をもう撮る気がしません。
Commented by jhm-in-hakodate at 2010-08-01 00:22
midy様、その危惧は真実味があります。
だからはっきりとした「声」を届ける必要があると感じています。