こどものくに/Harvest

a0158797_246823.jpg
函館公園・こどものくに、日本最古の現役観覧車。



Dream up, dream up, let me fill your cup.
With the promise of a man

a0158797_2505712.jpg

子供は、次の世の中の主役です。
子供の将来と夢を、放射能で穢したくないですね。


いつもお読みいただきありがとうございます。クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
by jhm-in-hakodate | 2011-04-08 02:54 | 函館の街並・建物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/12387029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3D Harmony at 2011-04-08 06:12 x
>子供の将来と夢を、放射能で穢したくないですね。
 本当に心からそう思います!

原発から出た高濃度の放射性廃棄物は、たとえ地中に埋めてもその後50年~300年の管理が必要となります。
しかも、原発が存続する限り、次々と排出されるのですから、それは終わりのない50年~300年なのです。大きな地殻変動で廃棄物(固化体にしてある)が壊れたり、出てきたら、福島どころじゃありません。

使用済み核燃料の放射線レベルが、使用前の核燃料のレベルに戻るには、100万年かかるとされています。100万年ですよ。それが凝縮され、固化体として地中に埋められるんです。

今の時代の人間の一時の「うまみ」のために、将来の子供達にこんなゾンビみたいな化け物を遺すなんて、あまりに惨すぎます。
Commented by jhm-in-hakodate at 2011-04-09 00:44
3D Harmony 様、最も恐ろしいのが青森県の六ヶ所村ですよね。本当に真剣に考えなくてはなりません。
函館に近いというだけではなく、日本全国に影響を及ぼす核廃棄物や建設中の大間原発。その恐ろしさを本ブログでも取り上げます。