さくらと祭

a0158797_00465.jpg
幸坂の桜。あれっ、どこかで見たことがあると思った方、よく見るとちょっと違います。この写真は初公開です。(違いを見つけたからといって、何の意味もないが)

私は恐らく一般の方々よりも桜を好んでいないと思う。昔は桜を見ても何とも思わなかった。普通に咲く花と同様に、季節になれば咲く花のひとつだった。
特に、集団で咲いている桜を見ると、何のありがたみも感じなかった。これはひとつのショーにしか過ぎない。そう感じていた。だから、今でも五稜郭公園や函館公園や桜ヶ丘通りの桜を撮影していない。
a0158797_0165435.jpg
旧函館市立病院跡地の桜。

好きな花は何か、と訊かれたら、野花と答えるだろう。山や野原を歩いて、ふと見つけた花の方が、人為的に花壇に植えられた花よりも数倍も綺麗だと思っていた。それと同じ理屈で、公園にあるような桜には魅力を感じなかった。
a0158797_0245814.jpg
亀田川沿いの桜。高盛町にて昨年5月撮影。

だが、最近はそれほど気にならなくなってきた。なぜなら、人間には祭が必要だからだ。普段質素に生活をしている者にとって、祭は重要な熱狂的な息抜きになるからだ。その時は大いに騒いでもあまり咎められない。
だから、非日常的に一斉に多数咲く桜の折り重なる風景は、春の祭なのだと理解するようになった。
a0158797_032244.jpg
見晴公園の桜。昨年5月撮影。

しかし、私は毎日が祭であってもいいのではないかと思っている人間であるため、これら写真のように、ポツンと控えめに咲いている桜の方が美しく見えてくる。
だが、毎日が祭であれば、散財が絶えない。だから、何かあったと時、つまり祭の時はまとまって金を使うだけの余力がなくなってしまうのだ。

そう考えると、やっぱり公園の桜の方がいいのだろう。自滅型の記事となってしまった。



いつもお読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
by jhm-in-hakodate | 2011-05-23 00:39 | その他雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/12633039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gokuriapple at 2011-05-23 23:08 x
jhmさんらしい論理展開でクスっと笑ってしまいました。(失礼)
わざわざ函館まで桜の写真を撮りに行ったバカとしては、冬の寒さから解放されて春を実感する花です。
竹内まりやの「人生の扉」ではありませんが、あと何回桜を見られるだろうと思う年になりました。
「大好きな函館」の桜を見られるチャンスはもうないかもしれない。そう思うとも行かずにはいられませんでした。
おかげで今までに見たことのない函館を見ることができました。
函館の桜はどこへ行っても背を低く剪定されているようですね。(関東と比べると)
それだけ花を近くで見ることができました。

ちなみに私はそろそろ咲き始めるツユクサが好きです。
道端の緑の中にポツポツと見えるさわやかなブルーの小さな花です。
Commented by jhm-in-hakodate at 2011-05-24 12:59
gokuriapple様、そうですね。よく若いうちは好きなことを、って言いますが、壮年期の人こそちょっと我儘にやりたいことをやるべきだと思っています。
若い人には持っていない図々しさがありますから(笑)、違った意味でできることの範囲が広がっていますよね。