ヤコボと私

a0158797_2220482.jpg

ヤコボ酒井武雄という人を知っているだろうか?ヤコボはクリスチャンネームである。
中央図書館のデジタル資料館「はこだて人物誌」でも紹介されている音楽家であり、音楽教師であり、多くの校歌を手掛けた作曲家でもあった酒井氏と私はちょっとした縁がある。

まず、はこだて人物誌に記載されている、酒井氏の略歴を紹介しよう。明治39年当時道庁勤務であった父栄次郎氏の子として、札幌で生まれる。だが、武雄氏が8歳の時に父は道庁を退職し、渡島当別のトラピスト修道院のバター工場に勤めることになった。
これがきっかけで、武雄氏は修道院内にいた修道士から、オルガンや作曲などを教わった。その後、函館師範学校を卒業した武雄氏は、現在の亀田小、白百合高校、函館高校、函館中部高校で音楽教師として勤務する。退職後も音楽教室を開き、後進の指導に当たるなど、人生のほとんどで音楽に関与した人物である。
そして、生涯において函館市内の学校の校歌を数え切れないほど作ったのだった。

酒井武雄氏が作曲した校歌の学校の一部を紹介しよう。中には統合によって廃校となった学校もあるが、ある程度の年齢の方にはお馴染の学校ばかりだ。

【小学校】駒場小、日吉が丘小、大森小、湯川小、上歌小(歌志内)

【中学校】光成中、松川中、潮見中、五稜中、深堀中、愛宕中、新川中、銭亀沢中、福島中、上磯中、石別中(渡島当別)、八束中(今金)

【高校】中部高

私はこの中の2校で酒井氏の作曲した校歌を歌った。まぁ、これは地域的に似たような環境にいれば、誰でもありえる酒井氏との縁だが、それ以外にもちょっとした縁があった。

酒井家が父の職業の関係で、札幌より当別の修道院に勤務していた時の家があった。その家の場所は、函館から向かって当別の修道院に続く坂道に入るために右折する踏切の手前、木古内よりのすぐ隣であった。ここに酒井家は住んでいた。
この場所は修道院の所有地である。酒井家が居住していたのは自然である。その後、酒井家はこの家を離れた。その後に、修道院は一般の者に家を売り(であったと思う)、購入者はしばし住んでいたが、金銭的な関係で手放すことになり、私の祖父がその家を購入したのだった。ただし、土地は借地であった。

そこは父の本籍地であった。私も父が本籍を函館に移すまでは、そこが本籍地となっていた。私にはあまり記憶がないが、確か平屋であったと思う。そして両親の話によると、その家は確かに一般的な日本人の家とは異なっていたという。
その家で撮影された私が1歳の時の写真があるが、背景が不鮮明であるため室内の様子はよくわからない。だが、洋館のようなものではなく、畳の部屋がいくつもあったことはそれなりに覚えている。

私はキリスト教徒ではないが、なぜかキリスト教と縁がある。小中高と同じ学校だった同窓生一家もキリスト教徒で、母親が音楽教師であったし、他の同級生の家としてヨハネ教会に遊びに行ったこともある。
まぁ、西部地区に住んでいればこのようなことを体験する可能性は高いが、さすがに酒井武雄氏の家となると、偶然でもできすぎていると言うしかない。長く生きていると、若い時に知らなかった歴史というものを知る機会が増えるものだ。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 
by jhm-in-hakodate | 2011-07-11 23:34 | 函館の歴史 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/13063543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by R.Y at 2011-07-11 23:44 x
人の縁とは、不思議なもので…。
だから、人生、面白い。
そう、思いました。
Commented by jhm-in-hakodate at 2011-07-12 23:06
R.Y様、何かが知らないうちに繋がっていたと知った時、自分を省みてしまいます。
人は大きな流れの中でしか生きていけないのだと。
Commented by 新潟在住KS at 2011-08-16 17:00 x
私は函館中部高校昭和36年卒で酒井先生に音楽を習い、現在は新潟在住。偶然にもこのブログで酒井先生のことを知りました。
中学校は光成中学校だったのでその校歌は酒井先生の作曲だったことを初めて知りました(今はその校歌も忘れてしまったけど)。
この7月31日函中同期会が函館山山頂レストランで行われ、出席して帰ってきたばかり。
あまりにも函館のことが懐かしくなり一言書きました。
Commented by jhm-in-hakodate at 2011-08-17 00:41
新潟在住KS様、昭和36年卒ですか。そして、直に教わったのですね。素晴しい経験ですね。
私は昭和52年卒です。大先輩でいらっしゃるのですね。
Commented by t.sakai at 2011-11-15 22:29 x
はじめまして
酒井武雄で検索してみたところ、このページに遭遇しました
私が小学生の時に、自分の名前の由来を親に教えてもらうという課題が先生から出され、その晩父に訊ねたところ、武雄おじさんという方の武をもらった(父が勝手にもらっただけです)と教わりました。私の曾祖父は武雄おじさんの兄の秀雄なので私には音楽の才能がありませんが、偶然にも自分のルーツの一部を知る事ができ非常に興味深く読ませて頂きました。さっそく父にも教えてあげようと思います。




Commented by jhm-in-hakodate at 2011-11-15 23:23
t.sakai様、初めまして。実は後日談がありまして、母と妹との会話の中で、妹が小学生の頃習ったピアノの先生が酒井武雄氏の息子さんで、文中にあったキリスト教徒の同級生一家は、武雄氏の娘さんの一家だったということがわかりました。
私もこの縁に、本当にビックリしてしまいました。 t.sakai 様のご親戚と何らかの関わり合いがあったということです。