やっぱり、函館写真

a0158797_22145124.jpg
ベイエリア。スターバックスのオープンカフェ。

このブログで、今日まで行われていた「道南やるべや市」に出品したことを何度か報告したが、昨日蓋を開けてみると、惨憺たる販売状況であった。そこで販売スタッフの陣中見舞と現地の様子の確認のために、昼休みを利用してやるべや市に行ってみた。

会場に着いた瞬間に、これはポストカードが売れる状況ではないなとすぐわかった。会場はお祭であった。もし自分が何も目的がなく、ただ遊びに行ったとしたら、まず食い飲みが中心になって、写真なぞ買おうとは思わないだろうな。それがよくわかった。
販売ブースには、ビットアンドインクのH氏がおり、「ひょっとしたら1セットも売れないかもしれないと思っていた」と話したが、その言葉も納得してしまう会場の様子であった。

そんな中、購入していただいた方には大変感謝したい。本当にありがとうございました。
もちろん、会場の雰囲気のせいにだけもできない。5枚セットで良かったのか、バラ売りの方が良かったのでは。それ以前に、コンセプトは良かったのか。普通の風景写真の方が良かったのではないか。いや、もっとそれ以前に写真自体どうだったのか。魅力があったのだろうか。

色々なことを考えてしまった。それはわからないが、これでめげるわけにはいかない。もっといい写真を撮りたいと思うようになった。
そして、かねてより独り言のように話しているブログ「函館写真」の開始とともに、過去に撮った写真の中から選んでポストカードにして、あるところに常設してもらい、販売してもらいたいと考えている。先日そのお店と簡単な打ち合わせをして、順調に行けば来月あたりから販売していただこうと勝手に思っている。これはバラ売りだ。

こう思ったのには理由がある。先日朝にたまたま見たニュースで、函館市の観光客数が、前年同月比で40%もダウンしているということを知ったからだ。北海道の観光地の中で最低の数字だそうだ。
恐らく外国人観光客が激減したことが最も大きい理由であるだろうが、もっと国内旅行で函館に来られる方がいれば、こんなに酷い数字にはなっていなかったはずだ。

函館の魅力をもっと発信したい。もちろん私の写真ごときで人がたくさん函館に来るなんぞ夢にも思っていない。一人でも来ていただければ御の字だ。それでも何もしないよりはずっとましだ。何もせずに諦めたり、観光はやっぱり駄目だと吐き捨てるよりは全然ましだと思っている。
幸いに、この前、たまたま元町公園近くに行った時、公園から船見町・弥生町方面へ足を延ばす人が複数いたのを目撃した。そうだ、旅行は「観光旅行」から「旅」に質が変わっているのだ。「旅」の最大の楽しみは、その街の素敵な素顔であるはずだ。その素顔を撮ることなら自分にもできるかもしれない。

まぁ、いつものように、そんな単純な発想で、ポストカードを販売し、それを購入いただいた方が、市外の誰かに送って、旅をしたいと思ってくれる人が現れたら幸いと思っている。
発売の時が来たら、またお知らせいたします。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
 
by jhm-in-hakodate | 2011-07-17 23:13 | その他雑感 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/13095212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-07-18 01:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gokuriapple at 2011-07-18 21:33 x
天候も悪かったしちょっと残念でしたね。
でも、いろいろ思考錯誤してみるのが良いのでは。
私は観光客ですが、まちセンで拝見してとても欲しくなりました。
市販の絵ハガキにはない、ストーリーのある函館が写っているからです。
旅行案内所や東京にできる函館のアンテナショップなどに置いたら売れると思います。
Commented by jhm-in-hakodate at 2011-07-19 12:14
鍵コメント様、仰るとおりですね。
私が写真という形で発信したいのは、観光客がベイエリアや元町だけを観て、それで終わっている、つまり、函館はそれだけだと思われているからです。
今年はそのひとつの元町ですら、あまり人は歩いていません。
イベントは、小さなものをたくさん行うよりも、大きなものに集約して函館中がイベント会場になるようなものが理想的なのですが。その素材はいっぱいあります。そして、函館は観光する街ではなく、旅する街に変わっていくべきではないかと思っています。
Commented by jhm-in-hakodate at 2011-07-19 12:22
gokuriapple様、ありがとうございます。
色々と地道にやってみます(笑)