みなさまにお知らせとお願い

a0158797_2231577.jpg
中央埠頭から見た西部地区と函館山。ピントが甘いですね。こういう写真は、手持ちではなく三脚でバルブがやっぱりいいのか?

よくご覧になっている方はご存知かもしれませんが、ここしばらくいただいたコメントにお返事を書いていませんでした。言い訳になってしまいますが、以前ほどの「夜遅くまで書き続ける体力」がここ何ヶ月か著しく衰えたのが原因です。
コメント返しであれば、文字数もたくさんいらず、簡単に書けるのでは?と、思う方もいらっしゃるでしょうが、実際はそうでもないのです。

私の記事に対して、賛同するか批判するかは別として、いずれも真摯にコメントを書いてくださっているものに対して、結果的に短い文章でもいい加減にはできないと、これでもけっこう時間をかけて言葉を選んでコメント返しをしておりました(笑)時には、ブログ執筆時間と同じくらい時間をかけてお返事を出したことがあります。
ですが、前述のような理由で、最近はブログ記事を書くことで精一杯となっていました。それならいっそのこと休止すればいいのでは、と思う方もいらっしゃるでしょう。それも考えましたが、今の自分の活動の核となっているのはこのブログであるという思い(思い込み?)がありますので、しんどい時は写真だけでもアップさせよう、それも自分の表現のひとつだと毎日更新を続けてまいりました。

今後、いただいたコメントに対して、即座にお答えできないことも多くあるかもしれません。現在もお答えしないまましているものが多くあります。ですが、自分の意見だけを述べ、あとは知らないよという投げやりなことはするつもりはありません。個々への返答は減るかもしれませんが、ブログ記事で総括してお返事するということも考えています。
また、しばらくお返事を出さない間に、コメント欄で異なる意見の議論というほどでもないですが、それに似たような意見表明がされていたことがありました。これは、私が最も望んでいる形態であります。コメント欄で、読者の方々の忌憚ない意見の交わし合いが行われることは、素晴しいことであります。ツイッターやFacebookのように一部の限られた人たちが、バラバラに話し合うのではなく、私のブログが媒体となってひとつの課題で議論をしていただければ、この上ない喜びであります。私もそれらに加わり、議論参加者として本文で自分の意見を述べさせていただきたいと思いますし、まぁ、それくらいはブログ開設者の特権としてご容赦いただきたいと思います。

ブログのいいところは、SNS系のような同じ時間帯を共有して議論する必要がないところであります。文章をじっくり読み、冷静に考え意見を述べることができる時間的空間を有しています。それこそが「理性的な」討議をできる環境でもあると思っています。

本日から、下に赤い文字で、上述の内容を毎回記させていただきます。どうしても私以外に答える人間はいないだろう、という内容のコメントはお答えするようにしますが、その他のものはしばらくゆっくり拝見させていただきたいと思います。どうかご理解の程、よろしくお願いいたします。
まぁ、意外とそのうち元気になって、頼んでもいないのに口を挟んでしまうかもしれませんが・・・・。


いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

函館愛ポストカード、ハコダテ150ショップで販売中 ⇒ こちら
函館写真、弥生町のみかづき工房で販売中 ⇒ こちら

*下のコメント欄を使って、皆様のご意見・考えを自由に述べていただきたくお願い申し上げます。読者様同士での議論も大歓迎です  
by jhm-in-hakodate | 2011-12-12 22:48 | その他雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/14160686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hidemaro2005 at 2011-12-13 19:56
長い文章には長い返答が必要になるでしょう。真摯なコメントには真摯な返答が必要になるでしょう。いい加減なコメントにはそれなりの制裁があるでしょう。

それでいいのではないでしょうか

ブログとは、議論の場ではないとあたし自身は思ってますがね・・・。
たった一言の

「コメントありがとう」で、人は報われるだと思いますよ。



それでいいのではないのですか。
Commented by jhm-in-hakodate at 2011-12-18 13:11
hidemaro様、ブログの可能性を伸ばしていければいいとも考えております。SNSでは実質的に不可能な事柄だと思っております。

コメントの件、やっぱり件結果的にしばらく放置しているような形になると心が傷みますね。