変な夢

a0158797_2325254.jpg

多くの夢は、見たその日は覚えているが、時間が経つと次第に忘れてしまうものだ。
ほとんどの人はそうであろう。だが、いくつかの夢はいつまでたっても覚えていることがある。どのような夢かと言えば、内容が強烈で、かつ繰り返し見てしまった夢だ。

私には、そんな夢がいくつかある。

一つ目は、最も奇怪な夢だ。
場面は、上の写真にある常盤坂下、ちょうど電車通りを挟んだシーンで、夢に出てきたのは写真と反対側、つまり、電車通り(止まれの標識がある道路)の向こう側から写真手前側を見た場面で、電車通りのすぐ手前に、私の母親と私と妹の3人が歩いている(正確には、ストップモーションのシーンであるため、実際に歩いているのかどうかはわからない)。母はステンカラーのコートを着ており、向かって左に私、右に妹が母とてをつないでいる。
私はたぶん4歳か5歳くらいだ。母もまだ若い。

そのシーンは額に収められており、その額には、日本においてイメージされている妖怪が隙間なくへばりついている。妖怪は全身がのっぺらぼうのようで少し粘り気のありそうな体をしている。決してゲゲゲの鬼太郎や妖怪人間ベムのようなものではない。江戸時代の絵に出てくるような気持ちの悪いものだ。
その妖怪たちが、気味の悪い舌や指を伸ばし、額の中に入りだがっている。額の中の私は怖くてハラハラしている。このままでは妖怪に襲われる。でも私は止まっており、どこにも逃げられない。
「もうだめだ」緊張感と恐怖心が頂点に達した時に目が覚める。

この夢は、20歳前後に嫌というほど見た。その頃、こんな夢もたびたび見た。

私と白人男性が向かい合っている。だが、これもまた、向かい合っている姿を横から第三者的に見るような角度で夢には登場する。向かって左が白人男性で、右が私だ。初めは若干白人男性の身長が私より高い程度でだったのが、少しすると、急に私の体が縮み、相対的に男性が巨大化して見える。私は男性の膝まで達しないほどの身長になる。すると男性はゆっくりと私の方に歩み始める。
簡単に男性の片足で踏みつぶされそうな私の体の大きさだ。「まずい」そう思っても、これもまた、私は動けず、ただ恐怖心だけが私を襲い、パニックになった時、目が覚める。

a0158797_081023.jpg

今までのは、何度も見た夢だ。だが、たった一度だけ見ただけでも忘れられない夢もある。
時期は同じ20歳前後だったと思う。

私はなぜか鳥になり空を飛んでいる。この時は、夢の中ではリアルに鳥であった。私の視界の下には木々が生い茂り、平地には動物たちがのんびりと寝そべっていた。とても気持ち良かった。よく人は空を飛んでみたいと言うが、私はその時、空を飛ぶというのはこういうことかと実感した。

そんな爽快な気分を味わっている時、ふと下を見ると人間が見えた。それも弓を持ってこちらを狙っている。
「おいおい、俺を射止めるつもりか」私は焦った。「冗談じゃない」と思った瞬間、人間の手から矢が放たれ、見事に私に命中した。
「やられた!」私は体の自由がきかなくなり、羽ばたきは止まり、地面に向かって落下を続けた。どんどん地面が近づく中で、「あぁ、もう自分は死ぬんだ」と実感した。何となく意識が薄れて、目の前が白く煙ってきた。
もうすぐ地面だ。もう終わりだ。そう思った瞬間に目が覚めた。

もうひとつ。

私は戦士だった。ジャングルを這いずり回って泥で汚れた迷彩服を着て、私は林の中を慎重に歩いていた。すると、急に音もなく敵の戦士が10mくらい前に突然現れた。手には銃がある。ドキッとした。映画のようにすぐ自分の銃を手にすることができなかった。筋肉が収縮して銃を構えるのに時間がかかった。
それでも何とか構えて、照準を絞ろうとした時、敵の銃から弾丸は発射された。本当に一瞬だった。あっという間だった。弾丸は私の右太腿に命中した。

その衝撃は、まるでバカでかい丸太で思いっきり叩かれたようなものだった。右足は勝手に後ろに吹っ飛び、何かにぶつかった。痛い!リアルにそう感じたところで目が覚めると、私の右足は布団のすぐ傍にある壁にぶつかっていた。そして、心臓はバクバクと早く鼓動していた。


変な夢ばかり覚えていて、楽しい夢は覚えていません。あっ、ひとつだけあるのですが、それはここでは言えません(笑)言ったら、このオヤジ変だと疑われているのが、やっぱり正しく変だと確信されますから(笑)




いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ


*コメントを承認制に切り替えました。基本的にはどのような批判的なコメントも掲載させていただきますが、以下のコメントの場合は、掲載いたしませんので、どうかご了承ください。
①筆者以外の第三者を特定した誹謗・中傷のコメント。または、過度の表現を用いたコメント。
②投稿者名はハンドルネームでけっこうですが、一人でいくつかのハンドルネームを使用した場合。(ただし、いつもコメントをいただく方で、ご本人からハンドルネームを変更した旨を告知された方はその限りではありません)

by jhm-in-hakodate | 2013-02-06 00:42 | その他雑感 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/17271029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by るりるり at 2013-02-06 13:45 x
☆こんにちわ~
会社の課題に追われているので睡眠不足気味、夢の中でも仕事してます。

子供の頃、体調が悪かった時に、おんなじ夢みてました。
母は悪性腫瘍があった時は「ヤクザ」になぜか追われる夢を見てた様です。(今は切ってスッキリ)
大人になって「歯が抜ける夢」2回見ました。
別れを暗示していた様で、1回目失恋、2回目父が天国へ。(入院していたのでダメージは少なかったです。)夢、侮れないですょ~。

ユングが分析してたりしますし、夢占い、分析を見るのは、いかがでしょうか?

スッキリするかも!(*^_^*)ではまた~!