カウンター内で見たバル模様

a0158797_22584775.jpg

今回は、宝来町にある「ル・コントワール」の当日の業務お手伝いという形でバルに参加した。このお店は、第1回のバルから参加しており、店外でのジャズ演奏が恒例となっている人気店のひとつだ。
本ブログをいつもご覧になっていただいている方は、時々店内の写真をご覧になっていることだろう。

a0158797_238936.jpg

実は、この店、この日で3日続けて通ったことになった。それも帰宅はいずれもかなり遅くなるまで。前々日は関東から来たアーティストと会い2時まで、前日は同じく関東から来た高校の同期生と会い1時まで飲んだ。睡眠時間はそれぞれ3時間半と4時間半と、最低6時間寝なければもたない体質の者にとってはタイトな(?)日々を送ってしまっていた。

そんな体調の中でどこまで体が持つか、正直心配だった。だが、そんなことを考える余裕もないほど忙しかった。

a0158797_23241929.jpg

私が店に着いた頃には、もう既に入店待ちの行列ができていた。お客さんをかき分けカウンターの中に入り身支度を整えると、ママから授かったお手伝いの担当は、いわゆるホール係であった。お客さんから注文を訊き飲み物と料理を運ぶという最も避けたかった仕事だ(笑)
このような役割は女性の方がお客さん受けもいいと思うのだが、なぜか私がやることになってしまった。

当初、仕事の合間にカウンター内から店内の模様を撮影しようと思っていたが、そんな時間は全くなかった。少し自分の手が空く時間もできたが、肝心な立ち位置、つまりカウンター内が他のお手伝いの方々でごった返してしいたため、そのような悠長な行為は最後までできなかった。

そのため、当初考えていたカウンター内から見える風景をおさめることができなかった。写真は全て営業時間の終了間際から後のものだ。

a0158797_23454773.jpg
店外で演奏をした小田桐氏。

さて、店内業務を手伝った感想。
私はわざわざ行列に並んで店に入るのが嫌いな人間なのだが、空きを待っている方々を見ると、自分たちの行きたい店を決めて楽しみにしているのだろうな、というのが伝わって来た。これが立場が逆転した時の気持ちの違いなのだろう。
立って待っている人を早く座らせてあげたい。しかし、せっかく座って楽しんでいるお客さんに早く帰ってほしいなどとはもちろん言えない。そして、お客さんの状況を摑み、適切に案内をしなければならないのが私の仕事だったため、つらい気持ちとなった。

だから、なるべく笑顔で接した。特別な会話はしなかったが、できるだけお客さんが笑顔になるような声のかけ方をしたつもりだ。

a0158797_055528.jpg

そのためかどうかはわからないが、しばらく待っていたにも拘らず、帰る時に「ありがとうございました」と言ってくれたお客さんがけっこういた。意外だった。

そう、きっとみんなこの日を楽しみにしていたのだろう。申し訳ないという気持ちが少しでも伝わったくれたら救いがある。もちろん私の対応に不満を持った方も中にはいるだろう。その方々にはこの場を借りて謝りたい。
だが言い訳になるが、慣れていない作業で余裕のない者にとって、全ての方々への目配りは正直困難だった。

また、当然のことかもしれないが、立場が変わると運営のことまで考えてしまった。例えば、待っているお客さんへの中で、スタンディングOKの方と座りたい方への見分けと対応をもっとうまくやれば、回転もより効率的になっただろうとか、店内のレイアウトを少し変えたらもう少しお客さんが入れただろうとか。
経営者でもないのに、カウンターの中に入るとそんなことを考えてしまう。これは客という立場ではあまり考えないことだ。

a0158797_0273968.jpg

そんなこんなのうちにお客さんがいつもの常連さんだけになると、我々も酒を口にした(一部その前から早酒をした者もいたが、笑)とてもハードな作業をこなした解放感と爽快感があった。不思議に眠くはなかった。

店外で演奏をした吉村兄弟がリクエストに応じて私たちのために再び演奏してくれた。

a0158797_0335218.jpg

a0158797_0342656.jpg

こんな「打ち上げ」的な雰囲気がまたいい。ママもやっとリラックスして、いつもの笑顔を見せた。

a0158797_0381824.jpg

こんなバルもまたいい。貴重な経験をした。

a0158797_042945.jpg




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

by jhm-in-hakodate | 2013-04-21 00:44 | 函館で出会ったもの | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/17653643
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 陽気妃 at 2013-04-21 08:33 x
お疲れ様でした!舞台裏がわかるとお客としての姿勢も変わってきますよね。  きっと貴方の誠意は皆さんに伝わっているはず。函館の好印象に貢献しましたね(^^)
最初の写真の女性の帯柄に感銘を受けました。こういう遊び心のある女性になりたいです。
いつもながら音楽の聴こえてくるような写真をありがとう。
お疲れの出ませんように・・。