空を見上げる男(カモメは西へ)

a0158797_19481.jpg

いつしか私は空を見上げるだけの男になっていた。
まっすぐ前を見ても、何も見えない。

だから空を見上げる。

a0158797_1113920.jpg

終着駅はもうすぐのはずだ。
だが、おびただしい霧の中でまわりが見えない。

だから空を見上げる。

a0158797_1134997.jpg

霧の隙間からわずかだけ空が見える。
目的地ではないはずなのに、空ばかり見ている。

でも今いる場所がわからない。

a0158797_1174638.jpg

隣に光の計算をしているカメラマンがいる。
私は無造作にレンズを向けシャッターを押す。

レンズは空を向いている。

a0158797_120244.jpg

意味を感じない日々の中で、自分にできることは、
ただ空を見上げることだ。

昨日より、明日より、今の空。

a0158797_123243.jpg

空を見ずにまっすぐ帰宅したらいいのに。
でも帰れない、帰れない、帰れない。

だから空を見上げる。

a0158797_1252841.jpg

街は暖かい光を放ち、夜に溶け込む。
夜は海に沈み、やがてすべてを呑み込むだろう。

だから空を見上げる。

a0158797_1291630.jpg

カモメは西の空に向かって飛んで行く。
まるで帰る場所を知っているかのように。

何もなくなった男はその場を立ち去る。

a0158797_1333495.jpg

街では祭りが。




いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

by jhm-in-hakodate | 2013-08-05 01:36 | その他雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/18280195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。