帰り途の夜の港

a0158797_23222072.jpg

私は時々、帰宅前に西埠頭立ち寄ることがある。特別な意味はない。ただ何となく立ち寄ってしまうだけだ。

a0158797_23231435.jpg

a0158797_23234427.jpg

港に車を停めて、写真を撮ることもあるが、じっと海を眺めていることもある。

疲れた。

a0158797_23253948.jpg

a0158797_23261871.jpg

言いたいことはいっぱいある。だが、それを海の中に沈める。沈黙を守ろう。
表面上の人の「顔」が虚しく見えることがしばしばある。その時、沈黙を守っている人を思い出す。

a0158797_23303868.jpg

a0158797_23312668.jpg

人は、光を美しいとは言うが、それを伝える空気を素晴らしいとは言わない。

a0158797_23343829.jpg

港からの帰りにコンビニに立ち寄った。若い男性がクリスマスプレゼントらしきものがいっぱい詰まった袋をぶら下げていた。
若いパパの家族へのプレゼントなのだろうか?それとも恋人とクリスマスを過ごすためのものだろうか?

どちらにしろ、帰り途に港でひとり佇む男よりはずっと健全であることには違いない。



いつもお読みいただきありがとうございます。日本ブログ村北海道風景写真ランキングに参加しました。
どうか二つのクリックお願いします。(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

by jhm-in-hakodate | 2013-12-21 23:39 | 函館の街並・建物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jhm1998.exblog.jp/tb/19199335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。